WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > M1911A1

Comment (0)  Trackback (0)

ReadyFighter Magazine Pads (Wilson Combat) for MARUI MEU


こんにちは。
FAT4ことCです。

なんか久しぶりに物撮影セット的なものを自宅で組んだ気がします。
鉄砲をバラしたり組んだりする時のセットも同じなのですが、心の余裕が違います。
電動ガンをいじくる時は、余裕が全くありません。
ガンスミスの才能ゼロですからね。精神的に良くない。

小物的な小ネタがそこそこありますので、
少しずつ紹介しようかと思います。

今日の一品はこちら。

IMG_9072.jpg

●ReadyFighter WILSONタイプ マガジンバンパーセット

パッケージの反射で解りづらいので開封しました(深く考えていない)

IMG_9085.jpg

こんな感じです。
Wilson Combatのロゴがしっかりと入っています。
陸、海を問わず、米軍のM1911A1のマガジンには良く使われているマグバンパーです。
いつもお世話になっているWARRIORSさんで購入しました。
私がM1911A1を購入した時には品切れな品でしたので入手できて幸いです。

IMG_9074.jpg

さて、こちらが我が家にある東京マルイM1911A1用のマガジンです。
それぞれ、3本ずつあります。

IMG_9079.jpg

・・・付きませんでした。
はい、終了~!!!

MEUマガジンを買えという神の思し召しでしょう。
MARSOCなM45A1も発表されましたし・・・

自転車界隈ではホイールからロードバイクが生える等と言いますが、
いずれマグバンパーからガバメントが生える日が来るのかもしれません。
沼って恐いわー。

というわけで、今日はここまで!

読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね!

Category: ゲーム

Comment (2)  Trackback (0)

2016.11.20 PEACE MAKER GAME@F2PLANT


こんにちは。
FAT4ことCです。

立て続けにゲームのご報告です。
11/20(日)にPEACE MAKER GAMEへ行って参りました。
今回もKaraAgeさんに誘って頂きました。

IMG_8988.jpg

朝のうちは高速に速度規制がかかるほどの濃い霧が出ており、まるで「サイレントヒル」の舞台ようでドキドキしましたが、午後には晴れて気温も20℃まで上がり、この時期にしては暑いくらいでした。

IMG_8956.jpg

フィールドはF2 PLANTさんです。
栃木県なので遠いと思い込んでいましたが、埼玉からだと千葉へ行くのと差ほど変わりませんでした。
電車と送迎でアクセスしやすいというのは、私の様なNo Car Life組には嬉しいです。

IMG_8955.jpg

手作り感溢れる看板。

IMG_8960.jpg

自販機にサインがいっぱい。
なるほど、わからん。

IMG_8964.jpg

IMG_8971.jpg

IMG_8978.jpg

シューティングレンジ兼センタースペースを挟んで2つの廃工場が舞台となるフィールドです。
ほぼインドアにも関わらず外壁以外は壁の無い工場なので広さがあります。
また、主戦場となるセンタースペースのおかげで野外フィールドのような感覚で遊べます。
雰囲気もバツグンです。PV等の撮影に使用されるのも納得ですね。

IMG_8980.jpg

名物の10式戦車ハリボテ。

IMG_8983.jpg

細かいところまで作り込んであり、並々ならぬ熱意を感じます。
米軍装備的にはハンヴィーがあったりすると嬉しいですが・・・我が儘ですね。

IMG_8957.jpg

IMG_8958.jpg

フリーマーケットスペースもありました。
よくあるジャンク市場ではないので、じっくり見てしまいました。
すんごいの置いてありますよね・・・

IMG_8961b.jpg

Gamisさんも出張出店!
一緒にゲームにも参加!

IMG_8990.jpg

パッチも購入いたしました。
これについては、別の機会に紹介します。

IMG_8954.jpg

お昼!
右のは差し入れに頂いた埼玉銘菓「いがまんじゅう」
埼玉県民だけど初めて見た!!

本日のワタクシ。

IMG_8998.jpg

こっそり新調したRAV。何個目だよ・・・
いずれ比較もしつつちゃんと紹介します。
blogにコメントして頂いた「じゅんじゅん」さんともお会いできて、アドバイスを頂きました。
前のあれ、UKSF仕様だったみたいよ・・・

IMG_9001.jpg

購入したパッチを即座に使用しています。

IMG_8999.jpg

IMG_9000.jpg

細かいところはバージョンアップしていきたいのですが、全体としてはまとまってきたと思います。

IMG_9008.jpg

10式さんと。

IMG_9006.jpg

ノリノリw

IMG_8997.jpg

僕と戦車とKaraAgeさんと。
僕らの7日間戦争」を思い出しました。

IMG_9021.jpg

写真撮影に潜入・・・

IMG_9023.jpg

おのぼりさん気分満載。

IMG_9028.jpg

アドリブ上手なKaraAgeさん。

IMG_9047.jpg

IMG_9050.jpg

落ち着きがないおのぼり。

IMG_9040.jpg

ピースとかしないっ!

IMG_9045.jpg

DELTAで集合!
これだけ集まると圧巻ですね!

実はVSR-10を持ち込んでいたのですが、カメラのシャッターがきれなくなるトラブルがあってバタバタしているうちに写真を撮り忘れました。

そんなこんなで、楽しく遊ばせて頂きました。
皆さんありがとうございます。
またよろしくお願いします。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね。

Category: ゲーム

Comment (0)  Trackback (0)

2016.11.13 LE WARS @ RAID



このblogはハクションです。
登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとそこはかとなく関係がある・・・わけがない。

掲載写真には”目隠し”を入れておりますが、もし写真削除のご要望がございましたらコメント欄よりご連絡下さい。

IMG_8219.jpg

2016.11.13 SUN
オラノーヒルズコップさん主催の「LE WARS」に参加してまいりました。
開催フィールドはRAIDさんでした。
各種イベント御用達のタクティカルな市街戦フィールです。
私も何度か伺っていますが、バリケードの配置が絶妙でプレイヤーの技量が問われます。
下手くそはすぐに撃たれます。
・・・はい、私のことですね。

IMG_8666.jpg

当日のワタクシです。
なんだかんだで合計7回に渡って記事を書いたU.S. MARSHAL SOG装備で参戦です。
なんちゃってな部分が結構あるのでお恥ずかしい部分も・・・あんまりじっくりみないで下され。

IMG_8667.jpg

IMG_8669.jpg

IMG_8668.jpg

左右と後ろです。
なんか背中のプレート傾いてますね。我ながら詰めが甘い。

ama001.jpg

今回は部分的にカメラ担当もしておりましたので、こんな感じで会場内をウロウロ。

ama003.jpg

フィールド内もウロウロしてました。

この写真は、「pam_st112」ことS君に撮って頂きました。
とても写真が上手くて、仕上がりを見た時に実は報道関係のプロだったんじゃあるまいかと思ってしまいました。
適当な私の写真と比べると・・・ああ・・・
初めましてに関わらず、色々と撮影のお願いを聞いて頂きありがとうございます。


さて、
LE WARSのblogをチェックされている方はご存じと思いますが、
今回は写真の枚数がとんでもないことになっています。
総枚数が957枚・・・!!!
しかし、ざっくりとNG写真だけ削除してアップロードしたら、まさかそのままURLが掲載されてしまうとは・・・
いやはや、オラノーヒルズの方々はさすがです。人間が大きい。
誉めてますのよ。本当に。

あげく、「おもしろblog期待してるよっ!」と言われてしまい・・・参りましたね。
ハードル上げないで下さいよ。

装備の知識はぜんぜん足りていませんので、
個人的に素敵だと思った写真を多少のコメントを付けつつ紹介して行こうと思います。
写真のセレクトに6時間かけて減らしたつもりなのにまだ200枚くらいある・・・
一文字も書いていないのに満身創痍です。
誰だこんなに写真撮ったの?
俺だった・・・
途中で力尽きたら「その1」とか「その2」とかにして「次回に続く」と思います。あしからず。




IMG_7931.jpg

RAIDさんの送迎車で現場入りすると、すでに装備を着込んだ方々がタバコを吸いながら談笑しています。
ここどこのアメリカ・・・?
普通にNYPDがいるからニューヨークかな?

IMG_7929.jpg

マーシャルがピザを選んでいます。
普通です。とても自然な光景ですけど・・・
普通じゃないよねっ?!
シャッターを切る手が止まりません。
ここ、テーマパークとしてお金取れるよ・・・

最高のピザトラックはGOOD LUCK PIZZA STANDさんのリアル店舗です。
リッター3kmですって・・・凄いね!

IMG_7933.jpg

朝の冷え込みでタバコの煙がきれいにたゆたいます。
この現場感・・・

IMG_7943b.jpg

重装備のマーシャルがにこやかに歩いています。
いや、それ・・・ヤバイでしょう・・・

IMG_7947.jpg

煙の似合うDEA

IMG_7953.jpg

DEA、マーシャル、ギャングユニット・・・きな臭い臭いしかしない。

IMG_7955.jpg

指揮所を作るFBIと打合せをするNYPD
だんだん、フィクションと現実の境界が曖昧になります。

IMG_7944.jpg

コーヒー片手に小走り。
「遅刻、遅刻~」
このあと曲がり角でドーナツを咥えた美人FBIとぶつかってラッキースケベな展開になるのでしょう。
そしてのその後のブリーフィングで再会して「おまえは~!」「あんたは~!」とかやるんでしょう。
夢があっていいなぁ。

IMG_7963.jpg

歩いているだけなのに雰囲気がある。

IMG_7962.jpg

作戦会議か?(フリマに集まっているだけ)

IMG_7966.jpg

先生!渋すぎます!

IMG_8023.jpg

雰囲気あり過ぎなんだよなぁ・・・

IMG_8028.jpg

続々と集うFBI

IMG_8026.jpg

IMG_8030.jpg

「ちょっとおいで・・・」「え?なにするんですか?やめてください・・・ちょっと!助けて!おまわりさーん!」

IMG_7982.jpg

ブリーフィングが始まります。
当たり前ですがPOLICEしかいません。
いや、これおかしいから・・・

IMG_8189.jpg

ハンドマイクを持っているだけの人がイケメンネゴシエーターに見えます。
違いますよ。オラノーヒルズコップさんのゲームマスターです。

IMG_8212.jpg

悪いことを考えている顔をしています。

IMG_8198.jpg

ミリフォトに見える不思議・・・

IMG_8177.jpg

はじまるよー!!

IMG_8183.jpg

IMG_8185.jpg


午前のゲーム
写真いっぱなので適当に・・・

IMG_8228.jpg

IMG_8250.jpg

IMG_8281.jpg

IMG_8275.jpg

IMG_8291.jpg

IMG_8302.jpg

マーシャルバッジを見せながら・・・!!

IMG_8303.jpg

撃つ・・・!
カッコイイ!!

IMG_8313.jpg

休憩も大事。

IMG_8319.jpg

キマリ過ぎです!!

IMG_8317.jpg

IMG_8360.jpg

IMG_8323.jpg

このGLOCKヤバイっすね。

IMG_8097.jpg

ニワトリ?マヨネーズ?

IMG_8338.jpg

IMG_8332.jpg

IMG_8340.jpg

同じSOGのbuzz440さんオラノーヒルズコップのメンバーさんです。

IMG_8145.jpg

ニヤニヤなツーショット。

IMG_8083.jpg

マーシャルは演技派。

IMG_8171.jpg

IMG_8174.jpg

IMG_8170.jpg

IMG_8234.jpg

午前は終了!!

お昼を挟んで撮影タイム

IMG_8365.jpg

buzz440さんとU.S. MARSHAL SOG合わせ。

IMG_8366.jpg

IMG_8367.jpg

こういうアングルを撮ってくれるS君のセンスに脱帽!

IMG_8693.jpg

FirstSpear Strandhögg並べ!

IMG_8696.jpg

これはなかなか撮れない画です。感動!

IMG_8370.jpg

NYPDとも記念撮影。
「ピザ美味しい?」
「うん!」

IMG_8675.jpg

マルガリータ買った!!

IMG_8380.jpg

大人気アメパト。
Ford Crown Victoria。
2台揃うってだけで事件です。

IMG_8443.jpg

IMG_8449.jpg

IMG_8396.jpg

IMG_8472.jpg

IMG_8529.jpg

指が挿す物と数字の意味は?
恐くて聞けません!

IMG_8607.jpg

マーシャル大集合!!
雑多な感じが良いですね。




IMG_8487.jpg

「POLICE LINE DO NOT CROSS」のテープが貼られます。

IMG_8499.jpg

IMG_8518.jpg

みんなくぐりたい(笑)

IMG_8519.jpg

完全に現場写真ですが、
ここはサバイバルゲームフィールドです。

IMG_8507.jpg

「突入まだ?(笑)」

IMG_8508.jpg

「まだだな・・!(キリッ)」

IMG_8524.jpg

調査資料!

IMG_8533.jpg

FBIと打合せ。
ドーナツ10個をセブンイレブンで購入・・・と。

IMG_8531.jpg

「あー、あー、野次馬多いです。どぞー。」

IMG_8523.jpg

「ほらほら、入っちゃダメダメっ!」

IMG_8617.jpg

FBIの鑑識班?
落とし物のGLOCK?

IMG_8623.jpg

IMG_8626.jpg

紙袋も本物です・・・!!!


IMG_8538.jpg

ドヤドヤ現れるガチFBI軍団・・・!

IMG_8402.jpg

持っている物が全て・・・しかも全員・・・

IMG_8430.jpg

IMG_8435.jpg

IMG_8412.jpg

集まる集まる。

IMG_8550.jpg

きちんと並んでいるのも良いのですが、こういうカットが好きなので、こっそり狙っているのです。

IMG_8564.jpg

これで全員と思いきや・・・

IMG_8583.jpg

もっといた!!
凄い迫力です!!

IMG_8628.jpg

SAPさん、カッコイイ・・!

IMG_8654.jpg

サーフボードをリメイクした看板と受付が装備展示棚に。

IMG_8657.jpg

美人FBIがサービスに来ると・・・

IMG_8659.jpg

IMG_8663.jpg

楽しいよねーっww



IMG_8833.jpg

日も傾きはじめて最後のイベントゲームが始まります。
その名も・・・

IMG_8702.jpg

ドーナツ戦!!
<ドーナツ戦ルール>
タイム計測戦
攻撃側:復活有り
防御側:復活無し
防御陣地にある5つのドーナツを攻撃側が完食し、5つめのドーナツを食べ終えたプレイヤーがセーフティーゲートをくぐった時のタイムを計測
タイムが短いチームの勝利


先攻:FBIチーム
防御:マーシャルチーム

IMG_8707.jpg

IMG_8709.jpg

IMG_8713.jpg

夕暮れ時の光はとてもきれいです。
そして、FBI&PDの猛攻が始まる。

IMG_8716.jpg

IMG_8719.jpg

IMG_8727.jpg

IMG_8731.jpg

IMG_8735.jpg

IMG_8745.jpg

IMG_8746.jpg


ここから、
「FBIとPDがドーナツを食べるだけ」です。
なぜか、とてもカッコイイです。

IMG_8772.jpg

IMG_8762.jpg

IMG_8784.jpg

IMG_8777.jpg

IMG_8775.jpg

IMG_8797.jpg

IMG_8794.jpg

IMG_8790.jpg

IMG_8786.jpg

IMG_8798.jpg

IMG_8800.jpg

IMG_8813.jpg

IMG_8809.jpg

IMG_8807.jpg

IMG_8804.jpg

IMG_8817.jpg


はい!みなさんお疲れ様でしたー!!
このゲーム、凄く盛り上がります!!


続いて、マーシャルチームの攻撃。

IMG_8821.jpg

IMG_8830.jpg

撮影のS君も本気です。
かっこいいな。

IMG_8826.jpg

IMG_8841.jpg

IMG_8838.jpg

IMG_8873.jpg

IMG_8874.jpg

IMG_8878.jpg

IMG_8879.jpg

「・・・・」「あーこれヤバイかも」

IMG_8880.jpg

「撤収!」「・・・えっ?」

IMG_8887.jpg

IMG_8883.jpg


さて、
「マーシャルがドーナツを食べるだけ」のお時間です。

IMG_8892.jpg

IMG_8893.jpg

IMG_8894.jpg

IMG_8895.jpg

IMG_8896.jpg

IMG_8897.jpg

IMG_8899.jpg

IMG_8901.jpg

IMG_8904.jpg

IMG_8909.jpg

缶コーヒー持参です。
さすが日頃から食べ慣れているのか、余裕がありますね。
「ドーナツはがっつくもんじゃないんだよ!」
はい!その通りですね!

ちなみに勝負はFBIチームの圧勝でした。


そんなこんなで、ネタと笑いとガチがモリモリ盛り沢山だった「LE WARS」のご報告でした。

IMG_8545.jpg

お世話になった方々です。
ありがとうございました。
また遊んでやってください。

IMG_8634.jpg

主催のオラノーヒルズコップの皆さま。

本当にお疲れ様でした。
とても楽しいゲームでした。
微力ながらお手伝いができて嬉しく思います。
ありがとうございます!

次回は未定とのことですが・・・
1年に1回くらいはやっても良いんじゃない・・・?

IMG_8686.jpg

そんなこんなで、LE WARSでした!

ながながとここまで読んで頂き、本当にありがとうございます!
ではでは、またね!!

Category: 銃器 > VSR-10 G-SPEC

Comment (0)  Trackback (0)

VSR-10 G-SPEC M40A1orM24 SWS type RealWood ver. その2


こんにちは。
FAT4ことCです。

皆さまお元気ですか?
私は微妙です。
さっきから冒頭を書いては消す、書いては消すを繰り返しております。
どうも身体の中からネガティブな言葉しか出てきません。
うーん、良くないなぁー、どうしちゃったんだろう。

さて、
気を取り直そうかな。

兄の元からやってきたOld Rookiesを現場復帰させるシリーズ企画です。
先日、Sっ娘SteyrAUGが無事に現場復帰いたしました。
本日はVSR-10 G-SPECのオーバーホール第2回にして最終回です。

前回の記事はこちら

VSR-10 G-SPEC M40A1orM24 SWS type RealWood ver. その1

M40A1とかM24 SWSとかと木製ストックのお話でした。
今日の中心はオーバーホールです。
たいしたことはしないので、期待しないで下さい。

前回のおさらいとして、計測した初速です。

「NON-HOP」
IMG_7808.jpg

「最大初速HOP値」
IMG_7813.jpg

ノーマルでこれなら、何もいじる必要が無いと思うのです。

オーバーホールはストック交換のついでに、HOPアップパッキンを交換して気密強化を施すくらいです。
それ以上のことはしませんよ。

では、分解。

IMG_7815.jpg

マガジンキャッチの前後にあるネジを六角レンチで抜きます。
これだけでアウターバレルが外せます。

IMG_7816.jpg

こんな感じです。
この時、マガジン着脱の○ボタンとスプリングが外れて飛んでいくことが稀にあるらしいので気を付けて下さい。
木製ストックに交換するので、このパーツも取り外しておきます。
(写真を撮り忘れました)

IMG_7817.jpg

外れました。

IMG_7818.jpg

続いて、チャンバー部分とシリンダー部分を分けます。
固定しているのはこのネジ1つ。

IMG_7819.jpg

固定ネジを抜くとアウターバレルが回せるようになるので、ゆっくりと回転させて外します。
ネジのピッチが細かいせいか、とてもかたくて回ってくれませんでした。
シリコンスプレーを噴きながら慎重に緩めます。
ただネジを回すだけの作業でモノを壊すのが不器用というモノです。

IMG_7820.jpg

なんとか抜けました。
ドキドキしますね。心臓に悪い。

IMG_7821.jpg

マガジンキャッチの基部パーツを外します。
ここも前後にネジ2本です。

IMG_7822.jpg

外れました。
そのまま、HOP調整レバーも外します。ネジ1本です。

IMG_7823.jpg

とれたところ。
これで、チャンバーとインナーバレルが外せるようになります。

IMG_7824.jpg

マガジンキャッチ部分から指をいれて、ぐぐぅーっとシリンダー側に押し出します。
これまた固いのですが、何か工具を使うと破損の原因になりそうなので、指で頑張りました。

IMG_7825.jpg

チャンバーが見えてきました。
ここまで抜ければあと少しです。

IMG_7826.jpg

抜けました。
チャンバーの先にある黒い円形のプラスチックパーツはアウターバレル内でインナーバレルを保持するための部品です。
これが抜きにくい原因なのですが、コイツがガッチリしていないと弾道がブレてしまうので仕方ありません。

IMG_7827.jpg

チャンバーの分解に入ります。
HOP調整レバーを外します。
インナーバレルを挟むネジ2本とチャンバー固定用の1本を外します。

IMG_7828.jpg

チャンバーを固定しているのは銀色のネジ2本です。

IMG_7829.jpg

チャンバーが開きました。
シンプルで堅牢な構造。
写真左側にある給弾レバーのスプリング紛失に注意して下さい。

IMG_7830.jpg

無くしそうなので、給弾レバーとスプリングは待避。

IMG_7831.jpg

インナーバレルを取り外しました。
上にあるのは新品のホップアップパッキンです。
もちろんマルイ純正です。

IMG_7832.jpg

古いパッキンはくっきりと凹みあとがついてしまっています。
長持ちの秘訣は「保管時はNON-HOPにする」です。

IMG_7834.jpg

ステアーAUGと同じようにシーリングテープで気密アップを図ります。
細かい作業で、写真を撮る余裕が無かったので文章でフォローしておきます。

①ホップアップパッキンをはめる前に、インナーバレルをシールテープで1.5周巻いておく。
この時、テープが重なる0.5周分はホップ窓と反対のインナーバレルに切れ込みがある側になる様にしました。

②ホップアップパッキンをはめる。
きつくてはまらない=テープがまくれて剥がれる、というジレンマに悩まされます。
シリコンスプレーをパッキン内側に塗ってなんとか解決。

③パッキンの上からシールテープを2周巻く。(写真の状態)
これでインナーバレルとパッキンの隙間が埋まり、気密は強化されたはずです。

IMG_7835.jpg

チャンバーの出口部分のインナーバレルにもシーリングテープを2周巻いて固定を強化します。
おまじないみたいなものです。

IMG_7836.jpg

チャンバーを閉じました。
シールテープで厚くなった分だけピタッと閉じてはくれないのですが、
それをネジ止めでぎゅーっと締めることで気密が保たれると思いたい。

IMG_7839.jpg

ここでカスタムアイテム登場!

●ライラクス PSS10 バレルスペーサー G-SPEC用
PSG-1の集弾性アップにかなりの効果があったので、こちらでも採用してみました。

IMG_7840.jpg

こんな風にインナーバレルに取り付けることで、大口径のアウターバレル内でインナーバレルがブレるのを防ぎます。
これまた固いのですが、頑張ってインナーバレルに取り付けます。
ずれてしまうと意味が無いので、スペーサーの内側はオイル厳禁です。
一方で、アウターバレルにはスムーズに入って欲しいので、スペーサーの外側のパッキンにはシリコンスプレーを塗ります。

IMG_7842.jpg

インナーバレルが短いので、付けたところで変化は無いかもしれません。

IMG_7844.jpg

チャンバー&インナーバレルIN!

IMG_7845.jpg

手順通りに組み直し。

IMG_7846.jpg

固くて心臓に悪かったネジ部分には薄くグリスを塗っておくことにします。
本来はガッチリ固定する必要があり、グリスは御法度な部分だと思いますが、壊れるよりはましということで。

IMG_7847.jpg

シリンダー部分と連結完了。
グリスのおかげでストレスフリーでした。

IMG_7850.jpg

IMG_7852.jpg

(有)ナカヤ製木製ストック VSR-10・Gスペック対応 M40タイプ (NV120)と合体!!

ポン付けが売りでしたが、マガジンキャッチ部分が上手くはまらず、リューターで内側を削る加工が必要でした。
削ったせいで、マガジンキャッチの○ボタンスイッチのスプリングが簡単に外れるようになってしまい・・・
一度取り付けたら、スプリング紛失が恐くてバラせない仕様に・・・
削った部分の写真が無いのはそういう理由です。
不器用でごめんなさい。

とはいえ、蜜蝋ワックスを塗った木製ストックは雰囲気最高ですね。
これはかなり良い!

IMG_7857.jpg

ここでさらなるカスタムパーツ!

●ライラクス PSS10 リアルマウントベース:レミントンタイプ
レミントン!Remington!!
排莢部分が大胆にカットされているのがカッコイイ!!

IMG_7853.jpg

シンプルなマルイ純正が野暮ったく見えてきます。

IMG_7859.jpg

これは渋い!さりげないパーツですが、渋さの増し具合が凄い。
木と黒鋼の隙間で輝くシリンダーの美しさ!!
うーむ、セクシー。

IMG_7865.jpg

リューポルドM1スコープのレプリカを搭載!

IMG_7866.jpg

これは・・・!!

IMG_7870.jpg

IMG_7868.jpg

ストックが木製になっただけなのに、この印象の違いはなぜなのしょう!?
やはりライフルは木なのです。
木は漢の浪漫なのです。
素晴らしい!
秋はハンティングの季節。今すぐ野山を歩きたい。
これさえあればヒグマ狩りも難なくこなせそうな気がする・・・!!

ジーパンにマウンテンパーカーがそのままハンター衣装になるから、最軽量装備でフィールドに行けてしまう。
エアコキって凄いな。

そして、気になる初速計測。

「NON-HOP」
89.7MPS→

IMG_7872.jpg

あれ?

「最大初速HOP値」
92.87MPS→

IMG_7877.jpg

あれれ?
落ちてますやん・・・?

悪い数値ではありませんが、気になりますね。

とはいえ、原因はなんとなく解っているのです。
木製ストックを取り付ける時に、マガジンキャッチの基部周辺を削ったと書きましたね。
そこのアタリが出ていないということは、マガジンからの給弾付近で気密の低下が起きている可能性は大いにあります。

面倒を承知で元のストックに戻して計測してみたところ、
初速は93.5ほど出ていました。
チャンバーの気密強化で初速は1ほど上がっていることになります。
ただ、木製ストックとの相性で初速が2落ち、結果としてのマイナス1。

とはいえ、90を越えていたら充分ではないですか?
ということで、これ以上のことはしません!
ノーマルが一番!ノーマルが最高!!

IMG_7863.jpg

IMG_7861.jpg

VSR-10 G-SPEC M40A1orM24 SWS type RealWood ver.の完成です!!
 
やっぱりサプレッサーが気になりますが・・・・
VFCのアレがハイダーとセットで欲しくなります・・・
またお金貯めよう。

そんなこんなで終了!
次のDELTAっぽい装備の時にこっそり持って行こうかな。
エアコキのライフルは初めてのジャンルなので、速くゲームで使ってみたい!!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね!

Category: 装備 > LE

Comment (0)  Trackback (0)

なれる!SOG 6


こんにちは。
FAT4ことCです。

ああぁぁぁあああーーーーーっ!!
やっときた!
やっとここまできましたよ!!

「なれる!SOG 6」最終回のM4編でございます!

写真はあるのにblogを書く時間が無い!
本当にストレス!!
VSR-10を前後編にしてなんとか滑り込み!!

来週はいよいよ「LE WARS」です!!
忘れてなんていないよ!
そう!忙しかったの!それだけ!本当!!
誰に何を言い訳しているのやら・・・

とはいえ、開催前の一週間はずっと「なれるSOG!」の記事が出ているようにしようとは思っておりました!

Raise a fist!(拳を突き上げろ!)
Stamp a floor!(床を踏みならせ!)


来週は? LE WARS!!
準備万端? LE WARS!!
みんな待ってた? LE WARS!!!
YEAH!! HAAA!!!最高だぜ!ブラザー!!


テンションアゲアゲでございます。
今日やろうと思っていた準備が全くできておりませんが、まぁなんとかなるでしょう。
あと当日のワタクシ、カメラマンもやるらしいですよ。ヤバイね。
蛍光イエローのビブスを付けてカメラを持ったU.S. MARSHAL SOGがいたら、最高のキメポーズをお願いします。

さて、本題に入ります。

ここまでのお話。

なれる!SOG プレキャリ編
なれる!SOG 2 プレキャリ編2
なれる!SOG 3 コンバットシャツ・パンツ編
なれる!SOG 4 ベルト回り装備編
なれる!SOG 3.5 コンバットシャツ・パンツ編2
なれる!SOG 5 パッチ・ヘルメット編

今回は最後の締め、鉄砲のご紹介です。
あるものをかき集めただけですが、そこはそれ、それなりにみたいな感じに感じて・・・Don't think feel.

IMG_7465.jpg

でーん!!
いきなり完成写真です。

そして、参考資料の写真。

slider-issue5-001-550x300_201611062155137c0.jpg

使用しているレイルは割とフリーダムなようですね。
ただこの方のレイルはDaniel Defense Omega Rail RAS 12インチではないかと・・・
違っていたらごめんなさい。
たまたまワタクシのM4にはOmega Rail RAS 9インチ仕様がありましてね。
いやー、本当に都合がよろしい!
間違っていたらごめんなさい。


mc-pictures-eric-frein-manhunt-monday-002_2016110621551419f.jpg

・サイトはEoTech EXPS3らしき形状。
これはレプリカで持っておりました。
・ブースターは、EOTech 3X Magnifierのようです。
こちらはちょっと形が違うのですが、ノーベルアームズのx3マグニファイアがありましたのでそれを使用。
・ストックはVltor EMODですね。
マルイ次世代CQB-Rの純正装備そのままでOKというレアケース。
このストック交換した後で売り払っちゃったのです。買い戻しも考えましたが予想以上に高価で断念。
・サイレンサーは写真の上の方のがKNIGHT'S M4 QDサプレッサーですね。
これも持っていましたので、そのまま採用。
下の方のはハイダーと1枚目の写真からSurefire FA556ARではないかと。MADBULLからレプリカが発売されています。
・レイル上部のライトは定番のLA-5
こちらもレプリカがあるので、なんなくクリアしました。
・ライトはInsight WMX200のブラックだと思います。
ブロンズカラーがMARSOCの使用で有名になったライトです。レプリカも色々と出回ってだんだん質が向上しているようです。
私は持っていません!レプリカでも高いんですもん・・・!

ざっくり概要は書きましたので、あとは写真で補足をしましょうか。

IMG_7468.jpg

・KNIGHT'S M4 QDサプレッサー
ピントが合っていないのはご愛敬です。
MARSOC版M4用ということで黒を塗装してます。

・グリップはMagpul AFG(Angled Forend Grip)レプリカ
2ではなく少し大きい旧型の方です。
私は握りやすさで旧型が好みなのです。

IMG_7479.jpg

細かいポイントのバレルの長さ。
LEのM4はこの絶妙な長さらしいです(何インチか忘れました)
オラノーヒルズコップの方々の素敵なトレポンM4について聞いたところ、製品としては存在しない長さらしく、オーダーしてカットしているそうです。
すごい拘りです。
ワタクシのはCQB-Rサイズの10.5インチアウターバレルエチゴヤさんのバレルエクステンションを付けただけです。
エクステンションバレルの長さは1.5インチだったと思います。たぶん。

IMG_7478.jpg

普通のM4 SOPMODとバレルの長さを比較。
LEのバレルは12インチということになるのかしら・・・
11.5インチな気もします。間違っていっそうなので信じないでください。

IMG_7471.jpg

MARSOCなMK18mod1のQRコードが見えてしまいました。

IMG_7472.jpg

いつものようにパーマセルテープで隠します。

IMG_7475.jpg

Insight WMX200の代わりにSUREFIRE M600cレプリカを装着しました。
遠くから見れば・・・ダメだ。バレますね。目を細めるんだ!ほら!ほら!

IMG_7474.jpg

IMG_7470.jpg

EoTech EXPS3、3X Magnifier、クレーンストック
微妙に違うけれど大外れではないかな。

IMG_7473.jpg

IMG_7465_2016110623083096c.jpg

IMG_7483.jpg

IMG_7484.jpg

全体とサプレッサーを外した状態。
U.S. MARSHAL SOGを真似しただけあって、非常に使いやすいセットアップです。

IMG_7477.jpg

slider-issue5-001-550x300_201611062155137c0.jpg

IMG_7467.jpg

写真を撮り忘れましたが、マガジンはMagpulにします。

やはり、銃が仕上がるとドキドキしてきます。
来週が楽しみです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね!

Category: 銃器 > VSR-10 G-SPEC

Comment (0)  Trackback (0)

VSR-10 G-SPEC M40A1orM24 SWS type RealWood ver. その1


こんにちは。
FAT4ことCです。

寝て起きたら12時間経っていた・・・
今日の午前中は自転車に乗る予定だったのに。
疲労蓄積の自覚がなかったので、身体が警告を発したのでしょう。

学生の頃はお医者様に「若さを過信するな」などと言われておりましたが、
「体力維持をするために運動する体力がない」というのもダメ人間筆頭な感じがして、そそるものがありますね。
関係ないけれど、医者に「様」を付けるとエロい響きになるのはなぜでしょう。
世界は今日も未知で満たされております。

閑話休題。

さて、
兄の元からやってきたOld Rookiesを現場復帰させるシリーズ企画です。
先日、Sっ娘SteyrAUGが無事に現場復帰いたしまして、今回からはVSR-10 G-SPECが始まります。
中身はチャンバーパッキンを交換するだけなのに、なぜか長くなるこのシリーズです。
はてさて、今回はどんなトラブルに巻き込まれてしまうのか・・・

外装はInstagramでも「渋い!」とのコメントを多く頂いた木製ストックです。
お祭りの射的に胸がドキワクして育った世代ですからね。
エアコッキングライフルと言えば木製ストックです。
漢の浪漫です。
言葉は要らない。
見れば解る。
確信です。

整備開始前に初速を測定しました。
自分の腕ではデチューン(悪化チューニング)になる可能性もありますので、基準値として計測しておくことにしました。

IMG_7808.jpg

NON-HOPの値です。
銃身横のHOPレバーを1番前にした状態ですね。
そこから、5メモリ(5mm)ずつHOPをかけて計測し、最も初速が出たところを暫定的に最高初速ポイントとして記録しました。

IMG_7813.jpg

これがその数値です。
位置はHOPのMAXポイントから5mm緩めたところです。
実際にはHOPが強すぎて適正値ではないのですが、初速を法規内にするための計測でもありますから、この位置と初速を把握しておくことは必要です。
それにしても、ノーマルでこの初速!!
東京マルイVSR-10 G-SPECにカスタムなんて必要あるのかな?

そして、待望の一品!!

IMG_7791.jpg

IMG_7792.jpg

ほらカッコイイ!
あらカッコイイ!!

ね?
言葉なんて要らないのです。
木製ストックは正義。
勧善懲悪もびっくりです。

(有)ナカヤ製木製ストック VSR-10・Gスペック対応 M40タイプ (NV120)

ECHIGOYA南福岡店さんからやってまいりました。
VSR10用の木製ストックは各社が販売しており、根強い人気がありますのでそれほど入手困難ではありません。
ただ、これがG-SPEC用となるとそうはいかないのです。
VSR-10 G-SPECはマルイがサバイバル-ゲーム特化型のエアコッキングライフルとして発売したモデルです。
ショートインナーバレル、サイレンサーといった装備は取り回しのよさとスニーキングの向上をねらっているのですが、
結果としてベースになったRemington M700(レミントンM700) からは遠ざかった外観の仮想銃になってしまっています。
ですから、実銃を意識した外装カスタムのベースにG-SPECを選ぶユーザーは少ないのです。
普通の人はプロスナイパーを買います。普通はね・・・
そんなわけでG-SPEC対応の木製ストックとなると、そもそも数が少ない。当然、在庫もない。
一度は諦めて中古の出品を待つしか無いと思ったのですが、そこで登場したECHIGOYA南福岡店さんです。
VSR-10用の木製ストックの在庫が兎に角多いのです。
G-SPEC対応と明記されていないストックもいくつかありましたので、とりあえず電話して聞いてみました。

「ネット店で在庫有りになっているUFCの木製ストックってG-SPEC対応してますか?」
「あーそれは非対応ですねー。G-SPEC対応品はそう書くようにしていますので、何も書いていないのは全て非対応になります。」
「あー、そうするとG-SPECに使える木製ストックの在庫は無いってことですよね・・・」
「え?いやー、あったと思いますよ。ちょっと待ってもらえます?」
「マジっすか?!」
「ナカヤのNV120が1個だけありますね。あー、これ値上がりもあってサイト更新してないのか・・・」
「マジっすかっ!!」
「どうされます?やっぱりUFCが・・・」
「・・・それ、買います!」
「え?」
「それ、買いますっ!!」

ちょろいな、自分・・・
電話って大切ですね。
電脳時代とはいえ、サイトに反映されていない情報はまだまだあるようです。

IMG_7794.jpg

ストックが延長され、指を添えるための凹みがあるのでとても構えやすくなっています。
M40A1ポイントその1です。

IMG_7795.jpg

チーク部分の盛りがりによりサイトの除きやすさも増しています。
M40A1ポイントその2です。

IMG_7796.jpg

肩に当てるとまったくずれないゴムパッド。

IMG_7797.jpg

コッキングレバー用の凹みがG-SPEC対応なのかな・・・

IMG_7798.jpg

ポン付けが売りだけに同型状に見えます。
スリングやバイポッドを取り付ける気などサラサラない男気溢れる仕様。
(安価なブナ材を使用していますので、強度的に取り付ける割れるのだと思います。)

途中で書いた「M40A1ポイント」について補足します。
この、(有)ナカヤ製木製ストック VSR-10・Gスペック対応 M40タイプ (NV120)のM40とはなんじゃらほい?ということです。
お詳しい方は当然ご存じと思いますが、M40とは海兵隊による独自カスタムシリーズのことです。
Remington M700をベースに1970年代からM40と呼ばれるカスタムシリーズが制作されております。
M40A1にはじまり、現在M40A5まで確認されているようです。

そうです。
先日、東京マルイから発表されたM40A5です。MARSOC装備な方々からはやっとこさ、という感じでしょうか。熱い。

ナカヤさんがM40タイプとお茶を濁しているのは、M40A1を意識しているもののそこまで精巧に再現しているわけでもないからなのかな。

例の様にワタクシこの辺りは全くよく分かっておりません。
今回は、サバゲーのロマンさんの「「M24 SWS」と「M40」についての考察」を熟読させていただきました。
非常に解りやすいので、皆さんも是非読んでみて下さい。

陸特DELTA的には「M24 SWS」の木製ストックバージョンという自分設定にしておこうかな。
スコープも同じリューポルドM1タイプだし、誤魔化せる気がする。ダメですか?

さて、
せっかくの木製ストックですから、装着前にワックスの強化しておきましょう。

IMG_7804.jpg

●ベル・ナチュレ白木用オイルワックス
http://www.ecoshop-suga.com/toryo-siraki.htm
M14の木製ストックにも使用したいわゆる「蜜蝋ワックス」というヤツですが、小分けしたワックスを蜂蜜の瓶に入れるところがやはりワタクシのオカンですね。
発想が似ている。

<塗る前>
IMG_7799.jpg

<塗った後>
IMG_7805.jpg

ワックスの乾燥には半日くらいかけています。
少しだけテカり感が増しました。
見た目の変化は少ないのですが、撥水効果もありますし手に吸い付く感じが違います。

そんな感じで、今回はここまでです。
次回で組み込み完成の予定。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。


Category: 銃器 > ステアーAUG

Comment (0)  Trackback (0)

Steyr AUG 外装編


こんにちは。
FAT4ことCです。

なんでこうも忙しいのかな。
やれやれ。

気を取り直そう。

兄の元からやってきたOld Rookiesを現場復帰させる企画のステアーAUGシリーズ。
今回で一応最終回です。

今までのお話はこちら。

Steyr AUG メカボックス編

Steyr AUG チャンバー編

今回は外装編。
パーツ交換するだけのはずが、適当に済ませようとしたせいでちょっと大変でした。
そんなレイルの話から。

IMG_7491.jpg

ステアーAUGのレイルです。
現在主流のピカティニー規格では無く、その原型となったウィーバー規格になっています。
実銃準拠ということですが、正直不便です。
これなんとか交換できないものかしら・・・
調べてみると専用のカスタムパーツも販売されていたようですが、在庫無し。
今どきステアーAUGを使う人いなんだろうなー。
もう少し突っ込んで調べてみると、FORTRESSさんのblogを発見しました。
SIGHTRON JAPAN(旧TASCO)PSG-1用マウントベースがポン付けできるそうです。
おぉー、それは素晴らしい。
ということで、探してみましたが・・・無い。
もうちょっとしっかり探せばどこかに有ったのではないかと思うのですが、
LayLax製のPSG-1マウントベースがそこら中で売っていましたので、同じPSG-1用ですし問題ないでしょうと気軽に買ってしまいました。

IMG_7493.jpg

これです。

IMG_7494.jpg

塗装もきれいですし、軽くて良い感じの品です。
付属のネジは短いので使用しません。

IMG_7497.jpg

マルイ純正のウィーバー規格と比べてみました。
ピカティニーレイルって良いね。

IMG_7500.jpg

取り外して比較。
レイルの溝の深さも違います。
ウィーバー規格は浅いので取り付けられないスコープマウントもあります。

でも、なーんかネジ穴の位置が微妙に違う様な・・・

IMG_7502.jpg

ポン付けできませんでした。
ドリルでフレーム側の穴を拡大しました。
右側の方です。
3mmくらい後ろ側に広げられれば良かったのですが、形状的に作業がしにくいのとご自慢の亜鉛ダイキャスト製フレームが堅い。
穴一つに2時間も格闘する羽目になるとは・・・
Sっ娘健在です。
皆さんもパーツはしっかりと銃に合った物を選びましょう。
常識ですね。すみません。

IMG_7505.jpg

見た目はこんな感じになりました。
知らないと、元からこうだと思ってしまいますね。違和感無し。

IMG_7538.jpg

続いて、最大の懸念だったロアーとアッパーの取り外しボタンがスカスカ問題。
ボタンの下に有る凹みに固定用金具のツメが引っかかっているはずなのですが、欠品しているのでありません。

IMG_7653.jpg

ヤフオクでジャンク品を購入してパーツを抜き取りました。
ジャンク品はメカボックスのない部分的なパーツだけの品を購入しています。
フルで一丁買ってしまうと、治さなきゃいけない娘が増えるだけですからね。
若干お金を無駄にした気もしますが仕方がありません。
ポリシーとか拘りと言うこともできますが、どちらかというと後味が悪いのが嫌なだけです。
一人を救うために一人を犠牲にする、というのが嫌なのです。
私が購入したジャンク品パーツも、そこには必ずご臨終になった誰かがいるのですが・・・
ただ、治せるのに、助けられるのに、パーツ取り機体として使う、というのはどうにもね。
命の選択です。

おもちゃの鉄砲に何を言っているのやら・・・

ただ、私が今後もこのSっ娘Steyr AUGと良好な関係で居続けるためには、後ろめたいことは避けるに越したことはありません。

IMG_7535.jpg

ボタンパーツの方も分解してみました。

IMG_7536.jpg

スプリングの穴に六角ナットを仕込んで底上げします。
これで調整スプリングの固定強化ができるはず。

IMG_7537.jpg

こんな感じにナットを入れただけです。

これで、かっちりカチカチスイッチが動くようになりました。
フレームの固定も劇的に改善!
(写真を撮り忘れました)

IMG_7527.jpg

動きの渋さが気になったので、セーフ、セミ、フルの切り替えレバーも取り外してみました。
どうやって外すの??
となりましたが、ぐっと押し込んでみたら外れました。

IMG_7528.jpg

取り出した切り替えレバー。
固定金具の構造がフレーム固定スイッチと同じなので、金属パーツを無くさないようにしないと。

本来マルイ製のステアーAUGはセミオートとフルオートの切り替えをレバーで行うことはできません。
トリガーを軽く引くとセミオート、奥まで引き込むとフルオート、というファジーな設定です。
セミオート戦とかどうするのよ、という困った銃です。
ステアーハイサイクルではこの点が改善されて、セミオートの切り替えが可能になりました。

ただ、このステアーAUGはセミオート切り替えが可能になっていましたので、何かカスタムがされているのかなと・・・

本来中央位置(白丸側)にしかないはずの溝が、左側にもう一つあります。
左側の溝位置がセミオート用なのですね。
わざわざステアーハイサイクルのスイッチを組み込んだのかと思ったら、研磨で溝を作ってありました。
エチゴヤさんさすがエチゴヤですね。
こういう加工技術のカスタムは感動します。職人の技だなー。凄い!

IMG_7880.jpg

最後にジャンク品からコッキングハンドルを移植して完成です。
バネが多くてコツのいる作業ですが、自分で分解して組み直すならさほど苦労はしないと思います。
(写真取り忘れました)

IMG_7881.jpg

IMG_7882.jpg

こんなふうにレバーが動きます。
ノーマルに戻っただけなのに、妙な感動があります。
欠品パーツが全て揃うと嬉しいものです。

IMG_7883.jpg

これでHOPの調整が劇的に楽になりました。
いやー良かった良かった。

せっかくピカニティーレイルに変わったので色々と付けてみます。

IMG_7887.jpg

ELCAN SPECTER DR(なんちゃって塗装版)
でかくて重いので今ひとつ。

IMG_7885.jpg

・EOTech 551(レプリカ)
年代的にはこの辺ですかね。割と雰囲気あるかも。

IMG_7886.jpg

・COMP M(レプリカ)
これも味があります。COMP MはM14など少し古い銃によく似合う万能サイトですね。
マウントが少し高いかな。

IMG_7884.jpg

・ノーベルアームズTAC ONE(NFキャップ付き)
やっぱりこれが落ち着きますね。TAC ONEは本当に便利です。

さて、
これにて東京マルイステアーAUGのオーバーホール終了です。
大変でしたが上手く仕上がって良かった。

今後はUO装備の時の鉄砲セレクトに悩むことになりそうです。

PSG-1M14、ステアーAUG、我が家のマルイスタンダード電動ガンはロングバレルの定番外れな銃ばかりですね。
流行の銃ではありませんが、どれも次世代と勝負できる性能の良銃です。
まだまだ、現役。
楽しいサバイバルゲームライフを過ごしていきたいものです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。

Category: 銃器 > ステアーAUG

Comment (0)  Trackback (0)

Steyr AUG チャンバー編


こんにちは。
FAT4ことCです。

兄の元からやってきたOld Rookiesを現場復帰させる企画の第一弾です。
ステアーAUGをオーバーホールするシリーズの第二回です。

散々だった第一回はこちら。

Steyr AUG メカボックス編

今回はインナーバレルとチャンバーについてです。
比較的難易度の低いカスタムポイントなので安心です。
迷走を重ねたメカボックスと同時進行していたせいで、
初速低下の原因がチャンバーにある可能性も考慮して色々と仕込みました。
結果として完成度の高い仕上がりになったので良しとしましょう。
今回試した気密向上施策は、この後に続くVSR-10 G-SPECのオーバーホールにも適用する予定でしたので、良い試金石になりました。

IMG_7512_201611012155472aa.jpg

前回同様の分解図から。
アッパーからもレバー操作一つでアウターバレルが引き抜けます。
分解とも言えないレベルの仕様なので、写真は省略します。
どうしても知りたい方は、東京マルイのHPから取扱説明書のPDFをダウンロードしてみてください。
中古の鉄砲に手を出す時は、Googleさんでカスタム記事のblogを探す前に、
まずマニュアルを熟読してみましょう。
それだけで解決することは案外たくさんあります。
欠品しているパーツが何かも分かりますしね。

IMG_7601.jpg

取り出したアウターバレルとそのチャンバー部分です。

IMG_7594.jpg

小さなネジ2本を緩めるとインナーバレルが取り出せます。とても簡単です。

IMG_7596_2016110122061513d.jpg

チャンバーに目立った外傷はありません。
劣化があるとすれば中身なので、気は緩めませんよ。

IMG_7597.jpg

インナーバレルを固定しているプラスチックのCリングをマイナスドライバーで外します。
ポーンと飛んでいってしまうことがあるので注意してください。

IMG_7599.jpg

ピンを抜いてホップ調整アームを取り外した後で、インナーバレルを引き抜きます。
この時、ホップパッキンがチャンバー内に残ってしまい取り出すのに苦労しました。
これ上手く同時に抜く方法があるのですかね?

パッキンはマルイ純正を使用していました。

IMG_7598.jpg

取り付けられていたカスタムインナーバレル。
ホップ部分に取り付けられた独特のシルバーパーツの形状から参式滑空銃身と割り出しました。
ORGAさんのマグナスHDバレルと並んで集弾性能に定評のあるバレルです。
撮影し忘れてしまいましたが全長は590mmありました。
PSG-1とVSR-10(G-SPEC除く)にしか使用できない長さです。
ブルパップ方式のステアーAUGは他の電動ガンより長いバレルを使用できますが、それでもアウターバレルからインナーバレルがはみ出す長さです。

IMG_7512_201611012155472aa.jpg

再度冒頭の写真。
アッパーの右端にチャンバーがあります。
インナーバレルはこのチャンバーからサイレンサーの真ん中くらいまであるのです。
長すぎるインナーバレルをサイレンサーで隠していたのです。
変態的な長さへのこだわり。
それ故に期待も高まります。

IMG_7600.jpg

新品のマルイホップアップパッキン。

IMG_7634.jpg

同じく新品の純正チャンバーセットも買ってきました。
どちらもフロンティアさんです。

IMG_7635.jpg

チャンバーセットの中身です。
本当は買う予定はなかったのですが、店頭で眺めているうちに気がついてしまった・・・!!
なんか金のリングが入っている!!
うちの娘をバラした時には出てこなかったのに!!
この欠品が原因で気密低下が起こり、初速が落ちているのではないか、そう考えたわけです。

さらに手を打ちます。

IMG_7639.jpg

インナーバレル固定のCリングがはまる凹みとゴールドリングの位置が合う様に慎重にホップアップパッキンを切りました。

IMG_7641.jpg

そしてシールテープを一周分巻きます。
それ以上巻くと厚みが増して、チャンバー内にパッキンが入らなくなります。

IMG_7649.jpg

そしてゴールドリングをはめて、凹みにかかったシールテープはカッターで切り取りました。
こうすることで、パッキンとインナーバレルの気密は保たれるはずです。

IMG_7674_201611012247267c3.jpg

IMG_7675_20161101224728d89.jpg

結果の初速です。

完成後、HEADSHOTでのゼロインでは40mの距離で我が家のカスタム次世代M4と同程度の集弾性能を発揮しました。
飛距離も同等です。

シーリングノズル交換、シリンダーヘッドの気密強化、メカボックスとチャンバーの圧着強化。
実は今回のオーバーホールのテーマは気密強化だったのです。

スプリング強化等のメカボックス内のカスタムはどうしても機体に負担をかけます。
カスタムをするということはバランスを崩すということです。
性能を上げる代償に耐久性を犠牲にしています。つまり寿命が短くなる。
マルイ純正の箱だし状態が最もバランスの良い状態なら、そこからなるべくバランスを崩さず、パーツを交換せずに性能を引き上げる方法はないか。
それがシールテープを用いた気密強化です。
昔からお手軽カスタムとして用いられている手法なので、今さらに語るまでもない話ですが、
しかし「とりあえず強化パーツを導入する」という手法でカスタムライフをスタートしてしまった私には斬新な発想でした。

とくに今回のSteyr AUGはパーツ欠損やテープ止め補強で戦闘を乗り切ってきたような歴戦の銃です。
せっかくのオーバーホールですから、なるべくノーマルに近く負担が減るような仕組みに作りかえてあげたかった。

本人が予想外のSっ気の持ち主で、私の心が折れそうになりましたが・・・
こちらの意図が少しでも伝わると良いのですがね。

さて、次回はいよいよSteyr AUG最終回。
外装編になります。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。


続き

Steyr AUG 外装編

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2016