WATCH YOUR SIX !

Category: ゲーム > 写真

Comment (0)  Trackback (0)

12.26 HEAD SHOT Team9012FESTIVAL


こんにちは。
FAT4ことCです。

今年最後のゲームと言ったな、あれは嘘だ!
だって行きたかったんだもん!
行きたい気持ちに嘘はつけない!
F.A.T.C.R.Y.メンバーいないけどめげない!

そんなこんなで、先週に引き続きTEAM9012さん主催の貸切戦にHEAD SHOTへ行って参りました。
本当に今年最後のゲームということで、ゲストにアイドルな方々が登場・参戦したり、豪華景品プレゼントのジャンケン大会があったりと、盛りだくさんな内容でした。
HEAD SHOTさんも全面協力で、ゲーム進行やホットスナック販売など、普段なら定例会のみのサービスを惜しみなく提供して下さりました。
本当にありがとうございます!
参加人数は50人前後くらいだったでしょうか、程よい数でフィールドを目一杯使ってゲームを楽しめました。

そして・・・
またカメラが壊れる・・・

なぜだーっ!!
本日、色々を調べましたところ、バッテリーの劣化度がアカン値になっておりました。
カメラにバッテリー寿命チェック機能があるなんて知らなかったんだ!
どうりで、充電残量はMAXなのに「電源を入れ直して下さい」エラーが出るわけです。
カードが原因かと思ってましたよ。
お騒がせしました!すみません!

かろうじてカメラが駆動していた時の写真から・・・

IMG_4286.jpg

午前9時過ぎのHEAD SHOT。
晴れて風も弱く、ゲーム日和でした。

IMG_4288.jpg

今回も同行して下さったakimo10さんのメインアームズ。
奥がAS Val。
ストックに迷彩テープが巻かれました。AS Valに合わせてロシア装備が増えていくそうです。スペツナズ素敵!
手前がカスタムVSR-10。
リアルウッドストックが美しく輝きます。
実はストックのバイポッド取り付け部分が割れたため、パテで埋めなおしてから木目塗装しているそうですが、違和感無しでまったくわかりません。凄い技術。
ボルトアクションでのスナイピングには憧れますね。

IMG_5512.jpg

iPhoneで撮影したAS Valのスコープ。
なぜこんなアングル撮ってしまったのか・・・
ロシア製らしいゴツさがたまりません。

IMG_5513.jpg

VSR-10のスコープ。
こちらもiPhone撮影。
なんか凄くガチな感じがします。やれ具合が木製ストックに合っていて素晴らしい。
詳しくなくてすみません。
でもウオータープルーフ(防水)とか書いてあるし、きっと銘のある品に違いない。

IMG_4300.jpg

ワタクシのM14
(この微妙なアングル写真を最後にマイカメラは力尽きました)
特に目新しいところはなく、リアルウッドストックとスコープマウントを取り付け、多少の塗装をした以外は中身はノーマルのままです。
今回はakimo10さんとリアルウッドストック合わせといことで!


28860921_2015-12-27_10-30-46_DSC_0059b.jpg

今回の記念撮影!
akimo10さんのNIKONで撮影して頂きました。ありがとうございます!

中央左がワタクシ、中央右がakimo10さんです。
二人ともなんか固い(苦笑)
左の方が、らんまるぽむぽむタイプαさん。
一度ブッシュに潜んでいるところをフレンドリーファイアしちゃいました!ごめんなさい!
Watch your six!(後方注意!)
無制限復活戦だったのがせめてもの救いでした。
ナイトカモに興味を持たれたご様子。ガスマスクに合いますからね。
右の方が、戦え!!ぴっちょりーな☆さん。
最後のメディック戦で、復活効果を利用した突撃作戦が失敗に終わったのは残念でしたが、何度も助けて頂きました。
敵同士の時も、遠距離で建物の窓越しに手を振ってみたら振り替えしてくれたりと、お茶目な方でした。
そのあとメチャクチャ撃たれましたが。

IMG_5517.jpg

ぴっちょりーなさんのカスタムP90。
存在感ハンパねぇっす!

お二人のおかげもあってか、終始盛り上がったゲームができました。
影ながら応援しております。
今後も活動頑張って下さい!

IMG_5523.jpg

あと、これジャンケン大会の景品です。
残念賞でこれですから、凄いですよね。
ハンドガンが△丁、次世代が△丁、他にMP7やサイト類や、さらに驚愕の特別賞まで・・・
こんな豪華で大丈夫ですか?と不安になるレベルの豪華さ。
末永くお付き合いさせて頂きたいと思いました。
是非是非、来年もよろしくお願いします。

さて、恒例の装備写真です。
撮影はやっぱりakimo10さんとそのNIKON!
本当にすみません!
本当にありがとうございます!

28860877_2015-12-27_10-27-57_DSC_0044.jpg

どこかで見たようなナイトカモ装備。
4月にCAMP DEVGRUへ行った時とほぼ同じです。
そんなにポンポン装備は増えないよ!
今回は「ATV-TEK Pro Rider ダストマスク」を追加。すぐずれてしまうのですが、口元のカバーとしては充分です。
これで歯が欠ける心配も減ります。

あと背景のイカスJEEPは、やっぱりやっぱりakimo10さんのWranglerです!
シビれるかっこよさ!テンション上がりまくりました!
コイツで駅からの送迎までして頂きました!
撮影どころか小道具の提供まで、何から何までありがとうございます!
次のゲームでは、本当に何かお返しを!
カメラ問題も解決したし戦場カメラマンとかしますから!

28860878_2015-12-27_10-28-12_DSC_0045.jpg

28860895_2015-12-27_10-29-17_DSC_0050b.jpg

今回のアーマーはPACAではなく、BALCSです。
まさかの「愉快全快エアガン日記」さんで紹介!という大事件があったので、舞い上がっております。
ありがたや、ありがたや。
リグもAKチェストリグから五六式弾帯へ変更しました。
BALCSと五六式の組みあわせは、特にお気に入りです。

28860886_2015-12-27_10-28-48_DSC_0048.jpg

背面。
ナイトカモ=夜。ということで多少アイテムを変えています。
最初に組んだ時よりも、夜用品、メディック用品を意識して、アイテムも黒かそれに近しいものにしています。

elcs001_201512271847216f1.jpg

基本はこの方の近代版アレンジUO(UNKNOWN OPERATOR)のつもりだったのですが、色々やり過ぎてまとまらなくなっている感じですね。
引き算が足りないかなぁ。
「終末系装備ですか?」と声をかけて下さった方がいて、嬉しいとともに発見でした。
対ゾンビ装備という設定はアリかもしれない・・・!
Instagramでもロシアの方がわざわざ英語で「The Division?」と問い合わせてくれまして・・・
何のことか解らなくて調べてみたらゲームでしたね。これまた終末系。
ロングコート、布かぶり、そして満載リュック、この組みあわせで終末になるのかもしれない。
うんうん、勉強になった。

終末と言えば、「終末なにしてますか?・・・」シリーズの4巻も12/26発売でした。
全然関係ないですけどね。超絶脱線ですけどね。
本当にすみません。
うん、でもたぶんそのうちアニメになって話題になるよ。きっと。
脱線ついでに私がこっそり推していた「ディメンションダブリュー」と「紅殻のパンドラ」がアニメになって新年放送開始です。
原作コミックが「DARKER THAN BLACK」のコミカライズ担当だったり、「攻殻機動隊」のスピンオフだったりしているので、私のような和製SF大好きオジサンにはたまりません。

そういう風に見ると、中二病装備ですね、これ。

よし!
良い流れができたので、ノリノリの中二病写真を!

28860906_2015-12-27_10-29-52_DSC_0053b.jpg

28860910_2015-12-27_10-30-05_DSC_0054.jpg

28860903_2015-12-27_10-29-44_DSC_0052のコピー

Wranglerがかっこよすぎてテンション上がりすぎました!
車っていいですねぇ!

28860914_2015-12-27_10-30-22_DSC_0055のコピー

最後に背面のスプリングフィールドステッカーと!
なんとakimo10さんの自作ステッカー!すっげぇ!なんという技術力!素敵!
そして、スプリングフィールドといえばM14の製造会社!
いやー嬉しい!最高のコラボですね!
ニヤニヤが止まりませんですたい!

ということで、本当に今年最後のゲーム報告でした!
TEAM9012の皆さま、らんまるぽむぽむタイプαさん、戦え!!ぴっちょりーな☆さん、akimo10さん、参加した皆さま、ありがとうございあました。
そして、今年このblogとサバイバルゲームを通してお近づきなった皆さま、本当にありがとうございました。
来年もF.A.T.C.R.Y.をよろしくお願いいたします。

読んで頂きありがとうございます。
ではでは、また来年!

Category: ゲーム > 写真

Comment (0)  Trackback (0)

12.20 FOREST UNION Team9012貸切戦


ある冬の晴れた日曜日。
男達は集った。

・・・・ごめん。カメラ壊れた。



はい、こんにちは。
FAT4ことCです。

今年最後のゲームと張り切って行って参りました。
年末のバタバタ期間なこともあり、今回F.A.T.C.R.Y.メンバーは揃わず自分だけ!
みんな忙しい!
11月の雨天中止が悔やまれます。
みんなでゲームに行きたいよう!
今回はInstagramで仲良くさせて頂いているhideyuki1979さんにご招待され、
Survival Game TEAM 9012さんの貸切戦に参加してきました。

9012さんの貸切戦は10月の夜戦でも参加させて頂いています。
皆さん良い方ばかりで初心者も安心、アットホームな雰囲気でゲームが楽しめます。
でも、すごく上手くて速くて強い方々もいます。
アワアワしている内に簡単に追い込まれて、もっとアワアワします。
後方支援が得意技の自分には厳しい!

いろんな装備が凄い方々もいて写真もたくさん撮りたかったのですが、
カメラのカードがずっとエラーを起こしていて撮影不能に。
開き直って一枚も撮りませんでした。
iPhoneでも撮らず、戦闘に集中です。

そんなわけで、あとから皆さんに頂いた写真でお送りいたします。

001_20151223205656f39.jpg

ご一緒させて頂いたメンバー(写真の掲載許可を頂いた方のみご紹介しています)

左からワタクシFAT4ことC。
誘って下さったhideyuki1979さん。JPCとMOTOROLAがバッチリ決まったLE装備。みんなの人気者。
DEVGRU装備が最高にカッコイイno_lemon23さん。あのHK416、塗っちゃってるけど付いてるアレはアレなんじゃあ・・・
レア銃マイスターakimo10さん。手にするAS Valはフルメタルでとても素敵。
あともう一人初参加の方がいらして、初参加とは思えない俊敏な動きで敵を察知し、我々に教えてくれました。
彼はきっと凄いプレイヤーになるでしょう・・・

003_2015122320565948c.jpg


imgres.jpg

no_lemon23さんにお願いして、あのMARSOCっぽい写真を撮って頂きました。
いやいや、照れますね。
それにしても腹が出てるな・・・

少ないながらも、写真をだーっと。

004_20151223205700843.jpg

akimo10さんがこっそり撮影して下さいました。
逆光は勝利!とても良い雰囲気の写真です。空気感、大切です。

006_20151223205710e1c.jpg

ノリノリな二人。隣のakimo10さんも最高の笑顔でした。
ゲームも楽しいですが、こういうのが一番楽しいかもしれない。

007.jpg

見せられないのが残念な笑顔。

005_20151223205654fc5.jpg

SCAR-Hがお揃いだったhideyuki1979さんとカミース合わせ。
疲れたら重装備をキャストオフしてカミースになるのがマイブームになりそうです。

008.jpg

「命?」
「いえ、ベストキッドの・・・」
「「wwww」」

002_20151223205658f0b.jpg

FOREST UNIONは初めてのフィールドでしたが、
単純な森ではなく構造物が多いため戦闘スタイルをいろいろと要求されて楽しめました。

本当に楽しく遊ばせて頂きました。
皆さまありがとうございます。
また是非誘って下さい。

読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね。

Category: 装備 > アパレル系

Comment (0)  Trackback (0)

HAV-A-HANK バンダナ


こんにちは。
FAT4ことCです。

明日はいよいよ久しぶりのゲームです。
楽しみですね。
楽しみすぎてテンションが明後日の方向に伸びて大変です。
気を抜くと口元がだらしなくゆるみ、
ぐふっぐふふふふっと、たいそう気持ちの悪い笑い声を漏らしだす始末。
いけない。
せめて人間らしく。

さて、今回はバンダナの話。

明日はヘルメットも持ち込もうと思っています。
ただヘルメットは寒くても蒸れるのです。
毎回、汗で塗れたヘルメットパッドを前にどうしたものか、と迷うのですよ。
これ洗ってしまって良いのだろうかと。

自転車のヘルメットは軽いので、内側はパッドではなくメッシュ生地です。
ですからガシガシ洗って古くなったら買い換えてしまうのですが、ミリタリーではそうもいきません。
何よりパッドが高価ですし。
自転車用のメッシュキャップをかぶるという手もあるのですが、軍装的にちょっと幻滅です。

それで、バンダナの登場というわけです。

IMG_4227.jpg

●HAV-A-HANK バンダナ
みんな大好きWARRIORSさんで購入。
サイズも大きすぎない54cm×54cmです。
生地が少し厚いような気がしますが、吸水性が良いなら大歓迎です。
細かい柄が多くて素敵ですね。

店長(なんと顔を覚えて下さった!!)に
「3回ぐらい洗濯しないとゴワゴワが取れないですよ。」
とご忠告を頂き、強力な糊がついているのかなと思いました。

思いましたので・・・

IMG_4228.jpg

IMG_4232.jpg

煮た。

IMG_4233.jpg

沸騰させた直後に蕎麦をゆでた時に出るような細かい泡が発生。
ははーん、糊が溶け出したな、と思ったりした。

IMG_4234.jpg

細かい泡が出なくなったので、水ですすいで確認。

検証:新品バンダナのゴワゴワは煮ると糊が溶けて柔らかくなるか。
結果:変わらない。


変わりませんでした。
糊ではなく染色に起因するゴワゴワなようです。

IMG_4235.jpg

ならばと手洗いモードに移行。
石鹸を付けてモミモミと洗いすすぎを繰り返すこと4回。
泡が灰色になるくらいの色落ちを繰り返したので、それなりに効果はあったようです。
塗れていても手触りが変わったのが分かりました。
結局、店長の言う洗濯3回の通りでしたね。

失敗経験が多すぎて、こういった被害のない失敗は屁でもありません。

IMG_4239.jpg

干します。


いい天気だ いい天気だ
いい天気だ ノーテンキだ

いい天気だ いい天気だ
いい天気だ ノーテンキだ

空が晴れてる日には どうでもいい気がする
あれじゃないこれじゃない 少しは忘れる
          (脳天気/THE BLUE HEARTS)

おーい、帰ってこーい!

はい、3時間くらいで乾きました。

・BEFORE
IMG_4227.jpg

・AFTER
IMG_4244.jpg

差が分からない!
しかもAFTERは裏面を撮ってるし!
色落ちの影響か、パッキリしていた模様がすこしもんやりした印象ですね。
手触りは良くなっています。

IMG_4248.jpg

MADE IN USA!!!

柔らかくなったところで、WARRIORSさんblogで紹介されていた巻き方に挑戦してみます。
http://warriors.militaryblog.jp/e720683.html

IMG_4252.jpg

あ、どうもお久しぶりです。
えーと、お名前なんでしたっけ・・・

返事がない。すねているようだ。
どうする?

  もう一度聞く
▶ 諦めて調べる

http://watchyoursix.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
そうそう、ジェシカ曹長でしたね。
ナイフで魚をおろすのが得意な・・・ええ、もちろん覚えていましたよ。

曹長はとっても頭がコンパクトなので上手く巻けません。
これで良いのでしょうか。
まぁ、いいか。

IMG_4254.jpg

アフリカ系の方みたいだね。

IMG_4255.jpg

後ろ側。
頭が小さいので布のあまり面積がとても多い。
形は悪くないようです。

IMG_4256.jpg

サングラスをかけたらアメリカ人ぽくなりました。
誰だこのセレブww
あっ!はい、すみません!ジェシカ曹長であります!

サングラスはオークリーのジョーボーンです。
最近だとレーシングジャケットに名称変更しているのかな。
自転車で使用している古参アイテムですが、今回ESS CROSSBOWの代わりに使ってみました。
ゲームでは使いませんが、形はジョーボーンの方が好きです。

IMG_4260.jpg

バンダナの上からAirFrameレプリカを装着。
インナーとして活用できそうですね。

IMG_4261.jpg

パッチはMARSOC仕様です。

IMG_4262.jpg

後ろのバンダナが尻尾みたいで可愛い。

IMG_4263.jpg

SOLDINのコードはまとめて固定しています。
今回はコードだけ実物のTHALESレプリカFree phoneで無線運用をしますので、
ヘッドセットをPTTと繋ぐことがないのです。
SOLDINレプリカはガンノイズカットとボイス集音機能のみのコスプレアイテムとして運用します。
いや、あれです。防寒用品、イヤーマフラーです。これ大事。

IMG_4264.jpg

IRフラッグパッチはマルチカムと良く合いますね。

IMG_4266.jpg

おまけカット。

IMG_4267.jpg

IMG_4265.jpg


AirFrameは特になにも新調していません。
バッテリーパックとか素敵な製品も登場しましたが、今でも充分重いのでこれ以上いじらなくて良いかな。
それよりDELTAのメットですよね。
はい、解っていますよー、はい。

IMG_4249.jpg

そんなこんなで、HAV-A-HANK バンダナでした。
読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね。

Category: 装備 > アパレル系

Comment (0)  Trackback (0)

Winter Wear


こんにちは。
FAT4ことCです。

11月にいろいろやり過ぎて軍事予算が底を付きました。
年が明けるまでは静かにしていようと思います。
いや、せざるを得ない。

さて、来週に今年最後のサバイバルゲームが迫って参りました。
月に1回は行きたいのですが、雨で中止になることが多くて困ります。
今のところ来週は晴れなので一安心ですね。
ついに「私がMARSOCで参戦しようとすると雨が降る」というのは根も葉もない噂と証明されるはず。
え?フラグ?
大丈夫ですよ!そんなもんへし折ってくれます!きっと誰かが。

そんなわけで、
何を着ていこうかなぁ-とお出かけ前の女子がごとく、衣装を広げてウンウン悩んだりするのです。
寒いですからね。
対策が大事。
今日はそんなお話です。


MARSOCのアウター候補は3種類

IMG_4187.jpg

●PCU LEVEL5 レプリカ
確か昨年S&Grafさんで購入。
MARSOCの定番ではないでしょうか。
割としっかり作られているので重宝しています。
ウインドブレーカーに近い素材ですので、春先や秋口にも活躍します。
ただし、プレートキャリアと併用すると蒸れるのが難点。


IMG_4188.jpg

ちょっとちがうメキシカンパーカー
この写真で話題になったアレに似てるヤツです。
moafidk_20151213171321f8f.jpg

CRYE LV MBAVをもっていないので、なんとなくな感じにしかなりませんが、
ベストサイズなのと通気性が良いので、組み合わせるインナー次第で使いやすくなるのではと思っています。


IMG_4185.jpg

POLARTEC フリース ジャケット

今年の春に格安品を見つけて購入。
ワンサイズ大きいのですが、だぼっと着ているミリフォトが多いのでいいかなぁと思っています。
厚くて固いフリースなので防寒効果もばっちり、冬場の活躍に期待値が上がります。


と、アウターはこんな感じです。

ただ正直な話、自分にとってアウターはそれほど重要ではないのです。
もちろん何でも良いとは言いませんが、結局装備に合わせて変えるものですから、
見えない部分はインナーで帳尻あわせをしなければなりません。

冬場は確かに保温・発熱性も大切なのですが、それ以上に重要なのが速乾性能だと考えています。
特にスポーツをする場合はどうしても汗をかきます。
この汗が乾かずに残ると冷えの原因になります。よく言う「汗冷え」というものです。
体を動かしているうちは良いのですが、少しの休憩の間に汗に塗れた身体は急激に体温を失います。
サバイバルゲーム中は暑いくらいなのに、セーフティにいるとどんどん冷えて身体が動かなくなる、という経験はありませんか。
それが「汗冷え」です。
我々の敵です。
冬将軍です。

ちなみに、ユニクロのヒートテックはスポーツ用ではなく、速乾性能が皆無です。
サバイバルゲームに使うのはお勧めしません。

そう、大切なのはインナーだったのです。

そんなわけでインナー/ベースレイヤーについて。
ここからが本日の本題にして山場。

あらかじめお断りしておきますと、
ワタクシ自転車乗りですので、アイテムはほぼ全て自転車ウエアです。
気温一桁の中、時速30km前後で一日中走り回るスポーツ用のインナーです。
自転車ほど冬場のインナーに性能を要求されるスポーツはないのではないか・・・!
言いすぎたかしら。

IMG_4189.jpg

●odlo
http://www.fullmarksstore.jp/pc/brands/odlo
Turtle Neck Zip Evolution
欧州を中心に展開しているメーカーで、アウトドア、ランニング、クロスカントリー等々、自転車以外でも多くのスポーツウェアを製造しています。
odloの夏用インナーが吸水速乾性能が高くお気に入りなので、冬用も購入しました。
自分のは3年くらい前の品なので、廃盤になっています。
最近のはフロントにジッパーがついて、体温調整がしやすくなっているようです。
こいつは凄い。
兎に角温かい。
そしてすぐに乾く。
さらにコストパフォーマンスが良い。そこも良い。
とりあえずodloがあるからいいや、で早3年。
破けないし、壊れない。本当にたいしたウェアです。
冬の定番ですね。
12/20のゲームもodlo+コンバットシャツでなんとかならないかと思っているくらいです。

IMG_4191.jpg

odloの夏用シャツ。
夏のインナーはこれで決まりです。
兎に角、良く吸って良く乾きます。
まったくどういう仕組みになっているのやら。


IMG_4190.jpg

●CRAFT
http://www.craft-sp.jp/craft/
スウェーデンが本拠地のスポーツブランドです。
それ故なのかウインタースポーツに強い。冬に強い。
私の自転車ウエアも冬用はCRAFT率が高いです。
割とリーズナブルなのも嬉しいところ。
写真のインナーはこれまた4~5年くらい前の品で、良く持ってくれています。
odloほどの保温性はなく、気温10℃前後でのインナーとして活用しています。
首元の赤いロゴと、同じく赤いラインがおしゃれでお気に入りです。
DELTA装備の時、3Cデザートと良く合うのです。


と、私が持っている冬用ウエアは以上です。
他に少しだけお勧め品をご紹介。

●OUTWET
http://ysroad-ueno-wearkan.com/itemblog/2012/12/outwet.html
http://scuderia-colnago.com/outwet.htm
イタリアのメーカーですが、数年でスポーツ自転車のインナーウエア市場を席巻した実力は折り紙付きです。
迷ったらOUTWET。
OUTWETを買っておけば失敗しない。
とにかく凄い、OUTWET。
夏も冬も関係なく、全ての商品が優秀です。
でもお高いの。
OUTWET WP3 ZIP BLACKとかちょー欲しい。

Y'sROAD 上野ウエア館とかで売ってます。
サンタさん。お願いします!

●Q36.5
http://www.nalsimafrend.jp/tachikawa_blog/2015/12/post-819.html
この記事が気になって神宮のなるしまフレンドまで見に行きました。
まぁ凄い。奥様これ凄い。
とても薄い生地なのに、手に触れているだけでもう温かい。
保温性、発熱性、速乾性、どれをとってもハイパフォーマンス間違いなし。
どういうことなの?ロストテクノロジーなの?
仕組みも構造もさっぱり分かりませんが、とにかく凄い。
お値段も・・・凄い!
庶民の敵だ!
助けてーサンタさーんっ!!

●MIZUNO ブレスサーモ
http://www.mizunoshop.net/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001005022003
自転車仲間のお勧め品。
コストパフォーマンスに優れるうえに高性能みたい。
サイトを調べたのですが、商品が多すぎてよく分かりません。
スポーツ用はどれなのよ。
試着してみたいけれど、取り扱い店舗も分からず。
どうなのよMIZUNOさん。
でも、なんか良いらしいので興味はあります。


その他もろもろ

IMG_4193.jpg

IMG_4198.jpg

●SKINS
6年以上前にランニング用に購入した品。
コンプレッションウエアなので、サバゲを始めた当初は筋肉痛対策で着用したりしてました。
クールダウン効果もあるらしく、夏場も涼しいとの触れ込みですが、
単に速乾性が悪いようにも感じます。
べったり張り付いて脱げなくなるのが辛い。
コンプレッション効果は確かにあり、足用などはむくみ防止作用が実感できます。
ウエアはodloの導入とともに使わなくなってきてます。
コンシャツの下からちょっと見えるとかっこいいかもしれない。

IMG_4206.jpg

●黒のニット
定番じゃないですか。
ちゃんと中田商店で購入した米軍なんたら品。
とても安かった。
これにCOMTACⅡを付けるとらしくなります。

IMG_4202.jpg

●OUTDOOR RESEARCH TACTICAL LINE エクスペディション クロコダイルゲイター BLACK
商品名長い・・・
ゲームの写真にちょくちょく写っていましたが、ご紹介していなかった一品。
基本的に雪山用の製品で、登山靴を雪や氷から保護するためのアイテムです。
ミリタリー仕様では、ブラック以外にマルチカム、コヨーテのカラーがあります。
時々ミリフォトにも出てきてます。
私は2年前くらいに、定例会で超絶クールなWOODLAND装備の方が黒いゲイターを着用していらっしゃるのを見て、いてもたってもいられず即購入しました(笑
雨天時、雨上がりで足元がドロドロな時、朝露でブッシュに水が残っている時などにGORE-TEXが真価を発揮します。
塗れない。
まったく塗れない。
凄いよGORE-TEX。

IMG_4205.jpg

Lを買ったら少し大きかった。
付けた時の印象がドムの脚みたいになります。
カッコイイからいいけどっ。

IMG_4204.jpg

OUTDOOR RESEARCHのロゴが目立たないように黒くなっています。
これがミリタリー仕様の証!
こういう細かい仕様変更は大好きです。

付帯効果で温かくもあります。
冬にゲイターを付けていると足元が冷えません。
これもGORE-TEX効果なのかな。
膝から下がポカポカしていると、身体全体も冷えにくいものです。

てな感じで以上です。
ちょいとの小ネタのつもりが長くなってしまいました。

寒いとガスブロも動かないし、はやく暖かくなって欲しいですね。

読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。

Category: M4 FAT4専用機 > MARSOC仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 QRコードラベル MK18mod1 ver2.0.1


こんにちは。
FAT4ことCです。

風邪は一日家でウダウダしていたら良くなって参りました。
せっかく良い天気なので、自転車に乗ったりしたいのですけどもね。
運動不足が進行します。
冬期の外気温耐性も付けておかないと、年末のゲームが不安です。



さて、今日のはちょっとした小道具の話。

IMG_4128.jpg

●WARRIORS コードラベルシート
みんな大好きWARRIORSさんのオリジナル製品です。
http://www.warriors.jp/products/detail86.html
改めてサイトを見たら製品の撮影アングルがほぼ同じ。影響受けすぎですね。
米軍の装備管理に使用されているコードラベルのレプリカです。

実はこれ、すでに初号機には貼ってあります。

IMG_3912.jpg

IMG_3912no2.jpg


弐号機もMK18mod1 ver.2.0への換装に対応すべく導入しようと購入。

MK18-MOD1-MARSOC-1_20151206123745ac2.jpg

MK18-MOD1-MARSOC-1no2.jpg

うむ。
やはり欲しい。

IMG_4129.jpg

問題はどこに貼るかです。
弐号機はDELTA仕様のM4にも対応するロアレシーバーですから、齟齬が出ないようにしなければなりません。

IMG_3691.jpg

弐号機DELTA仕様。
同じM4とは思えない姿。
30分程度でこのDELTA仕様からMK18mod1へ換装できるシステム作り、それが「M4汎用型計画」です。
我ながら良くやったものです。
馬鹿ですね。

IMG_4130.jpg

一度レディマグを装着してアタリをとります。
MK18mod1にレディマグ・・・陸海無視した魔改造への誘い(ゴクリ)
いやいや、やりませんよ。
収拾が付かなくなりますもん。

IMG_4131.jpg

シャープペンシルでラインを引きました。
このラインより下に貼れば、レディマグを付けた時にコードラベルがうまく隠れてくれるはず。

IMG_4134.jpg

ラベルのサイズも問題なさそうです。

IMG_4136.jpg

エタノール消毒液で接着面の汚れと油分を拭き取ります。
擦りすぎると塗装まで落ちるので注意。
ティッシュに少量を浸し、接着面を軽くぬぐって、残ったエタノールは気化するのを待ちます。
剥離防止のおまじないみたいなものですね。

IMG_4137.jpg

貼れました。
少し下になりましたが、あまり違和感はないはず。たぶん。

IMG_4138.jpg

鉛筆を消しゴムで消しました。
良いのではないでしょうか。

IMG_4140.jpg

ふむふむ。

MK18-MOD1-MARSOC-1_20151206123745ac2.jpg

IMG_4141.jpg

良い出来です!
x3マグニファイヤー付け忘れてますが・・・

これでようやく心残りもなくなりました。
はやくゲームに投入したいですね。

私のMARSOCはSCAR-H装備ですけどね・・・
まぁいいや、きっとMK18mod1も持ってるよ。
状況によって使い分けてるよ。きっと。

そんな感じで、MK18mod1 ver2.0.1でした。

ではでは。
またね。

Category: M4 FAT4専用機 > 共有部分・内部カスタム等

Comment (2)  Trackback (0)

次世代M4 弐号機ORGAカスタム


こんにちは。
FAT4ことCです。

風邪を引いてしまいました。

ちょっといろいろあって、気が抜けたり、疲れが出たりしたのかもしれません。
とはいえ、生きているので、生きていかねばなりませぬ。
寝て、食べて、働いて、遊んで、笑って、
そうやって生きていきましょう。
せっかく、それなりにそういうことができる環境で暮らしていられるのですから。
自らに傲るでもなく、神に祈るでもなく、
漠然としつつも誠実に、この世界に感謝して、生きていくといたしましょう。



・・・また、えらく個人的なことを書いてしまった。


さて、前々回で宿題になっていた次世代M4弐号機(フロント配線型)の内部カスタムのお話です。

ORGAさんで販売されているカスタムパーツのみを使用します。
組み込むのが不詳ワタクシFAT4ですので、純粋なORGAカスタムとは言えませんが、そこはご容赦を。

IMG_4003.jpg

購入したもの一覧

・ORGA 次世代電動ガン用 AXIS Spring(参考レート : 105%)
・ORGA 次世代電動ガン用 Magnus Spring(参考レート : 120%)
・ORGA Magnusシリンダーセット 次世代用
・FIRE FLY でんでんむし次世代M4用 カスタムノズル
・電気なまず「辛口」 ファイアフライ 面HOP(ステンレス並行ピン付属)
・東京マルイ 電動ガン用 純正パッキン
・プロメテウス 次世代M4用 ハードピストン
・ORGA MagnusHDバレル 260mm 電動ガン用

スプリングを2種類購入しているのは、初速値の想定が難しかったからです。
MagnusHDバレル 220mm&ノーマルメカボックスで初速が81.86MPSですので、
単純にレート120%のMagnus Springを入れてもギリギリで98MPSをオーバーしてしまいます。
さらに、インナーバレルが260mmになり40mm長くなるうえに、シリンダー径もアップしますから初速はもっと上がるはずです。
しかし、105%のAXIS Springだと、90MPS程度にしかならないような気もしており・・・
その辺りの解決方法は後ほど。

各パーツの組み込みと調整が今回のお話です。
写真は基本的に「自分がミス無く組み立てられるよう」分解時に記録として撮影しています。
くどい部分もあるかもしれませんが、実際に分解・組み込みにチャレンジされる方にとって、稚拙なりにもお役に立てる記事になれば幸いです。

IMG_4011.jpg

組み上げたMK18mod1 ver.2.0をバラします。
・アッパーレシーバー取り外し
・チャージングハンドル取り外し
・ストック取り外し
※この時点でアッパーレシーバー側の配線がハンダ剥離をおこし、以降はSOPMODのアッパーレシーバーで動作テストをしています。

IMG_4014.jpg

チャージングハンドルに続いて、ダミーボルトユニットを取り外します。
ネジ止めの部分がなく、ワッシャーとスプリングで固定されていますので、
一カ所外すとポロポロといろんなところが外れてパズルになります。
スプリングも紛失しやすいので注意が必要です。
組み付けの時にもっと細かい部分まで撮影しておけば良かったと後悔した部分。

IMG_4023.jpg

バッファーチューブの取り外しにかかります。
フロント配線なのでバッファ-回りがシンプルで助かりました。
バッファーリングがネジ止め剤で固着されているようなので、ネイルリムーバーをかけて溶かします。

IMG_4024.jpg

ネジ止め剤を溶かしたおかげが、苦労せずに外れました。
本来そう簡単に緩んではいけない部分なので、組み込む時にはまたネジ止め剤を塗ることにします。
撮影し忘れましたが分解に使用した工具はF.FACTORY 次世代M4 レンチです。

IMG_4025.jpg

バッファーチューブを外すとメカボックス内のスプリングが見えます。
この段階でスプリング交換が可能なのはとても便利ですね。
フロント配線なので、なおさらスプリング交換が手軽です。
初速の調整はこの利点を生かした作業にしましょうか。

IMG_4016.jpg

続いて、グリップからモーターを取り外します。

IMG_4018.jpg

・ネジの長さが違う
・モーター用の銀円盤はすぐにどっかいく
・コード(赤・黒)の配置を忘れない
固定フタが金属製だったことに驚きました。
プラ製のPSG-1ではこのパーツが折れて買い直しになりました。進化してますね。

IMG_4019.jpg

モーター取り外し。
サマリウム・コバルトモーターへの交換も考えましたが、
LiPoバッテリー導入でセミオートのキレは向上していますし、ひとまずは保留です。
最大の理由は予算不足。あれは高い。

IMG_4026.jpg

グリップ内の固定ネジ2本を外せば、グリップが抜けます。
コードの配線位置を忘れないように記録。

IMG_4027.jpg

グリップの次は、マガジンキャッチを取り外します。

IMG_4028.jpg

取れました。
これも一式セットにしておかないと無くしそうですね。

IMG_4029.jpg

最後にトリガーロックピンを外します。
竹串でグッと押したら外れました。
これでロアレシーバーからメカボックスが取り出せるはずです。

IMG_4030.jpg

メカボックスの取り外しと同時にボルトリリースボタンも外れるので、無くさないように注意。
これ、気を付けないと取り付け方が解らなくなるパターン。
記録に撮影。

IMG_4031.jpg

バッファーチューブ側が引っかかってちょっと苦労しましたが、コツを掴むと解決。
メカボックスが取り外せました。

IMG_4035.jpg

ここまで取り外したパーツ類をひとまとめに。
無くすと大変です。
左下角にあるネジ6本はRISⅡの固定ネジです。

さてと、メカボックスの分解に入ります。


赤丸部分のボルトリリース関連パーツのスプリングが紛失大王パーツです。


解りにくいのですが、写真のようにスプリングを解放してからネジを緩めると、どこかに飛んでいくことはありません。

IMG_4038.jpg

ネジを外します。

IMG_4039.jpg

関連パーツも外します。
組み込み位置が複雑なので記録撮影。

IMG_4040.jpg

いよいよメカボックスを開封します。
固定のヘキサレンチネジがネジ止め剤で固着されていますので、綿棒にネイルリムーバーを付けて溶かします。
このネジをなめると大変なことになります(PSG-1でやった)ので、注意ポイントです。

IMG_4042.jpg

外したネジ。
1本だけプラスドライバーネジです。
長さも違うので記録撮影。

IMG_4043.jpg

オープン!
メインスプリンが解放されているので、開けた瞬間に中身が世界中に飛び散る心配がなくて安心です。
もしそんな事態が起こったら、後に残るのは希望では無く絶望ですもの。

IMG_4045.jpg

交換するシリンダーとピストンを取り外します。
タペットプレートのネジが外した時にどこか行きやすいうえに、装着もしにくい厄介モノです。
こいつは要注意です。

購入してからゲームで2回しか使用していないので、ギヤ回りのグリスもきれいです。
「純正はグリス塗りすぎなので、掃除してグリスアップ」
「シム調整もしなおした方が良い」等々
耳にしますが、私は一切手を触れません。
シム調整?何それ恐い・・・
シム調整をするということは、メカボックスを何度も開け閉めするということで、それだけネジのなめ率が上がるわけで・・・
いままで普通に動いていたなら、何もしない方が良い!
SCARのメカボックスを開けて閉めただけで動作不良を引き起こした実績のあるワタクシです。
余計なことはしない!これ(自分の)鉄則です!

IMG_4047.jpg

純正パーツで流用するものだけ抜き取ります。
・シリンダーヘッド
・タペットプレート

純正のシリンダーノズル、シリンダー、ピストン、スプリングは引退です。
一応、保管しておきましょう。

IMG_4052.jpg

●ORGA Magnusシリンダーセット 次世代用
こいつの組み込みから始めます。

IMG_4048.jpg

WAKOS BC-8でシリンダーヘッドのグリスを落とします。
ゴムパーツ対応のブレーキクリーナーなので安心です。

IMG_4049.jpg

粘着性グリスは布やティッシュで拭き取りながらきれいにします。

IMG_4054.jpg

要のシールテープが登場です。
これが無いとにっちもさっちも行きません。
安価ですがホームセンター等で無ければ売っていないと思います。
ネットでも買えますけど、送料の方が高くなるかも。
厚めの修正テープみたいな不思議材質です。
テープに粘着剤は使用されていないのですが、
テンションを書けて巻き、重ねたり圧力をかけると一体化して固着するという不思議な性質です。
巻き方などは、ウィキペディアさんに教わりました。

IMG_4055.jpg

2周半くらい巻くのが丁度良い厚みのようです。

IMG_4056.jpg

Magnusシリンダーにセットします。

IMG_4057.jpg

はみ出た部分はデザインカッターで丁寧にカット。
シリンダーヘッドまで切らないように・・・

IMG_4059.jpg

●プロメテウス 次世代M4用 ハードピストン
こちらをMagnusシリンダーセットに含まれているMagnusピストンヘッドと合体させます。

IMG_4060.jpg

ネジで止めるだけなので、難しくありませんが・・・
メインスプリングの反動をもろに受ける部分なので、このネジが緩むケースが良くあります。
かといってピストンもヘッドも樹脂パーツなので、接着剤を使用すると破壊する以外に分解方法が無くなってしまいます。
マルイ純正パーツがスプリングとピストン、ピストンヘッドと全て一体型なのは、パーツの耐久値を引き上げるために必要な処置なのでしょう。
ノーマルには、ノーマルの利点があります。
カスタムは計算し尽くされたメーカーセッティングをアンバランスにし、
銃の寿命を犠牲にして性能をアップする行為と自覚せねばなりません。うむ。
ネジ止め剤か?と悩みましたが、今回は何も使用しないことにしました。
ネジを何度か抜き差しするだけで外れやすくなるので、一発勝負です。

IMG_4063.jpg

できました!

IMG_4071.jpg

純正グリスでグリスアップ。
困った時はマルイ純正を使っておけば、まず失敗はありません。
シリンダー内はシリコングリスを薄く伸ばすように塗ります。
ピストンのギアとメカボ設置面には高度粘着グリスを適量に。
塗りすぎるとシリンダー内でシリコングリスと混ざる気がするので、少なめにしています。

IMG_4072.jpg

●FIRE FLY でんでんむし次世代M4用 カスタムノズル
評判のでんでん虫です。
弾道安定の秘密兵器。

IMG_4073.jpg

シリンダーヘッドとドッキング。
これで排気吸気系のカスタムパーツは全て使いました。
メカボックスを閉じて、動作チェックに移行します。

IMG_4075.jpg

タペットプレートを付けて、メカボックスに組み込みます。
やはり、タペットプレートスプリングの装着に苦労しました。
楽な付け方はないものか。

IMG_4078.jpg

おーけーおーけー。
ギア回りはそのまんま!

IMG_4079.jpg

閉じました。

IMG_4080.jpg

慎重にネジ止め。
件のボルトリリース関連パーツもしっかり元通り。
スプリング位置のチェック!OK!

IMG_4081.jpg

これであと2年は戦える・・・!
(あと2年は開けないぞ!)
そう願いを込めてネジ止め剤を添付。
メカボックスは極力開けないに限る!(あくまで持論です)

IMG_4084.jpg

●ORGA 次世代電動ガン用 Magnus Spring(参考レート : 120%)
ひとまずスプリングはこれでいってみます。
奇跡が起きれば、ギリギリで初速が規定値に収まるかもしれない。

IMG_4086.jpg

いろいろはしょりますが、
メカボックスをロアレシーバーに戻し、グリップとモーターを付けなおすところまでいきます。

ここらで、バレル関連の交換です。

IMG_4093.jpg

●電気なまず「辛口」 ファイアフライ 面HOP(ステンレス並行ピン付属)
●ORGA MagnusHDバレル 260mm 電動ガン用

この2点の組み込みです。

IMG_4094.jpg

バレルロックのリングを取り外して、インナーバレルを引き抜きます。

IMG_4096.jpg

同じ手順でMagnusHDバレル 260mmを装着してロックします。
この時「東京マルイ 電動ガン用 純正パッキン」を面HOPになるように取り付けるのをお忘れなく。
インナーバレル交換はこんなもんで、割と簡単です。

IMG_4099.jpg

続いて電気なまずの組み込み。
マイナスドライバーでHOP調整リングを取り外します。

IMG_4097.jpg

固定ピンを外し、HOP調整パーツを取り出した図。

IMG_4098.jpg

先端を電気なまずに交換します。
ORGAさんの電気ナマズ(辛口)には独自開発の専用「ステンレス並行ピン」が付属するのが最大の利点。
電気なまずの穴にこのピンが入っているかいないかで面HOPのかかり具合がまるで違う、らしい!
なんにせよ素人にはできない技術。さすがです!

IMG_4100.jpg

バレル回り完成!


それではいよいよ試射に入ります!

●ORGA 次世代電動ガン用 Magnus Spring(参考レート : 120%)

IMG_4103.jpg

ぬあーっ!
やはりオーバーしましたかっ!
これは完全なるアウトロー!
違法改造銃ダメ!絶対!

フロント配線機なのでバッファーチューブの取り外しが簡単にできます。
その利点を生かしてスプリング交換をしてみましょうか。
MagnusがダメならAXISだ!


●ORGA 次世代電動ガン用 AXIS Spring(参考レート : 105%)

IMG_4102.jpg

あぁ・・・
弱い、AXIS弱い・・・
スプリングテンション的にはマルイ純正に近いので、
AXISで組めた方がメカボックスへの負担は少ないとも思ったのですが、この初速では少々物足りなすぎますね。
というか、カスタム前と初速が変わっていないじゃないか。
これではいかん。
さて、どうしたものか。

IMG_4104.jpg

スプリングカットに初挑戦!
バレルカットは作業が大変ですし、失敗した時の金銭的ダメージが大きすぎます。
幸い、次世代M4はメカボックスを分解しなくてもスプリング交換が可能ですし、
弐号機はフロント配線なのでバッファーチューブの取り外しも簡単です。

Magnus Springカットすることでテンションが弱くなれば、その分だけメカボックスにかかる負荷も小さくなり、
トラブル軽減に繋がるはず、という算段もあります。

IMG_4114.jpg

一巻きカット、
一巻きと半分カット、
二巻きカット、
といった具合に段階的にテストを繰り返しました。
そして、二巻きカットでついに・・・

IMG_4115.jpg

初速が95.5MPSでだいたい安定しました。
うむうむ、よしよし、良いのでないのかね!
(マガジン交換直後の1発だけ96後半の初速が出てドキッとしますが、なぜだろう?)

IMG_4111.jpg

調整の簡略を計って取り付けていなかったチャージングボルトをセット。

IMG_4110.jpg

バッファ-チューブとバッファ-リングもネジ止め剤で固定。
取り外しする度に摩耗しガタツキの原因となってしまうパーツなので、ここもしばらくは開封したくありません。
願いを込めて封印。


参考までに、初号機(ストック配線)に260mmバレルを搭載してみました。

IMG_4112.jpg

はい、ダメですね。
もしかしたらいけるかもと思ったのですが、そこまで甘くはありませんか。

IMG_4113.jpg

220mmのバレルでこの値です。
この娘はこれで良いのです。

初号機と弐号機でバレル長が違うため区別がしやすいと思うことにしましょう。
弐号機の方がインナーバレルが長いうえに、ロングレンジのORGAカスタムです。
家の庭で10m前後の距離をとって試射をしましたが、両機の差は感じませんでした。
当然、弐号機の集弾性能はノーマルに比べて向上しています。
きれいに同じ所へ飛んでいくのでびっくりです。
30m以上の距離になった時、初号機と明確な差が出るのか、
次のゲームでゼロインをするのが楽しみですね。

IMG_4119.jpg

IMG_4124.jpg

IMG_4118.jpg

配線を修理したRISⅡ9.5Inchのアッパーレシーバーと再び合体。
宿題も済ませてMK18mod1 ver.2.0完全版です。
見た目はまったく変わりませんが・・・

とか言いながら、あと少しだけ外装に手を加えます。
それはまた次の機会に。

カスタムの記事は長くなって疲れますね。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

ではでは、
またね。


SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2015