FC2ブログ

WATCH YOUR SIX !

Category: M4 FAT4専用機 > MARSOC仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4汎用型開発計画 Type:02 Model:MK18mod1 ver.2.0 ③last


これまでのお話し。

M4汎用型開発計画 Type:02 Model:MK18mod1 ver.2.0 ①

M4汎用型開発計画 Type:02 Model:MK18mod1 ver.2.0 ②

こんにちは。
FAT4ことCです。

こんなにblogを連投するのは久しぶりで、少々疲れて参りました。
まぁ、趣味でやってるんでね。
義務にならないように気を付けないとね。

大丈夫!
まだ終わらないっ!
終わらせないっ!
俺たちの連休はこれからだっ!!

フラグもしっかり立てたところで、
MK18mod1 ver.2.0の最終回を始めましょう。

IMG_3796.jpg

こちらに2台のFMA製LA5がある。
一台は新たに導入した刻印入り、
もう一台のなぜか半壊している(写真取り忘れた)のが、
今まで活躍してくれていた今回のターゲットだ。

バッテリーケースは細かいところが本当にダメなので、
ちゃんとライトとレーザーを搭載したLA5をバッテリーボックスに加工します。

まぁ、ひたすら中身を取り外すだけなのですが、結構大変でした。

IMG_3797.jpg

分解加工を始めるまえに、NEOX 7.4V : 1300mAh (PEQ用)LiPoバッテリーを置いてみる。
予想よりもギリギリっぽくて不安になった。
これ失敗したら、サイズの合わないLiPoと修繕不能なLA5しか残らない。
洒落にならんぞ・・・
メンタルが撮影に影響したのか、ピントが合って無くてごめんなさい。

IMG_3800.jpg

中身をごそっと取り外し。
一部使うパーツもあるので、捨てずに確保。

IMG_3798.jpg

再びバッテリーを置いてみる。
右側の突起は削ろうか。

IMG_3801.jpg

念のため上下も閉じてみる。
案外厚みが足りない。
これは、かなりの削りが必要とみた。

IMG_3804.jpg

レーザーの上下左右調整ネジの金色ナットを外して、台座のプラスチックを削ります。

IMG_3805.jpg

広くなった。

IMG_3806.jpg

スイッチ端子をJ-B Weldで固定してしまいます。
乾燥に6時間かかるので早めに作業。

IMG_3807.jpg

こんな感じで固着待ち。

IMG_3808.jpg

ダイヤルスイッチ部分を切り離さなければなりません。

IMG_3809.jpg

複雑な立体構造。
こいつは厄介だぜ!
ドリルとリューターで頑張ります。

IMG_3810.jpg

取れました。

IMG_3811.jpg

こんな感じかね?

IMG_3814.jpg

ギリギリすぎるだろ!
もっと削らないと。

IMG_3816.jpg

フタ側もLED用の筒が出っ張って邪魔です。
ピラニアのこぎりでカットしましょう。

これ、すごく大変だった。

IMG_3818.jpg

切ったどーっ!!!
(約1時間に渡る激戦)

IMG_3820.jpg

いかん!
ケーブルを逃がすスペースが無い・・・!

IMG_3823.jpg

ダイヤルスイッチ周辺をさらに削ります。
黒くてマルイパーツがスイッチを回転作動させてつつ固定しているコネクターなので削れません。
ここらが限界か・・・
あと、ダミーの青色ネジの先端が内部に飛び出しているので、そちらもペンチでカットして接着に変更しています。
書き忘れてましたが、ダイヤルスイッチの固定はアロンアルファです。

ここで一端休憩。

IMG_3821.jpg

J-B Weldの接着完了。
見た目が変わらないから伝わりにくいですが、ガッチリきています。

IMG_3827.jpg

バッテリーの内部配置を再検討して、コードを出す穴の位置を決めます。
この配置で無いと入らないし、コードも出せないという絶妙な位置を発見。
かなりの綱渡り。
ドキがムネムネするぞ!

IMG_3829.jpg

ドリルとリューターで穴を開け、
自作のタミヤコネクターx2.0mmゴールドコネクターの変換セットを組み込み。
このままセットにしておいた方が使いやすそうです。

IMG_3828.jpg

なるべくLA5内でスペースを取らないようにしています。

IMG_3880.jpg

上下を閉じてバッテリーを挿入。
殿!ギリギリでございます!

IMG_3881.jpg

電池挿入口から手を入れてコネクターを接続。
偶然にしては便利な構造。
自分を誉めてあげたい。

IMG_3883.jpg

美しく収まりそう・・・

IMG_3884.jpg

あとはフタを閉じるだけ・・・
上手くいって下さい・・・
お願いしますっ!

IMG_3885.jpg

・・・・・っ!!
○×△×○□△☆☆☆♡♡(言葉にならない)!!


できましたっ!!

正直この作業に、ここまで苦労して、ドキドキする羽目になるとは思っていませんでした。
いやーー・・・
良かったーーーーっ!

IMG_3873.jpg

メカボックスとの配線。
この位置なら万が一の時も簡単にコネクターカットができます。

IMG_3874.jpg

接続!
おおっー!
目立たない!

ちなみに黒いのは熱収縮チューブではなく、パーマセルテープです。
撮影現場では定番アイテムでもあるパーマセルの黒テープは本当に便利です。
貼っても剥がせるテープのくせにしっかり固定するし、丸めたり重ねると固い塊になるし、両面テープ的にも使えます。
そして何より、ツヤ消し黒がミリタリーアイテムにベストマッチ!
値段の元は取れます。

IMG_3875.jpg

ライトの配線でさらに目立たなくします。

IMG_3877.jpg

スイッチ接点もバッチリ!

動作チェックして完成だ!!

IMG_3886.jpg

初速が上がるわけではない・・・
宿題ですね。

あとは、写真をだーっと・・・

IMG_3846.jpg

IMG_3847.jpg

IMG_3848.jpg

IMG_3850.jpg

IMG_3855.jpg

IMG_3856.jpg

IMG_3857.jpg

IMG_3860.jpg

IMG_3859.jpg

IMG_3872.jpg

IMG_3862.jpg

サプレッサーはこの後に手を加えて、さらに色を落としています。

IMG_3981_20151123214225a7d.jpg

こっちの方がカッコイイ!

IMG_3983.jpg

IMG_3893.jpg

MARSOCな銃たち。

IMG_3913.jpg

DD RISⅡブラザーズ

IMG_3906.jpg

MK18-MOD1-MARSOC-1_2015112321453587b.jpg

内部に宿題はありますが、
外装カスタムはこれで完了!
MARSOCの時に、どの銃で行くか迷ってしまいますね。

何はともあれ、無事に完成して良かった!
MK18mod1 ver.2.0でした。

いやー疲れたー
ではでは、またね!

Category: M4 FAT4専用機 > MARSOC仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4汎用型開発計画 Type:02 Model:MK18mod1 ver.2.0 ②


前回のお話
M4汎用型開発計画 Type:02 Model:MK18mod1 ver.2.0 ①

こんにちは。
FAT4ことCです。

MK18mod1 ver.2.0の2回目です。
今回は付属品のお話など。

●ノーブランド M4 QD サプレッサー 逆ネジ専用ハイダー付き

IMG_3734.jpg

エアガン市場さんで購入。
対応が丁寧で扱う商品も信頼できるので、安いレプリカを探すときは頼りにしてしまいます。

ちなみに、ver.1.0で使用していたコヨーテTANカラーのサプレッサーは、
ガタつきのせいでサプレッサー内で跳弾して使い物になりませんでした。
http://watchyoursix.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

20140628211111d40_20151123113047c9d.jpg

見た目は悪くなかっただけに残念でしたね。
ヤフオク出品店舗で、初期不良の対応もアレで残念でした。
お店の信頼って大事。

IMG_3736.jpg

今回のは黒です。
コヨーテTANカラーのレプリカはどうにも怪しいのが多い。

IMG_3739.jpg

脱着方式はこう。
少しだけガタつきますが、内部跳弾もなく、使用に問題はなさそうです。

IMG_3743.jpg

付属の専用ハイダーもそれなりです。
先端の厚みが気になりますが、塗装がきれいなので良しとします。

そうそう、
別個にLaylax製のQDサプレッサーを持っているのですが、あれはとても良いです。
軽いし、次世代ハイダーがそのまま使えるし、ガタつき皆無だしで、高価なだけはあります。
消音効果もちゃんとあるようですしね。
ただ、MK18mod1のようにレイルとハイダーの間に隙間がない場合は、構造上取り付けられないのです。
とても残念。

IMG_3746.jpg

ハイダー装着。
やはり色が良い!

IMG_3748.jpg

サプレッサ-装着。
DD9.5Inchレイルとの隙間がほぼありません。
この感じ、求めていた通りだ!

装着と試射もOKということで、塗りましょうか。

IMG_3754.jpg

使うのは既出のアレ。
●インディ コヨーテタンスプレー

IMG_3752_201511231154551ee.jpg

IMG_3758.jpg

塗った!
良いのう、良いのう!

IMG_3768.jpg

再び装着!
う・・・む、ちと明るいか?

だが、今回はこれで終わらんよ!

IMG_3771.jpg

汚し塗装というか、色落とし加工にチャレンジ!
こういうの苦手だからとても不安。
だが誰にも初めてはある!
恐れず進もう!塗装の大海原へ!
ウェザリングマスターにオレはなる!

IMG_3772.jpg

ひとまず、綿棒でちまちま穴の色だけ落としました。
ここで止めておけば良かったかなぁ・・・

IMG_3773.jpg

不要な布にラッカー薄め液をつけて、角や銃口など擦れそうな部分の色を落とします。
ここで止めておけば良かったかなぁ・・・

先っぽだけ焼けて色落ちしている感じにしてみようかな、と欲がでちゃったのですよ。

IMG_3775.jpg

うーん・・・
カッコイイのかな・・・
いや、これカッコイイ!!
と言い切っちゃえば良いのかも・・・
先生!ウェザリングの極意が解りません!

本体側に塗装をするつもりがないので、サプレッサーだけ汚れて浮いてしまうの良くないと、色を一色で済ませたのが原因かな。
むしろ中途半端さに拍車をかけてしまった気がします。

いや、でも雰囲気は出た。これ以上やると悪化するだけな予感もするので、ここらで退いておきます。
初陣にしては良くやったよ・・・


続くはこちら。
●QDタンゴダウングリップ ショートタイプ
G&P製です。

IMG_3790.jpg

これは取り付けるだけですね。

IMG_3791.jpg

うんうん。

そして、本日のトリ。
●Magpul CTR レプリカ
こちらもエアガン市場さんで購入。
詳しいことは解りませんが、Magpulはレプリカが多いため競争率も高く、それ故にレプリカも精度が高いイメージ。
あとは、エアガン市場さんが薦めてるなら、それなりに良いモノだろうという思いで選びました。
もちろんお値段も大事です。
レプリカですから、実物の半額以下にはしたいですよね。

IMG_3785.jpg

IMG_3787.jpg

刻印も入っていますし、QDスリングスイベルも使用可能。
動作もOK。
色は少しだけ濃いような気がしますが、陽の光の下では違和感なしです。
うん、良い買い物をした。

IMG_3788.jpg

このように六角レンチを挟んでストック調整の突起を下げれば、簡単に装着できます。

IMG_3789.jpg

付きました。
いいね!
スリムでエロい!
ガタつきもないので、内側にテープを貼る等の調整も不要でした。
形状がナイスなのでしょう、とても構えやすいストックです。
シンプルで、軽くて、美しくて、使いやすい。
なるほど、これは人気なのも納得です。
簡単に交換できて効果のあるパーツは嬉しいですね。

IMG_3849.jpg

スタイリッシュ!
優等生だね。

ちょろっと写っているのはこの2点。
・EOTech 553 レプリカ
・ノーベルアームズ 3Xマグニファイアー&同サイドフリップマウント(LOW)

とりあえずは、こんな所でしょうか。
今日はここまで、残すはLA5のバッテリーボックスです。

ではでは、またね。


-・追記・ー

サプレッサーのウェザリング。
メリハリとグラデーションを意識して、先端部を元の黒に戻すくらいの気持ちで落としました。

IMG_3981.jpg

IMG_3984.jpg

とても良くなった!
カッコイイ!
カッコイイよね!?

SEARCH
PROFILE

FAT FOUR

Author:FAT FOUR
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2015