WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > M1911A1

Comment (0)  Trackback (0)

TokyoMarui M1911A1 COLT GOVERNMENT を燻し銀にする③最終回


こんにちは。
FAT4ことCです。

三連休を利用して行っていたマルイのガスブロコルトガバメント燻し銀計画もいよいよ最終回です。

第1回
TokyoMarui M1911A1 COLT GOVERNMENT を燻し銀にする①
第2回
TokyoMarui M1911A1 COLT GOVERNMENT を燻し銀にする②


さて、
初回で下塗りに失敗しながらも、
前回ではブラックスチールをなんとかミスなく塗り上げました。

IMG_5062.jpg

24時間の乾燥後です。

IMG_5063.jpg

きれいに仕上がってくれて一安心です。
写真だと黒く見えますが、実際は黒に近いダークグレイです。
予想よりもマットな仕上がりですが、これはこれで重い金属の感じがします。
しかし、目指しているのは「燻し銀」です。
ここからやすりでエイジング(使い込んだ感の加工)を施していきます。

用意したモノ。
・3M 5085スポンジ研磨材 マイクロファイン#1200~#1500

IMG_5064.jpg

・メラミンスポンジ

IMG_5065.jpg

メラミンスポンジは、Instagramでフォロワーさんが教えて下さいました。
akimo10さんありがとうございます!
ヤスリよりもメラミンスポンジの方が、きめ細かな仕上げができるとか。
3Mスポンジやすりで大まかに磨いたあとで、
仕上げにメラミンスポンジという順番でやってみようかな。

と言いつつ、
小心者なので、まずメラミンスポンジの削れ具合を確かめてみました。
3Mでごそっと削れてしまったら大変だもの。

IMG_5068.jpg

うむ。
ぜんぜん落ちないね。
メラミンスポンジは最後のならし用かな。
でも良いのです。
これは予定通り。
度重なる失敗で、神経質なくらい慎重になっています。

IMG_5071.jpg

参考にさせて頂いている「いつもコウチャンといっしょ」さんの
マルイ ガスブロ ガバメントをお手軽リアル塗装してみる。」にある通り、
カッターで3Mスポンジやすりを薄くして使います。
確かに細かいところまで磨けます。
が、この作業が面倒臭い。
また悪い病気が・・・
この加工やすりはデコボコしたところだけに使って、
平面的なところは無加工の3Mスポンジやすりで磨くことにします。

IMG_5073.jpg

アウターバレルの可動部分を磨いてみました。
下地のチタニウムシルバーがうっすら出てくると、金属感が凄く出ます。
使い込んで削れたように見えますね。
これはテンション上がります。
角張ったところはを重点的にこすりつつ、
磨きすぎに注意して慎重に進めます。

IMG_5075.jpg

IMG_5074.jpg

1時間ほど試行錯誤しながら磨きました。
いかがでしょう?
数々の戦場を経たサイドアームに見えてきませんか?

初回の乾燥中にエイジングしておいた金属パーツを組み込みながら、
各所の削れ具合のバランスをとっていきます。

IMG_5081.jpg

IMG_5082.jpg

金属パーツを組み込んだ途端にグッと引き締まりました。
やすりがけした塗装面と金属パーツの色がほぼ同じになり、
絶妙なマッチングです。
適した色のスプレーセレクトができているのですね。
いつもコウチャンといっしょ」さん、本当に凄い!

IMG_5083.jpg

スライドもこの仕上がり。

IMG_5085.jpg

エジェクション・ポート(排莢口)が本当にリアルにできました。
これは感動です!どう見ても金属!
信じられるか?これ、プラスチックなんだぜ・・・?


さて、さてさてさてさて!
いよいよ完成です!

IMG_5087.jpg

うっひょーっ!!
燻し銀だよ!
これだよ!これ!
燻し銀だよぅ・・・ううぅ(号泣)
がんばったなぁ・・・
がんばったよなぁ・・・俺・・・

IMG_5088.jpg

IMG_5089.jpg

IMG_5090.jpg

IMG_5091.jpg

IMG_5094.jpg

IMG_5095.jpg

IMG_5105.jpg

IMG_5097.jpg

なんぞこれ!
ヤバイ!
俺のM1911A1がエロすぎる!
とんでもない物を作ってしまったのかもしれない・・・
(マルイのノーマルです)

ということで・・・

IMG_4914_20160321184027adc.jpg

IMG_4921.jpg

これが・・・

IMG_5101.jpg

IMG_5108.jpg

こうなりました!
写真が微妙で変わった感が薄い・・・
でも、実物はぜんぜん違います。
不器用なので不安でいっぱいでしたが、やってよかった!

今どき、旧型のミリガバなんて珍しくもないですが、
これが、これこそが良いのです!

「TokyoMarui M1911A1 COLT GOVERNMENT を燻し銀にする」最終回でした。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね!



Comments






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017