WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > VSR-10 G-SPEC

Comment (0)  Trackback (0)

FIREFLY うましか辛口&うましかの腕(VSR-10用チャンバーパッキン&ホップレバー)


こんにちは。
FAT4ことCです。

ついこの間、VSR-10はノーマルのままカスタムしない、などと言った気がしましすが・・・
気が変わりました(キリッ)。
僕はキメ顔でそういった。

先日、PEACE MAKER GAMEに行ったのです。
こっそりVSR-10 G-SPECも持ち込んだのですが、予想していたよりも0.25gBB弾での飛距離が伸びませんでした。
ホップの効きが弱いためか弾が自重で落ちているようです。
今思うとホップレバーに付ける円筒形のゴムを紛失していた(注:それにすら気づいていない)からのような気がしますが・・・
結局、0.2gBB弾でゼロインをして乗り切ったのですが、やはり弾が軽いと弾道が安定しません。
30mを越えると狙いを定めるのが困難な状況でした。

せっかくの高性能狙撃銃です。
漢の浪漫が溢れるエアコッキングです。

それが次世代M4に飛距離も命中精度も劣るなんて、そんなことがあって良いのか、いや良くない!!
PSG-1で沼にはまった時と同じ気持ちが胸の中でどんどんと膨らみ、頭をグツグツと煮え立たせます。
何せノーマルで高性能な銃ですからね。
やれば良くなると解っていながら、戸惑う理由があるものか!
熱に浮かされて舞い上がったハートでは、地に足が付いていないことに気がつきません。
いつものことですね。

そんなこんなで、「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画 第2弾」の発動です。

覚悟を決めて予算を確保してしっかりやろうと決めたので、それなりに続きます。

さて、今回は基準となる内部カスタムです。
インナーバレルもG-SPECサイズの303mmからプロスナイパーサイズの430mmに長くする予定なのですが、
パーツがないとか資金調達が間に合ってないとか諸々の理由で、今回は仮組と性能チェックです。
東京マルイのノーマル設定からなるべくバランスを崩したくないので、飛距離と命中精度のアップカスタムは今回だけで終わりにしたいところです。

IMG_9092.jpg

●FIREFLY うましか辛口(VSR-10用チャンバーパッキン)
●FIREFLY うましかの腕(VSR-10用ホップレバー)

購入したのはこの2点です。AIR BORNEさんで購入しました。
自分の次世代M4カスタムにも使用しているFIREFLYさんが今年の春に出した新商品で、とても評判の良い品です。
組み込みも前回と同じ手法で可能ですし、効果絶大と期待が高まります。
チャンバーパッキンは0.2~0.25g弾用の中辛と0,25g以上用の辛口のどちらにするか悩んだのですが、AIR BONE店長さんに相談すると、VSR-10になら辛口で組む方が多いです、とのことでしたので迷わず辛口をセレクトしました。
先人の助言は聞いておいて損はありません。むしろ良いことばかりです。

IMG_9088.jpg

一応交換前の最大初速値を計測しました。
初速が上がっている・・・?
本来のノーマル値に戻っていますね?謎だけど、まぁいいや。

IMG_9094.jpg

途中の作業はすっ飛ばしてチャンバーを開いたところです。
細かな分解手順が知りたい方は前回の記事を読んでね。

白いテープが気密保持用のシールテープです。
右側はチャンバー内でインナーバレルがぶれないように巻いたもので、
左側はチャンバーパッキンとインナーバレルの気密用です。

IMG_9096.jpg

インナーバレルを取り外し、ノーマルのチャンバーパッキン(黒)も外しました。
解りにくい写真で申し訳ありませんが、
赤(うましか辛口)はパッキン内部のBB弾保持部分がV字を逆さまにした形状で、
黒(マルイ純正)はBB弾保持部分が横棒です。
逆V字の形状で弾道を安定させつつホップがかけられる仕組みです。

インナーバレルには、チャンバーパッキンの内側にもシールテープを一周巻いています。
こうすることで、パッキン装着後に外側に巻くテープと内側のテープがくっつくので、気密より強固になります。

IMG_9099.jpg

うましか辛口をはめました。

IMG_9100.jpg

シールテープで補強。間違い探しのような写真ですね。

IMG_9101.jpg

続いて、うましかの腕(ホップレバー)を装着します。
専用の「なまず」がセットになっています。
この辺は次世代M4の「電気なまず」と同じなので、違和感はありません。

IMG_9102.jpg

うましかの腕になまずを装着しました。
はめただけですが、なまずのゴムの力で一応くっつきます。
説明書には、中央に接着剤でとめると良い、と書いてありますが、接着剤の影響でゴムが変質する可能性があるので使用していません。
AIRBONE店長もその方が良いと言っていましたしね。

IMG_9104.jpg

純正のホップレバーと交換しました。

IMG_9105.jpg

うましか辛口を付けたインナーバレルを置いてみます。
おおー!これは良いホップがかかりそうです。
良いホップってなんだ?ビールか?
むふふ。よく分からないテンションが上がります。

IMG_9106.jpg

チャンバーを閉じました。
VSR-10は構造がシンプルで良いですね。

組み込んでみると、うましか辛口が固いせいで、ホップレバーが10mmのところまでしか上がりません。
全体の三分の一しかホップ調整に使えないことになるので、ちょっと失敗したかもと思っています。

IMG_9108.jpg

最大初速の測定結果です。
初速を上げるカスタムをしたわけではないのですが、付属効果でも嬉しいですね。
ただこれ、インナーバレルを長くしたらどうなるのでしょう。
96くらいで収まってくれると良いのですが・・・

気になる弾道ですが、家の庭だとせいぜい12m前後しか距離がとれないので全くわかりません。
集弾性能は向上しているようですが、安定性と飛距離は・・・
真上の空に向けて撃ったらPSG-1と同じようにスゥーっと伸びていく弾道だったので性能アップは確信しています。
やはり「うましかセット」は凄いのかもしれない!
気になる気になる・・・!!

12/18にちょっとしたゲームがあるので、それまでにインナーバレルも交換した状態にしてゼロインしたいなぁ。
なんとかなるのかしら。
アウターバレルの出口部分をリーマーで広げないといけない気がするけど、交換前提のパーツを加工するのもね。
色々と検討余地がありますね。

そんな感じで「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画 第2弾」でした。
じわじわと続くよ!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。

Comments






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017