WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > VSR-10 G-SPEC

Comment (0)  Trackback (0)

VSR-10 G-SPEC M40A1orM24 SWS type RealWood ver. その1


こんにちは。
FAT4ことCです。

寝て起きたら12時間経っていた・・・
今日の午前中は自転車に乗る予定だったのに。
疲労蓄積の自覚がなかったので、身体が警告を発したのでしょう。

学生の頃はお医者様に「若さを過信するな」などと言われておりましたが、
「体力維持をするために運動する体力がない」というのもダメ人間筆頭な感じがして、そそるものがありますね。
関係ないけれど、医者に「様」を付けるとエロい響きになるのはなぜでしょう。
世界は今日も未知で満たされております。

閑話休題。

さて、
兄の元からやってきたOld Rookiesを現場復帰させるシリーズ企画です。
先日、Sっ娘SteyrAUGが無事に現場復帰いたしまして、今回からはVSR-10 G-SPECが始まります。
中身はチャンバーパッキンを交換するだけなのに、なぜか長くなるこのシリーズです。
はてさて、今回はどんなトラブルに巻き込まれてしまうのか・・・

外装はInstagramでも「渋い!」とのコメントを多く頂いた木製ストックです。
お祭りの射的に胸がドキワクして育った世代ですからね。
エアコッキングライフルと言えば木製ストックです。
漢の浪漫です。
言葉は要らない。
見れば解る。
確信です。

整備開始前に初速を測定しました。
自分の腕ではデチューン(悪化チューニング)になる可能性もありますので、基準値として計測しておくことにしました。

IMG_7808.jpg

NON-HOPの値です。
銃身横のHOPレバーを1番前にした状態ですね。
そこから、5メモリ(5mm)ずつHOPをかけて計測し、最も初速が出たところを暫定的に最高初速ポイントとして記録しました。

IMG_7813.jpg

これがその数値です。
位置はHOPのMAXポイントから5mm緩めたところです。
実際にはHOPが強すぎて適正値ではないのですが、初速を法規内にするための計測でもありますから、この位置と初速を把握しておくことは必要です。
それにしても、ノーマルでこの初速!!
東京マルイVSR-10 G-SPECにカスタムなんて必要あるのかな?

そして、待望の一品!!

IMG_7791.jpg

IMG_7792.jpg

ほらカッコイイ!
あらカッコイイ!!

ね?
言葉なんて要らないのです。
木製ストックは正義。
勧善懲悪もびっくりです。

(有)ナカヤ製木製ストック VSR-10・Gスペック対応 M40タイプ (NV120)

ECHIGOYA南福岡店さんからやってまいりました。
VSR10用の木製ストックは各社が販売しており、根強い人気がありますのでそれほど入手困難ではありません。
ただ、これがG-SPEC用となるとそうはいかないのです。
VSR-10 G-SPECはマルイがサバイバル-ゲーム特化型のエアコッキングライフルとして発売したモデルです。
ショートインナーバレル、サイレンサーといった装備は取り回しのよさとスニーキングの向上をねらっているのですが、
結果としてベースになったRemington M700(レミントンM700) からは遠ざかった外観の仮想銃になってしまっています。
ですから、実銃を意識した外装カスタムのベースにG-SPECを選ぶユーザーは少ないのです。
普通の人はプロスナイパーを買います。普通はね・・・
そんなわけでG-SPEC対応の木製ストックとなると、そもそも数が少ない。当然、在庫もない。
一度は諦めて中古の出品を待つしか無いと思ったのですが、そこで登場したECHIGOYA南福岡店さんです。
VSR-10用の木製ストックの在庫が兎に角多いのです。
G-SPEC対応と明記されていないストックもいくつかありましたので、とりあえず電話して聞いてみました。

「ネット店で在庫有りになっているUFCの木製ストックってG-SPEC対応してますか?」
「あーそれは非対応ですねー。G-SPEC対応品はそう書くようにしていますので、何も書いていないのは全て非対応になります。」
「あー、そうするとG-SPECに使える木製ストックの在庫は無いってことですよね・・・」
「え?いやー、あったと思いますよ。ちょっと待ってもらえます?」
「マジっすか?!」
「ナカヤのNV120が1個だけありますね。あー、これ値上がりもあってサイト更新してないのか・・・」
「マジっすかっ!!」
「どうされます?やっぱりUFCが・・・」
「・・・それ、買います!」
「え?」
「それ、買いますっ!!」

ちょろいな、自分・・・
電話って大切ですね。
電脳時代とはいえ、サイトに反映されていない情報はまだまだあるようです。

IMG_7794.jpg

ストックが延長され、指を添えるための凹みがあるのでとても構えやすくなっています。
M40A1ポイントその1です。

IMG_7795.jpg

チーク部分の盛りがりによりサイトの除きやすさも増しています。
M40A1ポイントその2です。

IMG_7796.jpg

肩に当てるとまったくずれないゴムパッド。

IMG_7797.jpg

コッキングレバー用の凹みがG-SPEC対応なのかな・・・

IMG_7798.jpg

ポン付けが売りだけに同型状に見えます。
スリングやバイポッドを取り付ける気などサラサラない男気溢れる仕様。
(安価なブナ材を使用していますので、強度的に取り付ける割れるのだと思います。)

途中で書いた「M40A1ポイント」について補足します。
この、(有)ナカヤ製木製ストック VSR-10・Gスペック対応 M40タイプ (NV120)のM40とはなんじゃらほい?ということです。
お詳しい方は当然ご存じと思いますが、M40とは海兵隊による独自カスタムシリーズのことです。
Remington M700をベースに1970年代からM40と呼ばれるカスタムシリーズが制作されております。
M40A1にはじまり、現在M40A5まで確認されているようです。

そうです。
先日、東京マルイから発表されたM40A5です。MARSOC装備な方々からはやっとこさ、という感じでしょうか。熱い。

ナカヤさんがM40タイプとお茶を濁しているのは、M40A1を意識しているもののそこまで精巧に再現しているわけでもないからなのかな。

例の様にワタクシこの辺りは全くよく分かっておりません。
今回は、サバゲーのロマンさんの「「M24 SWS」と「M40」についての考察」を熟読させていただきました。
非常に解りやすいので、皆さんも是非読んでみて下さい。

陸特DELTA的には「M24 SWS」の木製ストックバージョンという自分設定にしておこうかな。
スコープも同じリューポルドM1タイプだし、誤魔化せる気がする。ダメですか?

さて、
せっかくの木製ストックですから、装着前にワックスの強化しておきましょう。

IMG_7804.jpg

●ベル・ナチュレ白木用オイルワックス
http://www.ecoshop-suga.com/toryo-siraki.htm
M14の木製ストックにも使用したいわゆる「蜜蝋ワックス」というヤツですが、小分けしたワックスを蜂蜜の瓶に入れるところがやはりワタクシのオカンですね。
発想が似ている。

<塗る前>
IMG_7799.jpg

<塗った後>
IMG_7805.jpg

ワックスの乾燥には半日くらいかけています。
少しだけテカり感が増しました。
見た目の変化は少ないのですが、撥水効果もありますし手に吸い付く感じが違います。

そんな感じで、今回はここまでです。
次回で組み込み完成の予定。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。


Comments






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017