WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > VSR-10 G-SPEC

Comment (0)  Trackback (0)

「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画」その5 ~物干し竿~



「FAT4さん。アウターバレルをG-SPECからプロスナイパー用に交換したよね?」
「そうだね。」
「レシーバーは共有パーツだから、ストック以外の外観はプロスナイパーになったんだよね?」
「・・・そうなるね。」
「もうひとつ質問いいかな。今付いている木製ストック。あれって何用だったっけ?」

「・・・・・・君のような勘のいいガキは嫌いだよ。」

あー!はいはい、そうですよ!!
結果として、プロスナイパーのフレームにG-SPEC用の木製ストックを付けちゃってるよ!
ストックの先端はテーパーバレルとの間に微妙な隙間ができちゃってるよ!
これでボルトハンドルまで交換したらG-SPEC要素は皆無だよ!!

選択肢がなかった分けではなく、
アウターバレルをPDIのブルバレルベースとフロントブルバレルの組みあわせにすれば、
G-SPEC用ストックでもバランスがとれたままテーパーバレル化することが可能でした。

ただ、PDIのバレルセットは重い!
高価なこともありますが、不採用の最大理由は重いから。
フロントヘビーの方が狙いやすいと言いますが、
「これからさらに重くなる予定」があるなら、なおさらバレルは軽い方が良い!



こんにちは。
FAT4ことCです。

珍しく常套句を捨てて、懐かしネタから入らせて頂きました。
言わなければみんな忘れているんじゃないかなーと思いつつも、自爆ネタは公開せずにはいられない性分です。
「ころんだらネタだと思え!」って大学の先輩が言ってたの!

さて、いよいよ本日で一区切りの最終回となる「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画」です。
今回は仕上げの追加外装についてです。
タイトル通り「物干し竿」の完成です。
我が家のPSG-1がチームメンバーより「獣の鎗」という二つ名を頂いておりますので、
VSR-10(M40A1仕様)も、伝説のサーヴァントから愛刀の銘をお借りするといたしましょう。
いや、M40A1でいいんだけどさ。
たぶん「物干し竿」って言われるんだよ。きっと。

あと、あれね。
マルイのM40A5に専用サイレンサーを取り付けたい、という方には少しだけ参考になるかもしれません。

今までの記事はこちら。
「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画」その1 ~計画概要~
「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画」その2 ~バレルチャンバー~
「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画」その3 ~アウターバレルの塗装と交換~
「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画」その4 ~最後はPDI~


第1回を振り返って、再度の用意した物リストです。
少し追加した物があります。

■追加外装
・VF9-FHR-M40G-ST01 (SUREFIRE MB762 SSAL/RE)
・VF9-SS-M40-BK02 (SUREFIRE FA762SS)

■必要なアタッチメントパーツ
・東京マルイ VSR-10 マズルアタッチメント
・東京マルイ マズルドライバー
・PDI ジョイントピース ミニ
・エチゴヤ ハイダーOリング

簡単なようで取り付けにちょっと苦労しました。

IMG_9280.jpg

●VF9-FHR-M40G-ST01 (SUREFIRE MB762 SSAL/RE)
VFC M40A5 スチールマズルブレーキです。
SUREFIREのレプリカハイダーでもあります。
スチール製で重量感があり、マットな塗装も相まって存在感のある一品です。
レプリカなので、刻印はありません。
しかし、コイツの特徴は専用サプレッサーがあるということです。
実は、SUREFIRE刻印有りでVFCサプレッサー取り付け可能という凄いヤツも他社から限定生産されているのですが、
今やかなりの入手困難品です。無理。
ついでに言うと、このVFCハイダーもレアアイテム気味なので、探すなら早い方が良いでしょう。
2016.12/22にマルイからM40A5が発売になったら、どうなるか分かりません。
私が慌てて購入に走った理由です。

IMG_9267.jpg

●東京マルイ マズルドライバー
見逃しがちな重要アイテムです。
VSR-10に標準装備されている、マズルキャップ脱着用の専用工具です。
中古でパーツを集めていると、この工具だけはなかなか手に入りません。店頭に並ぶものでもありませんし。
東京マルイパーツ販売部さんから通販しました。
時間はかかりますが安いです。

IMG_9268.jpg

このようにマズルキャップにはめて回します。
逆ネジなので注意して下さい。
VSR-10の取扱い説明書をよく読みましょう。
しかし、固いです。
マズルドライバーがプラスチック製なので、壊れてしまわないか不安になります。

IMG_9269.jpg

外れました。
ペンチ等の工具を使わないと無理な固さです。
マズルドライバーが割れたりしないように塗らした布を巻いて回しました。

IMG_9271.jpg

なかなか装着できなかったバレルスペーサーを入れます。
本来はチャンバー側から入れるべきなのでしょうが、ものぐさしました。
適当に先端から10~15cmくらいのところに押し込みました。

IMG_9274.jpg

・VFC ハイダー
・東京マルイ VSR-10 マズルアタッチメント
・PDI ジョイントピース ミニ

マズルアタッチメントとジョイントピースはこっそりアウターバレルと同時に塗装しています。

IMG_9227 (1)

IMG_9282.jpg

・エチゴヤ ハイダーOリング
ハイダーの角度調整と取り外しを簡易にするために購入しました。
細いリングと太いリングのセットになっています。
細い方をアタッチメントに、太い方をジョイントピースに取り付けています。

IMG_9283.jpg

ハイダーを取り付けてところです。
質感が素敵ですね。
ジョイントピースの部分に凹みができているのですが、実はこれがポイントです。

m40a5 marui

マルイのM40A5。

M40A5tripd_0_1.jpg

そしてミリフォト。
この凹み、あるのが正しいのです。
なぜなら凹みがないとサイレンサーが固定できないからなんですね。
ハイダー取り付け用のジョイントが上手い具合にはまってくれて良かったです。

IMG_9343.jpg

IMG_9352.jpg

ある意味では完成形です。
SUREFIRE MB762 SSAL/REタイプのレプリカハイダーがとても良いアクセントになりました。
渋さマシマシです。

基本的にM40A1なのですが、バレルとハイダー(サプレッサー)を現行のM40A5と同じにすることで、
「まだまだ現役だよ!!」と頑張っている娘なイメージです。

もちろんそんな実例はございませんので真似しないでくださいね。
あくまで、私の逝かれた脳内のお話です。

IMG_9362.jpg

●F9-SS-M40-BK02 (SUREFIRE FA762SS)
VFC M40A5 QD サイレンサー

SUREFIRE FA762SSのレプリカです。
VFC M40A5ハイダーにしか取り付けられないピーキーなサプレッサーです。
こちらは、ハイダーよりも入手しやすいようですが、ニーズが限定されていますので生産数が少ないのは確実です。
気になる方は早めの入手をお勧めします。
私がマルイのM40A5を買ったとしたら、とりあえずこれが付くのか試したくなると思います。

IMG_9358.jpg

サプレッサーの長さは27cmです。
長いよー長いよー。

IMG_9371.jpg

とはいえ、全体の5分の2くらいはハイダーがはまるので、消音効果の幅はそうでもないです。

IMG_9369.jpg

消音素材はこういうのが入っていました。
あまり効果は無いかも・・・

IMG_9365.jpg

こんな感じの取り付けマニュアルが付属しています。
押し込んで、下部のナット部分を下に引いて、さらに押すとはまる、と。
ワンタッチのようですね。

IMG_9366.jpg

ハイダー下側の凹みと、ナット部分のイモネジを合わせて合体させます。

パイルダァーーーァアア!!オンッッ!!!

あれ?
はまりませんね。
おかしいね。

IMG_9367.jpg

接合パーツ部分をくるくる回して引き抜きました。

IMG_9368.jpg

このイモネジでハイダー凹み部分との干渉具合を調整できるはず。
試しに少し緩めてみました。

では、改めまして・・・

パイルダァーーーァアア!!オンッッ!!!

IMG_9372.jpg

長いよ・・・・
身長134cmです。

IMG_9376.jpg

同時出撃のSCAR-Hさんと並んで頂きました。
頭の悪い長さです。
このハイダーとサイレンサーのセットはロングバレルバージョンのSCAR-Hにも似合いそうですね。
どちらも個性の方向性が違って好きです。

IMG_9379.jpg

こっそり、このハイダーとサイレンサーセットを取り付けられないかと思っているもう一人の方、M14さん
マルイのリアルウッドです。
機構は全く違いますが、スタイルの基本理念は同じなのでしょう。
木製ストックはそれぞれ味があります。漢の浪漫。
M!14も良い銃だよね。

IMG_9382.jpg

ということで、なんちゃってM40A1こと「物干し竿」の完成です。
「カモ撃ちライフル」でも良いけど。

blogも含めて、なんとかギリギリ明日のゲームに間に合って良かったです。
なんだかんだと、想定以上に時間がかかってしまいました。
とはいえ、予定していたスタイルにたどり着けて良かったです。

あのね。MARSOCっぽいスタイルでこれを持つとちょっとカッコイイのよ。ホントに。
できれば、ラクダ写真のまねっこ撮影ができるといいな。

ゼロインがまだなので、実際の性能がいかがなものか楽しみでもあります。
これでたいしたこと無かったらどうしましょうかね。
次の計画が始まるのでしょうね・・・

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
ではでは、またね。


Comments






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017