WATCH YOUR SIX !

Category: 装備 > アパレル系

Comment (0)  Trackback (0)

HAV-A-HANK バンダナ


こんにちは。
FAT4ことCです。

明日はいよいよ久しぶりのゲームです。
楽しみですね。
楽しみすぎてテンションが明後日の方向に伸びて大変です。
気を抜くと口元がだらしなくゆるみ、
ぐふっぐふふふふっと、たいそう気持ちの悪い笑い声を漏らしだす始末。
いけない。
せめて人間らしく。

さて、今回はバンダナの話。

明日はヘルメットも持ち込もうと思っています。
ただヘルメットは寒くても蒸れるのです。
毎回、汗で塗れたヘルメットパッドを前にどうしたものか、と迷うのですよ。
これ洗ってしまって良いのだろうかと。

自転車のヘルメットは軽いので、内側はパッドではなくメッシュ生地です。
ですからガシガシ洗って古くなったら買い換えてしまうのですが、ミリタリーではそうもいきません。
何よりパッドが高価ですし。
自転車用のメッシュキャップをかぶるという手もあるのですが、軍装的にちょっと幻滅です。

それで、バンダナの登場というわけです。

IMG_4227.jpg

●HAV-A-HANK バンダナ
みんな大好きWARRIORSさんで購入。
サイズも大きすぎない54cm×54cmです。
生地が少し厚いような気がしますが、吸水性が良いなら大歓迎です。
細かい柄が多くて素敵ですね。

店長(なんと顔を覚えて下さった!!)に
「3回ぐらい洗濯しないとゴワゴワが取れないですよ。」
とご忠告を頂き、強力な糊がついているのかなと思いました。

思いましたので・・・

IMG_4228.jpg

IMG_4232.jpg

煮た。

IMG_4233.jpg

沸騰させた直後に蕎麦をゆでた時に出るような細かい泡が発生。
ははーん、糊が溶け出したな、と思ったりした。

IMG_4234.jpg

細かい泡が出なくなったので、水ですすいで確認。

検証:新品バンダナのゴワゴワは煮ると糊が溶けて柔らかくなるか。
結果:変わらない。


変わりませんでした。
糊ではなく染色に起因するゴワゴワなようです。

IMG_4235.jpg

ならばと手洗いモードに移行。
石鹸を付けてモミモミと洗いすすぎを繰り返すこと4回。
泡が灰色になるくらいの色落ちを繰り返したので、それなりに効果はあったようです。
塗れていても手触りが変わったのが分かりました。
結局、店長の言う洗濯3回の通りでしたね。

失敗経験が多すぎて、こういった被害のない失敗は屁でもありません。

IMG_4239.jpg

干します。


いい天気だ いい天気だ
いい天気だ ノーテンキだ

いい天気だ いい天気だ
いい天気だ ノーテンキだ

空が晴れてる日には どうでもいい気がする
あれじゃないこれじゃない 少しは忘れる
          (脳天気/THE BLUE HEARTS)

おーい、帰ってこーい!

はい、3時間くらいで乾きました。

・BEFORE
IMG_4227.jpg

・AFTER
IMG_4244.jpg

差が分からない!
しかもAFTERは裏面を撮ってるし!
色落ちの影響か、パッキリしていた模様がすこしもんやりした印象ですね。
手触りは良くなっています。

IMG_4248.jpg

MADE IN USA!!!

柔らかくなったところで、WARRIORSさんblogで紹介されていた巻き方に挑戦してみます。
http://warriors.militaryblog.jp/e720683.html

IMG_4252.jpg

あ、どうもお久しぶりです。
えーと、お名前なんでしたっけ・・・

返事がない。すねているようだ。
どうする?

  もう一度聞く
▶ 諦めて調べる

http://watchyoursix.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
そうそう、ジェシカ曹長でしたね。
ナイフで魚をおろすのが得意な・・・ええ、もちろん覚えていましたよ。

曹長はとっても頭がコンパクトなので上手く巻けません。
これで良いのでしょうか。
まぁ、いいか。

IMG_4254.jpg

アフリカ系の方みたいだね。

IMG_4255.jpg

後ろ側。
頭が小さいので布のあまり面積がとても多い。
形は悪くないようです。

IMG_4256.jpg

サングラスをかけたらアメリカ人ぽくなりました。
誰だこのセレブww
あっ!はい、すみません!ジェシカ曹長であります!

サングラスはオークリーのジョーボーンです。
最近だとレーシングジャケットに名称変更しているのかな。
自転車で使用している古参アイテムですが、今回ESS CROSSBOWの代わりに使ってみました。
ゲームでは使いませんが、形はジョーボーンの方が好きです。

IMG_4260.jpg

バンダナの上からAirFrameレプリカを装着。
インナーとして活用できそうですね。

IMG_4261.jpg

パッチはMARSOC仕様です。

IMG_4262.jpg

後ろのバンダナが尻尾みたいで可愛い。

IMG_4263.jpg

SOLDINのコードはまとめて固定しています。
今回はコードだけ実物のTHALESレプリカFree phoneで無線運用をしますので、
ヘッドセットをPTTと繋ぐことがないのです。
SOLDINレプリカはガンノイズカットとボイス集音機能のみのコスプレアイテムとして運用します。
いや、あれです。防寒用品、イヤーマフラーです。これ大事。

IMG_4264.jpg

IRフラッグパッチはマルチカムと良く合いますね。

IMG_4266.jpg

おまけカット。

IMG_4267.jpg

IMG_4265.jpg


AirFrameは特になにも新調していません。
バッテリーパックとか素敵な製品も登場しましたが、今でも充分重いのでこれ以上いじらなくて良いかな。
それよりDELTAのメットですよね。
はい、解っていますよー、はい。

IMG_4249.jpg

そんなこんなで、HAV-A-HANK バンダナでした。
読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね。

Category: 装備 > アパレル系

Comment (0)  Trackback (0)

Winter Wear


こんにちは。
FAT4ことCです。

11月にいろいろやり過ぎて軍事予算が底を付きました。
年が明けるまでは静かにしていようと思います。
いや、せざるを得ない。

さて、来週に今年最後のサバイバルゲームが迫って参りました。
月に1回は行きたいのですが、雨で中止になることが多くて困ります。
今のところ来週は晴れなので一安心ですね。
ついに「私がMARSOCで参戦しようとすると雨が降る」というのは根も葉もない噂と証明されるはず。
え?フラグ?
大丈夫ですよ!そんなもんへし折ってくれます!きっと誰かが。

そんなわけで、
何を着ていこうかなぁ-とお出かけ前の女子がごとく、衣装を広げてウンウン悩んだりするのです。
寒いですからね。
対策が大事。
今日はそんなお話です。


MARSOCのアウター候補は3種類

IMG_4187.jpg

●PCU LEVEL5 レプリカ
確か昨年S&Grafさんで購入。
MARSOCの定番ではないでしょうか。
割としっかり作られているので重宝しています。
ウインドブレーカーに近い素材ですので、春先や秋口にも活躍します。
ただし、プレートキャリアと併用すると蒸れるのが難点。


IMG_4188.jpg

ちょっとちがうメキシカンパーカー
この写真で話題になったアレに似てるヤツです。
moafidk_20151213171321f8f.jpg

CRYE LV MBAVをもっていないので、なんとなくな感じにしかなりませんが、
ベストサイズなのと通気性が良いので、組み合わせるインナー次第で使いやすくなるのではと思っています。


IMG_4185.jpg

POLARTEC フリース ジャケット

今年の春に格安品を見つけて購入。
ワンサイズ大きいのですが、だぼっと着ているミリフォトが多いのでいいかなぁと思っています。
厚くて固いフリースなので防寒効果もばっちり、冬場の活躍に期待値が上がります。


と、アウターはこんな感じです。

ただ正直な話、自分にとってアウターはそれほど重要ではないのです。
もちろん何でも良いとは言いませんが、結局装備に合わせて変えるものですから、
見えない部分はインナーで帳尻あわせをしなければなりません。

冬場は確かに保温・発熱性も大切なのですが、それ以上に重要なのが速乾性能だと考えています。
特にスポーツをする場合はどうしても汗をかきます。
この汗が乾かずに残ると冷えの原因になります。よく言う「汗冷え」というものです。
体を動かしているうちは良いのですが、少しの休憩の間に汗に塗れた身体は急激に体温を失います。
サバイバルゲーム中は暑いくらいなのに、セーフティにいるとどんどん冷えて身体が動かなくなる、という経験はありませんか。
それが「汗冷え」です。
我々の敵です。
冬将軍です。

ちなみに、ユニクロのヒートテックはスポーツ用ではなく、速乾性能が皆無です。
サバイバルゲームに使うのはお勧めしません。

そう、大切なのはインナーだったのです。

そんなわけでインナー/ベースレイヤーについて。
ここからが本日の本題にして山場。

あらかじめお断りしておきますと、
ワタクシ自転車乗りですので、アイテムはほぼ全て自転車ウエアです。
気温一桁の中、時速30km前後で一日中走り回るスポーツ用のインナーです。
自転車ほど冬場のインナーに性能を要求されるスポーツはないのではないか・・・!
言いすぎたかしら。

IMG_4189.jpg

●odlo
http://www.fullmarksstore.jp/pc/brands/odlo
Turtle Neck Zip Evolution
欧州を中心に展開しているメーカーで、アウトドア、ランニング、クロスカントリー等々、自転車以外でも多くのスポーツウェアを製造しています。
odloの夏用インナーが吸水速乾性能が高くお気に入りなので、冬用も購入しました。
自分のは3年くらい前の品なので、廃盤になっています。
最近のはフロントにジッパーがついて、体温調整がしやすくなっているようです。
こいつは凄い。
兎に角温かい。
そしてすぐに乾く。
さらにコストパフォーマンスが良い。そこも良い。
とりあえずodloがあるからいいや、で早3年。
破けないし、壊れない。本当にたいしたウェアです。
冬の定番ですね。
12/20のゲームもodlo+コンバットシャツでなんとかならないかと思っているくらいです。

IMG_4191.jpg

odloの夏用シャツ。
夏のインナーはこれで決まりです。
兎に角、良く吸って良く乾きます。
まったくどういう仕組みになっているのやら。


IMG_4190.jpg

●CRAFT
http://www.craft-sp.jp/craft/
スウェーデンが本拠地のスポーツブランドです。
それ故なのかウインタースポーツに強い。冬に強い。
私の自転車ウエアも冬用はCRAFT率が高いです。
割とリーズナブルなのも嬉しいところ。
写真のインナーはこれまた4~5年くらい前の品で、良く持ってくれています。
odloほどの保温性はなく、気温10℃前後でのインナーとして活用しています。
首元の赤いロゴと、同じく赤いラインがおしゃれでお気に入りです。
DELTA装備の時、3Cデザートと良く合うのです。


と、私が持っている冬用ウエアは以上です。
他に少しだけお勧め品をご紹介。

●OUTWET
http://ysroad-ueno-wearkan.com/itemblog/2012/12/outwet.html
http://scuderia-colnago.com/outwet.htm
イタリアのメーカーですが、数年でスポーツ自転車のインナーウエア市場を席巻した実力は折り紙付きです。
迷ったらOUTWET。
OUTWETを買っておけば失敗しない。
とにかく凄い、OUTWET。
夏も冬も関係なく、全ての商品が優秀です。
でもお高いの。
OUTWET WP3 ZIP BLACKとかちょー欲しい。

Y'sROAD 上野ウエア館とかで売ってます。
サンタさん。お願いします!

●Q36.5
http://www.nalsimafrend.jp/tachikawa_blog/2015/12/post-819.html
この記事が気になって神宮のなるしまフレンドまで見に行きました。
まぁ凄い。奥様これ凄い。
とても薄い生地なのに、手に触れているだけでもう温かい。
保温性、発熱性、速乾性、どれをとってもハイパフォーマンス間違いなし。
どういうことなの?ロストテクノロジーなの?
仕組みも構造もさっぱり分かりませんが、とにかく凄い。
お値段も・・・凄い!
庶民の敵だ!
助けてーサンタさーんっ!!

●MIZUNO ブレスサーモ
http://www.mizunoshop.net/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001005022003
自転車仲間のお勧め品。
コストパフォーマンスに優れるうえに高性能みたい。
サイトを調べたのですが、商品が多すぎてよく分かりません。
スポーツ用はどれなのよ。
試着してみたいけれど、取り扱い店舗も分からず。
どうなのよMIZUNOさん。
でも、なんか良いらしいので興味はあります。


その他もろもろ

IMG_4193.jpg

IMG_4198.jpg

●SKINS
6年以上前にランニング用に購入した品。
コンプレッションウエアなので、サバゲを始めた当初は筋肉痛対策で着用したりしてました。
クールダウン効果もあるらしく、夏場も涼しいとの触れ込みですが、
単に速乾性が悪いようにも感じます。
べったり張り付いて脱げなくなるのが辛い。
コンプレッション効果は確かにあり、足用などはむくみ防止作用が実感できます。
ウエアはodloの導入とともに使わなくなってきてます。
コンシャツの下からちょっと見えるとかっこいいかもしれない。

IMG_4206.jpg

●黒のニット
定番じゃないですか。
ちゃんと中田商店で購入した米軍なんたら品。
とても安かった。
これにCOMTACⅡを付けるとらしくなります。

IMG_4202.jpg

●OUTDOOR RESEARCH TACTICAL LINE エクスペディション クロコダイルゲイター BLACK
商品名長い・・・
ゲームの写真にちょくちょく写っていましたが、ご紹介していなかった一品。
基本的に雪山用の製品で、登山靴を雪や氷から保護するためのアイテムです。
ミリタリー仕様では、ブラック以外にマルチカム、コヨーテのカラーがあります。
時々ミリフォトにも出てきてます。
私は2年前くらいに、定例会で超絶クールなWOODLAND装備の方が黒いゲイターを着用していらっしゃるのを見て、いてもたってもいられず即購入しました(笑
雨天時、雨上がりで足元がドロドロな時、朝露でブッシュに水が残っている時などにGORE-TEXが真価を発揮します。
塗れない。
まったく塗れない。
凄いよGORE-TEX。

IMG_4205.jpg

Lを買ったら少し大きかった。
付けた時の印象がドムの脚みたいになります。
カッコイイからいいけどっ。

IMG_4204.jpg

OUTDOOR RESEARCHのロゴが目立たないように黒くなっています。
これがミリタリー仕様の証!
こういう細かい仕様変更は大好きです。

付帯効果で温かくもあります。
冬にゲイターを付けていると足元が冷えません。
これもGORE-TEX効果なのかな。
膝から下がポカポカしていると、身体全体も冷えにくいものです。

てな感じで以上です。
ちょいとの小ネタのつもりが長くなってしまいました。

寒いとガスブロも動かないし、はやく暖かくなって欲しいですね。

読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。

Category: 装備 > アパレル系

Comment (0)  Trackback (0)

SALOMON DISCOVERY GTX


こんにちは。

FAT4ことCです。
今回は足元、シューズのお話です。

_DSF2650.jpg

●SALOMON社製 DISCOVERY GTX

コンバットブーツは「BATES DELTA-6」を持っておりますが、
最近増えてきたLE系の私服装備に合うカラーが欲しくて。
なんせDELTA-6はバリバリのTANカラーですからね。
3Cデザートやマルチカムとの相性は良いのですが、
ジーパンなどとはちょっと違和感が出ます。
あと最近はあえて外したカラーを選ぶのがマイブーム。

メリルMOABとも迷ったのですが、
実際に履いてみてDISCOVERY GTXを選びました。

私の足、実はかなり幅広なのです。
典型よりも日本人な日本人足、というヤツみたいです。

そんなわけですので、靴は足幅で選びます。
小指と親指がきつくないかですね。
そうすると、大抵の靴は爪先が余ります。
ひどいと2cmくらい余ります。
26.5cmで良いはずなのに、27.5~28.5cmの靴を履いています。

がしかし、なんとこのSALOMON DISCOVERY GTX、購入サイズが26.5cmなのです。
まさに奇跡です。

くるぶしから足首にかけてはややタイトにガッチリ固定するのですが、
足をスポッといれてしまうと、内部ではかなり自由に指を動かせます。
快適です。

爪先が余っていると、靴の中で足が前後にずれます。
これが原因で足を痛めるので、特にスポーツに使う靴選びは慎重になるのですが、
さすがトレッキングメーカーというか、
長く販売されているフラッグシップというか、
お見事です「SALOMON DISCOVERY GTX」

_DSF2652.jpg

靴底はこんな感じ。
重量もとても軽いです。
両足で1100gくらいだったかな。


履いてウロウロしていたら歩きたくなってきたので、
インプレがてらウォーキングに出発です。

黄昏時なのでBGMはJAZZをセレクト。
ボーカロイドたちがひぐらしのYOUをセッションしたようです



GYARIさんのピアノは本当に素敵です。




ニコニコの再生ボタンはクリックしましたか?
さて、てくてく歩きましょうか。

IMG_2846.jpg










IMG_2852.jpg











IMG_2847.jpg










IMG_2853.jpg










IMG_2854.jpg










IMG_2856.jpg






なんだかんだで10km歩きました。
日が暮れました。
いやはや、良い靴ですね。
軽いし、歩きやすいし、疲れません。
ごめんねBATES。
最初に謝っておくよ。

_DSF2655.jpg

ウッドランドともバッチリ合います。
次回のイチサタMARSOCは気合い十分ですよ。

Category: 装備 > アパレル系

Tags: FAT5  

Comment (2)  Trackback (0)

本当にあったMechanix VENT GLOVE

わたしはFAT5といいます。これはわたしが実際に体験したことです。

iPhoneで何の気なしブログを巡回していたら、WARRIORSさんのブログでMechanixのVENTが入荷したとの情報が。涼しそうだけどメカニクスのグローブはいっぱいあるからなー、などと余裕の表情で見ていたのですが、黒×黒のロービジモデルがあるじゃないですかもうWARRIORSさんたら!んもう!




黒×黒のメカニクスはミリフォトでは割と良く見る感じですからいつかは欲しいと思ってたんですが、前述のとおり我が家はメカニクスだらけです。黒×白のオリジナル。CB×黒のオリジナル。リアルツリーのエムパクト。ちなみにわたくし腕は2本です。でもまあVENTなら持ってないし、黒×黒は欲しかったのでいいよね、だってロービジだしホラ、(財布を持つ)サブデュードですからねえ、ええはい、(カバンを持つ)あっははは、わっかるわかるしょうがないよねー、(鍵をかける)そう独り言を言いながら家を出かけていきました。このときはまさか、あんなことになるなんて…




ドン!
Mechanix VENTです。パンチングパンチング!メッシュメッシュ!で大変涼しくなっております。夏には大変ちょうど良いんではないでしょうか。またメッシュ素材のおかげでとても軽く出来ていますね。




もともとメカニクスのオリジナルも軽い仕上がりなのでもうめちゃ軽レベルです。セイバンの天使の羽根レベルです。ランランラン・ランドセルーはー、テンテンテン・天使のはー




ネッ!?




なんだ……なんかあるぞ!なんか入ってる!どういうことだ……!?メカニクスのグローブを買いにいったはず……だぞ!?




よし、落ち着け、深呼吸しろ、時系列を追うんだ。中野に着いた……ブロードウェイに入った……「グローブだけ買うぞ、グローブだけ買いにきた」とつぶやいている……いいぞ、いい兆候だ……ウォリアーズに入店したな……おっと先客がいるようだ……店内は狭くグローブにはまっすぐ向かえない……となるとパッチのコーナーでも見るか……あれ?なんだか素敵なパッチが……




CoD:Ghostのパッチだ……オルカインダストリーのかぁ……かっこいいなあ……アレ?意外と安い……買……いや、首を振っている!グローブだけ買いにきたことを思い出したようだ!……おっと!先客の後ろを通ってむりやりグローブ売り場へ!……VENTを手にした!……すごいぞすごい精神力だ他に目もくれない!……断りを入れて試着して……ピッタリのようだ、レジに置いておこう……ん……レジに……置く?なぜだすぐ買え包んでもらえ!……えっ?……パッチのある棚を……開けさせている!……どうなっているんだいくら安いからって!……パッチを持ってレジへ……あっまたレジに置いた!おい俺!置くな!置くなすぐ買え包んでもらえ!入店前を思い出せええええ!




ウワーS.O.Eのカメラストラップを見つけちゃったよ!普段視野せまいくせに!家出るときも鍵みつけられずにイライラしてたくせに!山歩きにちょうどよさそうですね、ってやかましいわ!僕のカメラに合いますかね?ってもう買う気マンマンやないか!合うんですかこれくださいってもうええわ!やめさせてもらうわ!!!!




中野駅のトイレで自分の顔を見るとまるで何かに取り憑かれたようにニヤニヤしていました…「ヤベーヤベー買っちゃったよ…」なんて言いながら……今思い出しても寒気がします。涼しく感じるのはどうやらメカニクスVENTのせいだけではないようで……(オチ)。

Category: 装備 > アパレル系

Tags: FAT5  

Comment (2)  Trackback (0)

MIL-SPEC MONKEY MULTI WRAP

こんにちはどうも。FAT5です。
最近見つけた魅力的なラインナップのお店、
Advanced Assault Gearさんでいい感じの買い物をしました。
良心的な値づけをされている優良ショップさんですのでこれからもよろしくおねがいぜひしていきたいです。




ドン!買ったァ!MSMのマルチラップ!
シームレスな筒形状をしたアイデア商品です。
単なる筒状の布と思うなかれ。
いやまあ単なる筒状の布ですが……
そんじょそこらの単なる筒状の布とは違うわけです。




①首に巻く
久しぶりにこのこの方に登場していただきましょう、
マネキンの……マネキンのえーと…
(過去記事見る)
マクタビッシュ!……えー……大尉です!




②マスクとしてかぶる
基本はこんな使い方です。程よいホールド感。
長ーい筒状のカタチをしていますので、




③シュマグ風にかぶる
こんな使い方もできます。




④シュマグ風にかぶる(アレンジ)
防寒目的ではなく防塵、そして秘匿を目的としたタクティカル用品なので、
素材は滑りが良く、通気性が良く、ほどよく伸び、肌触りがとてもよいです。




⑤海賊風にかぶる
素材がサラサラしてるので夏でも不快になりません。
夏の間はこれでキマリ!
サラスベエアリーイン!




⑥ワッチキャップ風にかぶる
寒い時期では試してませんが、
ダッシュ後ハァハァでもゴーグルがそこまで曇らないのでいい感じです。




⑦ヘルメットと合わせる
ヘルメットにも合います。
イカツイ。




⑧キャップと合わせる
キャップにも合うんですよ?
ソークール。




⑨ブーニーと合わせる
ブーニー入りました。
インビジボゥ…。




出ましたステキなシュマグ柄!
お気にいりすぎるせいかもう一本柄違いがありました。
これがミリテム界七不思議のひとつ「色違いが増える」です。
で早速ヘッドショットで投入、使用、満足、帰宅。
洗濯、乾燥、取り込み、収納、写真撮ろうとする、探す、無い。
これがミリテム界七不思議のひとつ「どっかいく」ですね。
慰めの言葉は今は結構。
ななななれてますからねここここのくらい

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017