WATCH YOUR SIX !

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4汎用型(FAT4専用) 弐号機 開発計画 No.000


IMG_2652.jpg

・・・それは、たった一つのパッドから始まった。

2015年4月26日23:37
浦和技術研究所所長室

「博士!博士!ちょっとこれ見て下さいよ!」
「なによ、助手君。オレ今爪切ってんのよ。邪魔しないでくれる?」
「そんなこと言わずに見て下さいよ。ほら、これ。」
「・・・キミ、これをどこで?」
「中野のSEALiONさんですよ。」
「なるほど、あそこなら転がっていてもおかしくはないが・・・しかし、キミ、これがどういうモノか解っているのかね。」
「はい、そりゃもう。デルタパッドですよね。」
「そうだ、正式名称は不明だが、デルタ隊員が好んでM4に装着していることから、そう呼ばれている・・・しかし、これ、ちょーレアものですよね?思わず丁寧語になっちゃうよ、オレ。」
「あー、いや、でもこれ、似て非なるモノ、つまり類似品ですから。とはいえ、ちゃんと実銃用ですけど。」
「へぇー、そうなの?よく似てるなぁ・・・って、その類似品がなぜここに?」
「そんなの、買ってきたからに決まってるじゃないですか。」
「経費で?」
「もちろん、経費で。」
「・・・・いやいやいやいや、どうすんの?」
「どうって、やっぱり、憧れるじゃないですか。デルタフォース。」
「うんうん、憧れね。若い子はみんなそう言うんだよね。でもね、キミ解ってる?デルタのハードルは高いよ。富士山登るどこじゃないよ。ヒマラヤだよ。ヒマラヤ。日本人の行くところじゃないよ。」
「そんなこと言って。私知ってるんですよ。博士だっこっそりPARACLETEのポーチを集めているじゃないですか。」
「しかし、あれは私費だしね。趣味みたいなものなんだが・・・」
「趣味って・・・じゃこのblogなんなんです?」
「え?ちょっと突然メタ発言やめてくれる?なにそれ、こわい。」
「とにかく、いいじゃないですか。もう買ってきちゃったんですから、やりましょうよ。デルタ。」
「えー、本気ですか・・・まぁ、素体は無くはないが・・・」
「ん?なんの話ですか?」
「M4汎用型の弐号機の話だよ。デルタの壁が高いって理由で凍結されていた。」
「そんな計画があったんですか?でも、初号機だって汎用型として着せ替え能力高いじゃないですか。」
「それも弐号機計画が凍結された理由の一つだよ。初号機はアッパーからレイルにかけての換装機能を最優先にした次世代M4だし、正直それで十分だ。」
「じゃ、何が問題なんですか?」
「厄介ごとを持ち込んだキミが言うなよ。簡単なことだろう。初号機はクレーンストック内にバッテリーを収納するのだから、ストック交換ができない。だが、キミが買ってきたデルタパッドはどうだ?クレーンストックには取り付けられないんだよ。」
「あぁ、なるほど。でも、次世代M4ってみんなストック内バッテリー方式ですよね。」
「いや、違う。M4A1 SOCOM CARBINEだけはフロント配線だ。ほれ見なさい。」
「あっ本当ですね。簡単にストックが外れる。それにこのエンハンスドストックなら・・・あっやっぱり駄目ですね。大きくて付きません。」
「デルタパッドはM16用の旧型ストックにしか付かない。それも厄介なところだ。どれ、ヤフオクでっと・・・ほい。とりあえず、マルイの旧型ストックを落札した。需要がないのか安いな。」
「それ、付くんですか?チューブ径とかどうなんです?」
「知るか、安いし、でたとこ勝負だな。だから厄介だと言ったろう。面倒なことになりそうだ。」
「フロントはどうするんですか?」
「とりあえず、次世代SOPMODやCQB-Rのレイルが装着できる。デルタリングとフロントサイトのパーツが同じらしい。ただ、レイル内にバッテリーを収納できなくなるので、配線をいじってレイル外にバッテリーボックスを設置する仕様に変えねばならない。」
「・・・なんだかんだ言って、詳しいじゃないですか。やっぱり博士もデルタやりたいんじゃないですか。」
「弐号機計画があったと言っただろう。ある程度のアタリぐらいは調べてあるさ。」
「そんなこと言って、本当は・・・あれ?これなんです?ペン立てに妙に長いものが・・・」

IMG_2654.jpg

「あ・・・いや、それは若気の至りというか、一年前の過ちというか・・・」

IMG_2655.jpg

「ちょっと、これデルタアンテナじゃないですか!どうしたんです?なんであるんですか!うわー、なんかべにょべにょ曲がりますねこれ。変な感触。」
「一年前くらいにWORRIARSさんでつい、な・・・」
「一年前って確かPARACLETEの収集に力を入れていた頃ですよね。やっぱりそうなんじゃないですか!」
「いやでも、これだけじゃなぁ。」
「なに言ってんですか!あとPARACLETEのMBITRラジオポーチがあれば、三種の神器が揃いますよ!」
「は?キミこそなに言ってんの。デルタなめんな。全然足りないよ。三種どころじゃないよ。108種くらい必要だよ。」
「えー?そんなにですか?」
「そんなにですよ。ヘルメット関連なんかトンデモないんだぞ。本当に。ヒマラヤだよ、ヒマラヤ。」
「でもでも108種のデルタ神器を集めたらどうなるんですか?完成ですか?」
「108個集まったところで、煩悩は煩悩しか生まないよ。やれやれたいへんだぁ。」
「えっ?ちょっとなんでM4しまうんですか?配線用のケーブルとか買ってましたよね?やらないんですか?」
「だって今日チャリトレで疲れたし。眠いし。ヒマラヤより先に、オレ6月に富士山に登らなきゃならんのよ。Mt富士ヒルクライムな。」
「え?ちょっと何それ伏線だったんですか?ていうか、博士もメタ発言ひどくないですか?ちゃんとしましょうよ。」
「いやでも無理よ、実際。サバゲとオタク活動と自転車だけで手一杯なのに、そこにレース練習とblog更新なんて死んじゃうよ。いつ寝ればいいの?」
「いや、やりましょうよ。デルタ。ほらカッコイイですよ。」
「うんうん、やるやる。百里の道も一歩からね。ちょーマイペースでやる。あっ、やばい!もう24時じゃん。血界戦線が始まるよ。」
「いやいや、ちょっとメタ発言本当にひどい!ちょっと博士!博士ってば!」
「えーい、うるさいな。どうせスタンガン・ミリィもデリンジャー・メリルも知らないくせに、おまなんかトライガンからやりなおせ!」
「えぇっ!なんですかそれ!もう投げっぱなしですよ、どうすんの?確かに、当時のヤングキングアワーズはジオブリーダーズといいトライガンマキシマムといい、ガンアクション的な作品が素敵でしたが・・・いやいや、そういうことじゃなくて!博士!博士!このM4、もう通称【Δ計画】で始めちゃいますからね!ちゃんとやってくださいよ!」

IMG_2653.jpg

つづく・・・のか?


>>つづいた。

Comments






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017