WATCH YOUR SIX !

Category: タクティカル探訪

Tags: FAT5  

Comment (2)  Trackback (0)

@崖の上の廃ランド


明けましておめでとうございます。FAT5です。

年末特有の特別な雰囲気のなか、皆さんはいかが過ごされましたでしょうか。家族と過ごす、年末特番を無我で見る、ただただボヤーっとする、それぞれの過ごし方があるかと思いますが、わたくしは年末になるとあらゆるものがなんだかどうでもよくなりまして、責任感メーターがゼロを指すのを感じ、もうほうっておいて俺なんか、と思うようになり、どうにかして人が存在しない場所へ行きたくなってしまいます。

ただ、なんにもなしに「あーなんかもうどうでもいい、ほっといてください、山へ入ります」とかやるとそれこそ人気のない、立ち戻れないどこかのゾーンへ閉じ込められてしまうような気がしますので、なにかしらの理由をこじつけてから、ひとりの時間を作るようにしています。




そうだタクティカル探訪、行こう。
というわけで、今回も千葉県某所を探索します。
朝日が親のファンシーな軽自動車を照らし出しています。




30分後、入り口付近。
入ってすぐの場所に分岐点がありました。この分岐を便宜上Aとします。
この場所一帯は旧日本軍のヒミツキチだった場所で、旧日本軍がヒミツヘイキを製造・テストしていたらしいのですが、戦争は終わり、ヒミツヘイキのみがこの地に残りました。これはもったいないと終戦の復興ついでに遊園地のような場所にしたらしいのですが、すぐに閉館。だいぶ現実味のない話ですが、現在のこの場所がその歴史を静かに物語っています。




分岐Aを左に進むと、広場になっていました。




廃棄されたホンダのカブだか、ヤマハのメイトだかがありました。もはや原形を留めていません。




基礎が残っていることから、なにかしらの建物があったようです。建物の奥には…




古井戸。近づいたわけではなく、カメラをズームしただけです。したがって井戸の中がどんなんだかはわかりません。想像力レベルがいっきに20を指しました。




古井戸があるような場所にはもうこれ以上居たくないので、そそくさと分岐Aに退散、本筋の道へ戻ります。岩を切り開いて作ったような道で、足元が岩についた苔で滑ります。




崩落ポイントがありました。こんな大木が倒れてきたらまあ即死でしょうし、こんな誰も来ない場所では成仏すらできないと思います。想像力レベルが22を指します。




この道にはある特徴があることに気がつきます。均一の高さに揃えられた溝です。




延々と彫られています。これに何の意味があるのか? 道を造ったのは旧日本軍でしょうから、秘密兵器に関連するなにかでしょうか。想像力レベルが30を超えました。




分岐に当たりました。Bとします。右が登る道、左が降りる道です。右側になにか建造物があるのが見えるので、右手側に進みます。




ラピュタを思い出す根の張り方です。こんなところにも根が!




先ほど見えた建造物。これは…




「婦人専用」と読めます。手洗いですかね。わたくしは殿方なので中は遠慮します。




奥にはなにかしらの建造物。なんですかねこれは?物見台?




さらに登ると広場に出ました。ポイントCとします。この付近で一番高い場所のようです。
中央に盛り上がった部分があり、その盛り上がりを囲うようにぐるっと道になっており、歩いて回れるようでした。




盛り上がった部分は入れるように…




なっていたようですが、封鎖されています。奥にはなにがあるんだろう…なぜ色が黄色なんだろう…
ここまで登ってくるとなんだかどんなものでも怖く思えてきます。このファンシーな黄色さえ怖い。想像力レベルは34付近です。このあたりで一人で来たことを後悔しはじめました。




盛り上がりの左手には建造物が。




手前の建物は…




トイレのようです。当然用は足せません。わたくしにそんな度胸はありませんし、水も流せるとは思えません。




奥の建物は…




休憩所?ですかね?このあたりは遊園地時代のもののようです。




ベンチが寂しくありました。もうだれもここでは落ち着けないだろうと思います。想像力レベルが上がっていくのを感じます。建物の奥の方が怖い、いや待て、後ろが怖い。怖いと思うから怖いのですが、無意味に振り返ったりしてしまいます。ただ振り返ると今度は死角になる建物側が怖くなりますのでなかなか難しい。




だんだん自分の想像力との戦いに負けるようになってきたので、ここらが限界とそそくさと装備を出します。




今回はMP9を持ってきました。KSCのガスブロです。MP5やMP7に比べてなんだか悪役感のある、お気に入りのSMGです。




チェーンジタクティカル!画像処理で消している顔は恐怖に引きつっている!




引きつっている!しかしタクティカル探訪ももう4回目。今までの経験に助けられてまあまあそれっぽいのが撮れました。




トーテムポール発見。
撮影に没頭できたのと、場所に慣れてきたのでやや恐怖が薄らぎました。ということで探索を続けています。トーテムポールがなんでこんなところにあるんでしょうか?




その奥に見えてきたものは…




朽ちたゴンドラの残骸です。




遊園地時代はこのゴンドラで麓の港町から入退場していたようです。




こんな簡易的な乗り物で…これは愉快な気持ちでは乗れそうにないです。




機関部は緑に覆われていました。もう動くことはありません。なんだかジブリ感が漂います。




ぐるりと盛り上がりを一周すると、また分岐を見つけました。C分岐とします。わかりにくいですが奥へ道らしきものが延びており、進めそうです。

と、写真を撮った後。
今歩いてきた道を黒い影が横切るのを目撃しました。

心臓がバクンと鳴るのを感じてパニックになりかけますが、必死で心を落ち着けます。落ち着けたうえで今見たのはなんだったのかを落ち着いて想像します。逆光だったので本当に木々の間を黒い影が通り過ぎたようにしか見えなく、アレがなんなのか想像がつきませんでした。ただどう考えてもヒトくらいの大きさはあったような…。
とにかく元来た道に戻る勇気は出ないので、分岐を先に進むことにします。




だめだ…道が草に覆われてなくなってしまっていました。
Cポイントへ戻るしかない…?でもCポイントはあの人影が向かっていった方向です。
完全に追い詰められた気分ですが、さらに最悪な事に気づきます。

ヘッドライトが見つからない。




カメラを確認するとさきほど撮ったアイテムの中には入ってます。さっき撮影した休憩所に忘れたか…!




30代成人男性とは思えないほどに顔を引きつらせながら分岐Cにもどり、足早にポイントCの休憩所まで…。ヘッドライトあった!




急いでバッグにライトをしまいます。
途中に人影は見当たりませんでした。ただもう心は限界、想像力レベルは100を超えており、探索は諦めて帰路に…




つこうと思ったのですが、降り始めたところでまた新しい分岐Dを発見。降りていく道ですが、来た道と並行していそうなので、きっと分岐Bと繋がっているんじゃないかと予想できました。




分岐Dを進みます…。
実は今回の目的は今もまだ残るという遊園地時代のレプリカ砲台を探すことにあります。この場所のわかりにくい分岐の先にあるらしいのですが…
想像力メーターが100を振り切っており限界ではあるものの、もうすこし頑張ってみます。




分岐Eが現れますが、ケモノ道のようです。いくらなんでもケモノ道を進む余裕はない…。と少し入ってから振り返る…と、動物のフンを見つけました。まだ新しい…?




分岐は諦めて少し進むと…
また林の奥に通り過ぎる影が!
今度は逆光ではなく姿形がはっきりと確認でき、しかもカメラを向けて撮影もすることができました。中央付近にギリギリですが、ソレが写っています。




ズーム。これでもわかりにくいですが…




こんな感じでした。かわいらしいサイズ感だったので、たぶん子供のイノシシ、「うり坊」ではないかと…




うり坊が通り過ぎたところまで行くと分岐Bに出ました。下を見下ろすと…




なにやら廃墟らしきものが見えました。
あそこを巣にしてたりするんでしょうか?
さっきのフンもこのうり坊かな?

影の正体がわかり、満足したので帰路につきました。
レプリカ砲台が見つからなかったのは残念ですが、もう探索する気力ものこっていなかったので…。

車まで戻って一息ついてからエンジンをかけました。スマホでプレイリストを再生し、いつも聞いている音楽がかかると、一気に現実世界に帰ってきたようで気が楽になりました。ハンドルを街の方へと切ってアクセルを踏むと、なんだか2015年もちゃんと生きていけるような気がしてきます。




……でも、最初に見た影はどう見てもヒトくらいの大きさがあったような……
いやいやいや、そんなわけは……でももしかしたらアレは……

Comments

イイ廃墟!
子供の頃の"1人探険"思い出して楽しく読ませていただきました。
あの急に湧いてくる恐怖が非常に懐かしくなり、私もアサルトバッグにパンと卵とたくてこーを詰めこんで出かけたくなりました。
お忙しいとは思いますが、更新楽しみにしてます。
Re: イイ廃墟!
コメントありがとうございます!
自分でも忘れかけていたくらいの記事でしたので、僕自身も楽しんで読めましたw

この記事のあと「あの影なんだったんだろう…」「なんだか足だけ寒い!?(冷え性)」「あれ?今なんか変な声聞こえた気がする!?(幻聴)」と若干ノイローゼっぽくなり、もう一人で廃墟なんかいかない…と硬く心に誓いました。
が、なんだかこれ中毒性があるようで最近ふつふつとまた……

大人になってからの探検、オススメです!






SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017