FC2ブログ

WATCH YOUR SIX !

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.007 ギャングスタグリップ試作初号機 改二


>>この前のお話

こんにちは。
FAT4ことCです。

梅雨ですね。
雨が降るとゲームは出来ないし、自転車にも乗れません。

家から出られずやる事がない、
ということには全くもってこれっぽっちもならないあたり、私の業は深いのです。

あれもしたい!これもしたい!
もっとしたい!もっともっとしたい!

昔の人は良いことを言いますね(笑

ブログを書くにしても、気分的なノリというのがありまして。
ノリの悪い時に書くと、どうしても規定演技をクリアしているだけの文章になってしまい、面白くありません。
書き手の自分が楽しくないと、読む方はもっと楽しくないはずなので、テンションはとても大切なのです。

設計図(構成)を考えながら撮影をしている時は楽しかったのに、実作業(書く段階)に入ったらどうにも気持ちが高まらない。
そういうことも、時にはあるのです。
はてさて、どうしたものかしら。
ウォーミングアップ的に長い前置きを書いたりして、頭と心の整理をしてみたりします。

・・・そうか。
これは、あれかな。
名残り惜しいのかもしれない。

M4Δは今回を含めてあと2回で完成終了します。
それがちょっと寂しいのかもしれません。
まぁ、内部を初号機と同じカスタムにしたり、フロントをナイツMREにした弍号機Δ用着せ替え計画の構想はありますが、とはいえそれはまた別のお話。
それらもまた、目的が達成されれば終わるのです。

メメント・モリ(羅: memento mori)
「いつか必ず死ぬことを忘れるな」

昔の人は良いことを言いますね(苦笑

このブログもいつかは終わります。
もちろんチームのブログですから、もし私が書けなくなってもメンバーが続けてくれるでしょう。
でも、それも永遠ではありません。

自分は、あと何回ゲームに行けるのでしょう。
自分は、あと何回ブログに記事を書けるのでしょう。
自分は、あと何回こうして夏を心待ちにするのでしょう。

やれやれ…

まぁそういうわけですから、雨が降った程度で「やることがない」なんて言えないのです。

あれもしたい!これもしたい!
もっとしたい!もっともっとしたい!

昔の人は、本当に良いことを言いますね(真面目



さて、

今回はギャングスタグリップが完成したお話です。

IMG_2989.jpg

レプリカのプレッシャースイッチが付きました。
これでボタンスイッチが存在意義を立証できます。

⚫︎G&P製 GP119 プレッシャースイッチ SUREFIRE

IMG_2975.jpg

独自の形状が残念ですが、実物surefire対応のレプリカスイッチはこれくらいしかないので仕方ありません。
むしろ、この形状が良い!
くらいの前向きな気持ちでいきましょう。
レトロな感じが6Pに似合う的なアレですよ、素敵ステキ。

IMG_2977.jpg

surefire6Pが旧型なせいか、スイッチカバーが干渉してスイッチ通電域までねじ込めませんでした。
写真のようにゴムパッキンを追加し、接触面を前に押し出すことで解決しました。

ゴムパッキンの材料にしたのはこれ。

IMG_2976.jpg

ロードバイク用のチューブです。
グリップにライトスイッチを固定するために使用したりもしています。
(以前にコチラに書いてます)

さっそくスイッチ部分を分解します。
安価なレプリカですから、それほど強くはありません。
デザインカッターで、えいやっとぶった切ります。

IMG_2981.jpg

ほえー、こんなふうになってんだ。
でも、いらんし。
斬り切り。

IMG_2979.jpg


グリップにボタンスイッチを組み込む時に使用した
コネクターを取り付けます。

IMG_2982.jpg

コネクターオス取り付け完了。

IMG_2983.jpg

グリップ内にケーブルを通して、コネクターメスとドッキング。
せっかくなので、以前作成したPEQ用のスイッチケーブルも通しました。

IMG_2984.jpg

テスト。
良好です。

IMG_2986.jpg

続いて6Pもテスト。
うむ。
良好です!

IMG_3006.jpg

IMG_2998.jpg

M4に装置しました。
配線もわりとスッキリです。
PEQ2型はダミーのバッテリーボックスなので、スイッチケーブルはなんとなくな処理でそこはかとなく馴染んでくれれば、分かんなくない?

IMG_3002.jpg

良し!
ギャングスタグリップ完成です!

いやいや、長かった。
やはり、これが一番の難関でした。
無事にできて良かった。

あとはゲームでもげないと良いなー
なー
なー・・・

はいっ!

そして次!

画像でネタバレしまくっている「レディマグ」です!

次回、いよいよM4Δ計画最終回!

つづく!

>>つづき

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.006 Aimpoint COMP M2 レプリカ


>>前回のお話


こんにちは。
FAT4ことCです。

梅雨前だというのに暑いですね。
ゲームに行かれる方々は熱中症にお気を付け下さい。
塩タブレットとなどオススメです。

私?
私は今月も難しそうですね。
7月にリベンジしたいのですが、はてさて、どうなることやら。

さて、今日の一品はドットサイトです。
ダットサイトと記載されていたりもしますが、あれはどっちが正しいのですかね。
英語発音をどう聞き取るか、という話なのでしょうが。
できれば統一して欲しいなぁ。
ここでは”ドットサイト”と表記させて頂きます。

IMG_2712.jpg

●Aimpoint COMP M2 レプリカ(ノーブランド)
定番中の定番ドットサイトですね。
エアガン市場さんで購入しました。

ナイツタイプのローマウントが付いているのは、そもそもM14用のサイトと考えていたからです。
(M14のサイトで悩んだ記事はコチラ
結局M14はノーベルアームズTAC-ONEを共有する方向で落ち着きましたが、やっぱりCOMP M2も持っておきたいという思いが強くてGETです。
M4にも似合いますしね。
コーディネイト的に押さえておきたい定番アイテムという感覚です。
例えるなら、コンバースのオールスターみたいな感じ。持って無いけど。

delta002blogsize002_20150520001457712.jpg

それでいつもの写真。
このマウントがナイツのローマウントではないかと思ったのですね。
バカですねぇ。
ほんとバカ。

IMG_2752.jpg

とても低い(当たり前)
全然前が見えない(当たり前)

なぜじゃー、としばらく悩みました。

blog_unnamed0056.jpg

この写真を見て・・・

IMG_2719.jpg

●LaRue M68レプリカ で妥協しようかな、と思ったり・・・

IMG_2706.jpg

IMG_2707.jpg

マルイ純正キャリングハンドルに、ノーベルアームズのマウントを付けて・・・

IMG_2724.jpg

クラシックスタイルもアリかな、と脱線してみたりしました。

しかし、しかし、
謎はついに解けた!!


IMG_2891.jpg

ぎゃー!!
写真がぶれてる!!
(本当、そろそろ撮影用の照明をちゃんと考えよう)

●Aimpointo QRP & QRP用スペーサー
のレプリカになる ●G&P L型マウント(GP115A)

つまりはAimpointの純正マウントだった、というオチですね。

IMG_2922.jpg

delta002blogsize002_20150520001457712.jpg

どうでしょう?
たぶんあってる。
きっとそう。

IMG_2918.jpg

高さもなんとかギリギリでいけます。
視界の下1/3くらいがPEQ2型に重なってしまいますが、ドットはしっかり標的に合います。
うむ。よし。

IMG_2919.jpg

う・・・うぅむ。おおかた良し。

IMG_2917.jpg

さてさて、
やっと全貌を公開できるところまでたどり着きました。
とりあえず、現状でもゲームに導入は可能です。
長かったなぁ。

ただ、あと一つ。
足りていないアイテムがあるのですよ。

そう、レディマグがね。

最近ではほとんど目にしない一品です。
ちゃんとレプリカを入手できるんかな。
ちょっと気合いを入れて探しますか。

加工しないと次世代M4には付かないとの情報もあります。
まだまだ、気は抜けないですね。

最後のM4Δ記事は少し先になってしまうかも・・・

ではでは、またね。

>>つづく → つづき

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.005 ギャングスタグリップ試作初号機 改


>>前回のお話

こんにちは。
FAT4ことCです。

最近ゲームに行っていません。
空いた時間で装備をいじっているせいで、日の目をみていないアイテムが増えていく一方です。

先生、サバゲがしたいです・・・



さて、今回はもげてしまったギャングスタグリップを修復するお話です。
それではさっそく、買ってきたもの。

IMG_2900.jpg

●超低頭ネジ
頭が出っ張らないネジです。
これでも出っ張りますけどね。
ハンズで買ってきました。

IMG_2899.jpg

●ずぱっとドリル
ひどいネーミングセンス。
でも、こういう伝われば良いって開き直りは好きです。
名の通り、ステンレスでもずぱっと穴を開けてくれます。
ネジ径に合わせた2.5mmと、ネジ頭に合わせた6mmを購入。
こちらもハンズで入手。それなりのお値段がします。

IMG_2902.jpg

まず、センターに2.5mmの穴を開けました。
固定には、やはりハンズで購入したクランプを使用しています。
本当は万力が良いのですが、そもそもの万力を固定する台がないのでクランプで代用しています。
あれですよ。服を買いに行く服が無い、的な理由です。

IMG_2906.jpg

つづいて、ネジの頭部分を納める凹みを6mmドリルで作ります。
これがまた、ずれたり、穴を開けすぎないように気をつけたりで、大変でした。
ほどほどで妥協しました。
こんなもんでしょう。

IMG_2904.jpg

6Pを装着してみたら、ちゃんと付いたので良しとします。

IMG_2907.jpg

いろいろとはしょりますが、
ナットとアルミホイルと瞬間接着剤でグリップ側にネジ止めする金具をつくりました。

①アルミホイルを何度も折りたたんで幅1cm、厚さ1mmくらいのアルミ板を作成
②アルミ板でナット2個をくるんで金具を作成
③ドリルで金具にネジ穴を作成
④大きめのワッシャーをかませてグリップ側にネジ固定できるかテスト
⑤ライトマウント側にネジ固定できるかテスト
⑥固定確認後に微調整をして瞬間接着剤で金具内部にナットを接着固定
⑦再度グリップ側に金具を固定
→イマココ

ここからが悩みポイントで、次回への反省ポイント。

グリップとライトマウントの固定に何を使用するか。

A:JBウオルトで強力接着
 (接着力は強いが、固定はネジと金具に頼ることになる)

B:馬パテ(金属用)で固定面を補強しつつ接着
 (ネジと金具の固定をさらに補強するので基部は頑丈になるが、接着力が弱い)

悩んだ末に今回はAを採用しました。

が・・・
よくよく考えたら、B方式で基部を作成した後に乾燥を待って、その後A方式で接着すれば良かった。

とはいえ、あとの祭りです。

IMG_2908.jpg

JBウオルトの二剤をまぜまぜして・・・

IMG_2909.jpg

パテの代わりに、これでもかってくらい敷き詰めました。

IMG_2910.jpg

ネジ止め接着!!
24時間の乾燥待ち!!

IMG_2913.jpg

できました!
うむうむ、やはりカッコイイですね!

※スイッチ配線はグリップ内に収納しています

delta002blogsize002_20150520001457712.jpg

近づいてきましたね。

blog_unnamed0056.jpg

こんな写真も・・・
なんだHK416か・・・


さて、肝心な強度の方ですが・・・

今ひとつです。
なんがグラグラします。
もげてしまった初回版の方がガッチリ固定できていた印象です。
やはり、基礎がネジ1本での固定ですから、回転や前後の揺さぶり等の動きには弱いようです。
とはいえ、JBウオルトが強力に接着しているので、もげません。
もげそうなんだけど・・・もげません。
とっても微妙です。

ゲーム1日くらいでもげるかもしれないし、案外このままずっと大丈夫かもしれない・・・
うーん、微妙だー

でも、もげた時のアプローチ方法は見えているわけですしね。
うん、まぁ、一応は完成です。

IMG_2912.jpg

難関突破!
ギャングスタグリップでした。

残るは2アイテム。
加工が必要らしいアイテムもあるようですが、今回ほどの苦労はないでしょう。

ではでは、またそのうちに。

>>つづき

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.004 ギャングスタグリップ試作初号機


>>前回のお話


こんにちは。
FAT4ことCです。

ついに着手しました。
ギャングスタグリップです。

もったいぶっても仕方ないので、最初からクライマックスに出落ち報告します。
失敗しました。

ただ、ゼロベースでやり直しという事態ではありません。
おそらく、初号機改、もしくは改二くらいで完成するでしょう。
むしろ改二で完成しなかったときは、それこそゼロベースで試作弐号機の制作に入らねばならず、まさに泥沼・・・
絶対に避けたい。
よし、頑張ろう。

スイッチ配線系は成功していますので、そこはしっかりとご報告いたしましょう。

IMG_2823.jpg

●ギャングスタグリップの材料

・G&P ストームグリップ WP35
・G&G 1インチライトマウント (SUREFIRE M10レプリカ)
・SUREFIRE 6P ※本当は660が欲しい
・スイッチ(メーカー不明) 秋葉原ラジオセンター島山無線商会にて購入
 ※ONとOFF式と押している間だけ通電式の2種類を購入し、押している間だけを採用しました。
・BECコネクターセットx2
・リモートスイッチ(FMAとかエレメントとか)
・(未入手)G&P シュアファイヤー用プレッシャースイッチ GP-119

※イモネジは使いませんでした。

これらを揃えるのにも、そこそこ苦労しました。
在庫が少ない品や、ヤフオクに頼るしかない品がありますし、
スイッチについてはグリップを握りしめてお店に行って選んできました。

参考にした写真はいつものこれ。

delta002blogsize002_20150520001457712.jpg

詳細はWARRIORSさんのギャングスタグリップキットを真似ています。

って、今見たら再入荷してるんですけれども・・・
うそーん。
全然入荷しないから自作に踏み切ったのに・・・
みなさん、素直に買いましょう。
いやほんとマジで・・・材料費でアップグレードキットくらいの費用はかかります。
安心を買いましょう。
マジかぁ・・・

IMG_2827.jpg

まずはストームグリップを切ります。

IMG_2828.jpg

線を引きました。

IMG_2829.jpg

ピラニアのこぎりで切りました。

IMG_2831.jpg

切れた。
少し曲がったのは愛嬌です。不器用だし。

IMG_2832.jpg

M4に合わせて確認します。
良い角度ですね。

IMG_2846_2015052000263549d.jpg

ドリルやリューターを使って配線用の穴を拡大します。

IMG_2834.jpg

こんな感じでドリルでざっくり穴を開けます。

IMG_2836.jpg

つなげました。
後で気づきましたが、この配線穴は大きすぎます。
半分くらいのサイズで良かった。
おかげで、改装する際のネジ止めに苦労する羽目になりそうです。

IMG_2844.jpg

同じような作業でスイッチ用の穴を開けました。
実は大変な作業です。
地味で疲れます。
穴が多きなりすぎないように、後半は少しずつ削りながらピッタリサイズに調整します。

IMG_2845.jpg

仮設置。
この絵面だけでワクワクしますね。
このスイッチは良い!

IMG_2838.jpg

リモートスイッチを加工します。

IMG_2841.jpg

分解して、スイッチからコードを切り離します。
ハンダごてを使ってハンダを剥離させています。

IMG_2847_20150520003259f20.jpg

コード類が揃いました。

IMG_2848.jpg

スイッチの位置に合わせてコードの長さを決めます。
・・・切断。

IMG_2850.jpg

ハンダでもろもろを繋いでテスト。
ちゃんと動きますね。

IMG_2855.jpg

一通りのハンダ付け完了。
未入手のプレッシャースイッチも同じ方法で配線できるはずです。

IMG_2853_20150520003825424.jpg

仮組み。
こんな感じで、底の蓋を開けてリモートスイッチの切り離しができるようにしています。
使わないと時はコードを抜いてしまう、それだけの構造です。

写真を撮り忘れていました、JB ウエルドでスイッチを接着します。

IMG_2856_2015052000584283f.jpg

マスキングテープで固定して、乾くのを待ちます。

IMG_2858.jpg

IMG_2860.jpg

接着を待つ間に、マウントリングと6Pの設置位置を出します。

IMG_2861.jpg

このようにM4に付けてセンターをマーキング。

そして、ここからが失敗ポイント。

IMG_2864.jpg

馬パテ(金属用)とJBウオルトでマウントリングを接着。

これが失敗でした。
設置面の強度が足りず、グリップがもげてしまいました。
ネジ止めの改造が必要です。

IMG_2863.jpg

こんな感じで乾燥させ

IMG_2865.jpg

24時間待って固定完了。

IMG_2869.jpg

ガンダムマーカーを使って、白いパテ部分を塗装。

IMG_2870.jpg

できた!
できたー!!


IMG_2881.jpg

カッコイイ!

IMG_2884.jpg

チョーカッコイイ!!

と盛り上がっていたら・・・

IMG_2898.jpg


もげた。


もげたよ。

>>つづき

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.003.5


IMG_2820.jpg

>>前回のお話

2015年5月17日20:07
浦和技術研究所所長室

「・・・ふぅ。やっと揃ってきましたね、博士」
「・・・・・・・・はぁ」
「ちょっと!なんで溜息つくんですか!テンション上げて下さいよ!ほらほら、ここまで来れば完成形が見えるでしょう!私には見えますよ!ギャングスタグリップが!!」
「ああ・・・時が見える・・・」
「えぇっ!?・・・えっと、博士?大丈夫ですか?」
「大丈夫じゃないよ。もう・・・これ組むの凄い大変なんだぞ。配線処理だけじゃ無く、パテ成形やネジ穴加工とか、未知の領域に踏み込まねばならないし、長時間の大工事だよ。」
「いやでも、そんなの解ってたことじゃないですか。だいたいその程度の加工で弱音を吐かないで下さいよ。博士なんだから」
「うーん。それはまぁ、そうなんだけども・・・組むのはできても、接着面の強度がどれほどになるかの予測がつかなくてなぁ。できる限りにことはするが、失敗したときは試行錯誤の長丁場になるぞ」
「いいじゃないですか。失敗上等ですよ。どうせ自作なんですから。ダメならまたやり直せばいいんです」
「なんでキミ、そんな気楽なの?」
「だって私、FAT4氏の心のお気楽担当ですもん」
「また、メタな発言を・・・じゃあ、キミが私を導いてくれ」
「なに言ってるんですか。気持ち悪い。さて、あとは配線関係と接着剤関係ですね。ちょちょいと調達しちゃいますよ」

IMG_2819.jpg


>>つづき



SEARCH
PROFILE

FAT FOUR

Author:FAT FOUR
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2020