WATCH YOUR SIX !

Category: M4 FAT4専用機 > 共有部分・内部カスタム等

Comment (0)  Trackback (0)

サマリウム コバルト モーター


IMG_4388.jpg

こんにちは。
FAT4ことCです。

新たな沼アイテムを入手してしまいました。
新品未開封で店頭価格の3割引きという品に飛びついてしまったのです。
だがしかし、これはいつかは踏み込まねばならぬ沼。
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし・・・
うん、そうだね。
行けばわかるさ。

●東京マルイ サマリウム コバルト モーター

IMG_4391.jpg

東京マルイがHK417に搭載したハイトルクモーターです。
同社EG1000モーターの2倍のトルクということですから、たいしたものです。
セミオートのキレが劇的に向上すると評判のモーターです。
フルオート時のサイクルが落ちるとのことですが、セミオート主体のゲームスタイルな私には無問題です。

IMG_4389.jpg

かなり磁力が強いので、組み込んだ銃の保管場所には気を付けねばなりません。
磁力は電子器機の敵です。
ベッドの下にしまっておけば、腰や肩のこりが解消しないかしら・・・
そういえば、サマリウムコバルトモーターとDTMを併用した場合はどうなのでしょうね。
DTMは壊れないのかな?

さて、
最初の問題というか悩みどころは、どの銃に組み込むかです。

PSG-1
M14
SCAR-H
次世代M4初号機(リア配線ストック内バッテリー)
次世代M4弐号機(フロント配線)

PSG-1の燃費の悪い専用ハイトルクモーターをサマリウムコバルトモーターに変えるとか・・・
次世代と並ぶ性能の傑作機であるM14の大幅改装の足掛かりにするとか・・・
純正ORGAカスタムの優等生、最も安定した飛距離と精度を誇るSCAR-Hさんを完成型にするとか・・・
次世代M4の初号機と弐号機にとっても、このモーターはSCAR-H同様にラストピースです。


ほらね。
だから沼だと言ったんだ。
結局、全ての銃に組み込むに決まってる。

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ

うん、そうだね。
のんびり行こうか。

とはいえ、PSG-1とM14はショートモーターですから、ロング規格のサマリウムコバルトモーターは無加工では組み込めません。
長いものを短くする加工なので、なんとかなるとは思いますが。
サマリウムコバルトモーターを積んだPSG-1やM14なんて、わくわくしますね。
羊の革をかぶった狼・・・むふふ。

今回は次世代M4の弐号機に組み込んでみようと思います。
初号機とSCAR-Hのアタリにもなるでしょう。

IMG_4394.jpg

現在の弐号機。
MARSOC(マリーン・レイダース)仕様ですが、ついでに初期アフガン装備用に着せ替えしてしまいます。

IMG_4395.jpg

ストックとアッパーを交換してSOPMODです。

IMG_4396.jpg

グリップ下部を開けてEG1000モーターを取り外します。

IMG_4397.jpg

配線して動作確認。
セレクターをセミにしてトリガーを引くとモーターが回ります。
回転パワーでモーターが暴れるので、しっかり押さえておきましょう。

IMG_4398.jpg

FAT5のblog「タクティカル原人」に、試運転が大事と書いてありましたので、モーターをテープで固定してひたすら回しました。
20~30分回し続けたところでLiPoバッテリーが尽き、回転数が落ちたので試運転は終了。
モーターが火傷する程加熱していましたので、やりすぎでした。
貼り付けたカッターマットが熱に強くて良かった。
危うく大惨事。皆さまも気を付けて下さい。

IMG_4436.jpg

ギアにグリスを塗って組み込みます。

IMG_4438.jpg

配線もOK。

試射した感覚は、若干キレがましたかな?という感じ。
確かにトリガーレスポンスは良くなっているのですが、そこまで劇的ではないというか・・・期待値が高すぎたかな。
弐号機はバッテリーからの配線にコネクターが3カ所入るので、電流の問題があるのかもしれません。
着せ替えの構造上、避けられない箇所なので改善のしようがないのが残念です。
しかし、セミオートでを連射した時の安定性は増したよう感じます。
トリガーを引き始めてから弾の発射までが速くなっているので、指の動きよりも銃の反応の方が速い感覚。
一発ずつ撃つよりも、セミオートで連続5発撃った時の方が効果が実感できる。
上手く伝わっているでしょうか・・・
トリガーロックの不安が減少するというのは、こういうことなのかな。

一応、初速も計測してみました。
万が一があったら困るし。

IMG_4440.jpg

HOPなし。

IMG_4441.jpg

HOPあり。
10発撃って、97を越えたのが2回でした。
規定範囲内ですが、気温などの環境変化によっては98を越えてしまうかも。
暖かくなったら、もう一度初速測定をすべきですね。

IMG_4446.jpg

初号機とセミオートのレスポンス比較もしてみました。

上:弐号機(ORGAカスタムパーツを自分で組み込み)サマリウムコバルトモーター
下:初号機(メカボックス内はFIRSTさんのNEXT-Fカスタム)EG1000モーター

軍配は弐号機です。
やはり、セミオートのキレは良くなっていますね。
しかし、そこまで劇的な差ではない・・・
FIRSTさんのNEXT-Fカスタムはギアの歯を削ってトリガーレスポンスを上げる加工をしていると聞いたので、その効果が出ているのでしょうか。
配線も初号機の方がシンプルですのから、複合的な要因かも。
ただ、セミオートを連射した時の安定感はサマリウムコバルトモーターの効果絶大です。
とすると、初号機にサマリウムコバルトモーターを搭載すれば、その効果は・・・
いかん・・・これはやはり沼だ。

IMG_4442.jpg

なんやかんやありましたが、
次世代M4の弐号機はこれ以上いじれるところもなく、内部カスタムは終了です。
この台詞、もう何度も書いている気がしますが・・・

次はショートに加工したサマリウムコバルトモーターで、PSG-1とM14のテストをしたいですね。
特にPSG-1は私にもよく分からない娘なので、モーターが適合しない可能性もあります。

余裕がある時に、じわじわやろう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。


Comments






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017