WATCH YOUR SIX !

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.010 KAC(Knight's Armament Company) MRE レプリカ 


こんにちは。
FAT4ことCです。

鉄は冷めないうちに打て、とは良く言ったもので、
blogも早めに書かないと、
自分の中にあった感動の火が目に見えて小さくなり、
あっと言う間に風前の灯火となってしまうのです。

女心と秋の空。

私の胸は、すでに次なるM4計画で一杯で、
唸る鼓動はV8エンジンもかくやという回転数。
一速オーバーレブ間際の加速は、
ゼロヨンで神々の山嶺へと迫る羽ばたきを見せるであろうこと請け合い。
天に舞い上がる恋心。

だが男だ。

漢はケジメをつけねばならぬ。
ケリのついたデルタM4を、
その勇姿を世に放たねばならぬ。
FAT4は決意した。
必ず、かのM4のMREを書かなければならぬと決意した。


・・・よし!
テンション上がってきたぞ。


閑話休題




デルタさんの画像です。
ParacleteのRACKベスト欲しいなぁ。
いや、それは本題ではなくて。
今回の主役はこちらのRIS。



KAC(Knight's Armament Company) MRE
「レイルをとりあえず延長しました」というその場しのぎな感じが好きです。
発展途上というか、
現場の意見で作られた「試作機」みたいな感じがするじゃないですか。
試作機=中二病患者をイチコロにする魔法の呪文の一つ。

やべー、ちょーかっこいい・・・

ということで、MREが我が家にやって参りました。

IMG_3628.jpg

●G&P GP813 MRE フロントセット
KING ARMSのMREを探していたのですが、香港まで手を伸ばしても見つからず、
次点のG&P製MREまで国内在庫が怪しくなってきたので購入に踏み切りました。

IMG_3629.jpg

中身一式です。
アウターバレルはスタンダードM4用なので、私の次世代M4には使用できません。
ハイダーも14mm正ネジでしたので、次世代には装着できませんでした。
基本はガスチューブから何からしっかり揃っていますので、
スタンダードM4時代の製品としては、たいそうお買い得だったのでしょう。
ナイツタイプのグリップがちゃっちいのが少し残念ですが、それ以外は流石のG&Pです。
金属成形は良い仕事をしております。

IMG_3631.jpg

IMG_3632.jpg

少し黒すぎる気もしますが、マットな質感ときれいな削りだしです。
同様に少し白すぎる気もしますが、刻印もバッチリです。

IMG_3634.jpg

バッチリ・・・?
いや、むしろこれはバッチリです。
G&Pのギリギリなファインプレー。
実物とまんま同じ刻印じゃないよ!というアピールです。

IMG_3637.jpg

じゃーん。
エタノール消毒液の登場。
ネイルリムーバーを使ったら、白い刻印まで落としてしまいそうでしたのでね。
綿棒に付けてゴシゴシします。
ゴシゴシ、ゴシゴシ、、、

IMG_3636.jpg

Knight's Armament Companyの文字が完成しました。
そりゃモノホン他社の名前はだせんわな(笑

装着のためにバラしていきます。

IMG_3638.jpg

ネジを外して・・・

IMG_3639.jpg

フロントレイル部分が外れます。

IMG_3640.jpg

ハイダーも外しました。
ちゃんとシムが付いているのが嬉しい。
これは次世代ハイダーを付ける時にも便利です。

IMG_3641.jpg

フロントサイトのイモネジを緩めます。

IMG_3643.jpg

これで、ガスチューブごとフロントサイトが外せます。

IMG_3644.jpg

この状態で、フレーム側のリングを外せば・・・

IMG_3645.jpg

アウターバレルが抜けます。
こちらにもちゃんと調整用シムが付属しています。

今更ですが、説明書とか一切無いですからね。
G&Pですからね。
試行錯誤ですよ、まったく。

IMG_3646.jpg

取り外したパーツ類。
無くさないようにバットに入れておきます。
バットがボコボコなのは、ゼロイン試射の的としても使っているからです。

IMG_3649.jpg

ここで登場!
東京マルイ次世代M4アッパーフレーム&アウターバレル
ヤフオクで安いのがあったので買っておいた。
梅雨前だった気がするし、LaRueのレイルとかが付いていた気がするけれど、もう忘れたよ。

IMG_3650.jpg

仮組。
ネジ山は合うようです。
ひとまず安心。
ここでつまずいたら手の打ちようがなかった。

IMG_3652.jpg

再びバラして、次世代のアッパーフレーム。
この、なんちゃってマルイガスチューブ用突起があると、
普通のガスチューブは付かないのね。

IMG_3653.jpg

ドリルっきゃねぇ!!
ドリル径は5mm。
ただ、写真のずぱっとドリルは使いにくいのでお勧めしません。
フレーム素材との相性でしょうか。むしろ普通のドリルの方が良かった。

IMG_3655.jpg

最初は2.5mmで小さい穴を開けました。
我ながらこの精度すごくない?

IMG_3657.jpg

できた。

IMG_3658.jpg

いけそうですね。

IMG_3660.jpg

いけるねぇ。

IMG_3659.jpg

ガッチリ締めた時に、ガスチューブ穴がバッチリセンターにくるようにシムを挟んで調整します。
シム2枚がベストっぽい。

IMG_3661.jpg

本体を装着。
あれ・・・アウターバレルが下側に曲がっているね。
うん、困ったね。
調べると、MREではなくアウターバレルが斜め角度で付いてしいる様子。
マルイ次世代フレームにマルイ次世代アウターバレルを付けているのに、どういうことなのだ。

IMG_3662.jpg

パーツボックスをひっくり返したら、どこぞのバレル固定金具が出てきました。
シルバーが曲がって付く純正品。
ブラックがどこぞのなにか。

とりあえず、どこぞのなにかに交換してみよう。

IMG_3663.jpg

精度完璧なんですけどwww
どこぞのなにかすげぇー!!

あっさり解決して本当に助かる。

IMG_3664.jpg

フロントサイトとガスチューブ、次世代ハイダーを取り付けてできあがり。
思っていたよりも男前です。
ゴツいし、黒すぎるかと思っていたけれど、むしろ、存在感があって素敵よ。


さて、次は配線を考えないといけない。

実はここでつまずきました。
純正アウターバレルの配線コード穴が小さくて、ゴールドコネクターが通らない。
まさか、マルイ純正アウターバレルにも、フロント配線用とリア配線用の2種類があるとは思わなかった。
今回入手したのは強度と精度重視で配線穴が小さいリア配線用のアウターバレルだったのだ!
うーむ、残念。

IMG_3665.jpg

妥協して、フロント用配線をつけっなしにしてしまうことに。
M4初号機(ストックバッテリ-フレーム)とドッキングするときもRIS内に配線が残ってしまうが仕方ない。

IMG_3666.jpg

先端はレイルの穴を通してMRE内に隠せるように、コンパクトなT型コネクターにしました。
スイッチ配線を装ってPEQ2型のバッテリーボックスに付ける方がラクかな。

IMG_3681.jpg

IMG_3682.jpg

どうかしら?

IMG_3680.jpg

この辺が好きだなぁ。

IMG_3683.jpg

上から。

IMG_3679.jpg

しつこくてすみませんが、本当にかっこいい!
思っていたよりも細身なんだよね。

IMG_3689.jpg

ちょっと照明を変えました。
このリングがまた渋い。リング渋い!

IMG_3688.jpg

IMG_3684.jpg

IMG_3687.jpg

IMG_3686.jpg

いや、いいよ。
これ、すごくいいよ!!

IMG_3691.jpg

IMG_3700.jpg


フルアーマーなデルタ仕様!
できましたなぁ。

EoTech551レプリカは、赤羽フロンティアの中古コーナーに笑える値段で転がっていたので速購入。
一部ひび割れしたりしていましたが、瞬間接着剤で補強済み。

IMG_3693.jpg

IMG_3695.jpg

IMG_3694.jpg

ギャングスタグリップが似合うこと!

fc2blog_2015111920585396f.jpg

にゃは(言葉にならない)

IMG_3696.jpg

IMG_3697.jpg

IMG_3698.jpg

IMG_3699.jpg

よくやった自分!
これぞ漢のケジメ。

IMG_3701.jpg

「FAT4専用M4汎用型開発計画」と銘打って、
リア配線の初号機とフロント配線の弐号機をベースに、
MARSOC、LE、DELTAと多様なスタイルに対応できるM4を目指してきました。
ここまでくれば、着せ替えプロジェクトもなかなか様になったではありませんか。

とか言いながら、
次はフロント配線、弐号機仕様のMK18mod1に取りかかっているのですが・・・
ついにMgpul CTRストックですよ。レプリカだけど(笑

そんな感じで、まだまだ全然続くのじゃ。
ではでは、またね。

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.009 ギャングスタグリップ初号機 改三


こんにちは。
FAT4ことCです。

いろいろあって深夜にblogを更新です。
(終電逃しただけ)

11/14(土)のゲームが雨天中止になってしまったので、
仕方ないやと引きこもり、
パーツをゲットはしたものの、
時間が作れず、手も付けられずにいた作業を
だーっとやっておりました。

今回はそのうちの一つについて。

「ギャングスタグリップ」の改装です。
前回の記事
M4 Δ計画 No.007 ギャングスタグリップ試作初号機 改二

IMG_3667.jpg

入手したのはこちら。

●ライラクス Surefire リモートスイッチ
コードの長い方です。
おそらく廃盤製品で新品購入は困難なのですが、
上手い具合に中古をゲットできました。

IMG_2975.jpg

今まで使用していた「G&P製 GP119 プレッシャースイッチ SUREFIRE」に比べて、
かなり「それらしい」形状をしています。

これは良い!
きっと6Pとばっちりマッチするに違いない!

IMG_3669.jpg

さっそくスイッチをバラシます。
情けは無用。
戦いは非常。
ためらいなどない。
カッターでぶったぎる!

IMG_3671.jpg

へぇー、こうなってるんだー(棒)

IMG_3672.jpg

はんだごてで熱して、基盤からコードを分離。

IMG_3674.jpg

BECコネクターを付けます。
関連記事
http://watchyoursix.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

IMG_3675.jpg

作動テスト。
ぺかー・・・
うむ、良い調子だ。

IMG_3676.jpg

ちゃんと配線して再チェック。
ぺかー・・・
素晴らしいな・・・
(テープは撮影用にスイッチを押しているだけです)

IMG_3706.jpg

M4に装着。
レイルがネタバレを含んでいますが、気にしないで。
すぐに記事書きますから。
SUREFIRE 6Pとの合いが完璧ですね。
専用パーツかと思うくらい。
レプリカらしからぬ貫禄。
やるな!ライラックス!

IMG_3704.jpg

いや、もうこれ非の打ちどころがないんじゃなかろうか・・・
いいのか?
俺のギャングスタグリップがこんなに完璧なわけがない・・・
夢じゃなかろうか・・・?

まぁいいや。
眠いし。

何はともあれ、これやべぇーーっ!!
「ギャングスタグリップ初号機 改三」でした。

ではでは、またね。

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.008 Ready Mag System G&Gレプリカ


>>この前のお話

こんにちは。
FAT4ことCです。

さて、いよいよM4Δが完成します。
まだ完璧ではないので完成ではないのかもしれませんが、
それを言い出すと「完璧とはなんぞや」という思考迷宮に迷い込む羽目になるので割愛します。
ひとまずの終了は、つまりは完成。
そういうことで。
湿っぽいのは先日済ませたので、さくさく行きますよ。

最後のアイテムこと、レディマグを組み込みます。

IMG_2993.jpg

●G&G製 G-07-053 M16 Ready Mag System

IMG_2954.jpg

フォートレスさんにて購入。
最近、在庫に不安がある品はとりあえずフォートレスさんに注文している気がします。
メール返事に「メーカー問い合わせになります」と書かれてドキッとしても、すぐに「ありました」と連絡が来て安心します。
ホームページに掲載されているアイテム数も、群を抜いて多くて便利です。

脱線しました。

レディマグについてです。
G&Pからもレプリカが発売されていて、こちらの方がメジャーなようなのですが、
・次世代に上手く付かない(加工が必要)らしい
・私が個人的にG&Gの方が良い仕事をすると思っている
上記の理由でG&Gを選びました。
ギャングスタグリップに使った1インチライトマウントもG&Gですしね。

IMG_2956.jpg

アップの写真。
良い鉄感です。
実物の重くてゴツい感じを良く再現しています(笑
あと、色がリアルで感動しました。
黒ではなく、オリーブグリーンが混ざったようなグレーです。
なんでこんな色なの?という微妙な感じの色がバッチリ出ています。
いや、これ誉めてますのよ!
そこも含めてレディマグの魅力です。

IMG_2959.jpg

反対側。
刻印キター!!
やってくれましたG&G!
必ず刻印が入っているのがね、なんとかならんのかね。
せっかく良いできなのになぁ。
パテで埋めて塗装することも考えましたが、この色を再現できなそうなので諦めました。
目立たないから大丈夫!

さっそく装着して仮止めしてみましたが、すこしサイズが大きいようでガタガタしてしまいます。
小さいよりはましですが、このガタツキは気になります。
このままだと、マグチェンジの度のこすれてフレームを傷つけてしまいます。

そんなときはコレ!

IMG_2960.jpg

パーマセルテープ

張っても剥がせて、粘着力もそこそこあり、マットな素材でタクティカルアイテムに馴染む、便利な撮影用テープです。
グリップに巻いたり、折ってたたんで光学サイトの高さ調整にかませたり、ことあるごとに使ってます。

IMG_2961.jpg

そしてもう一つは、
●マジックテープ
そのまんまや(笑

M4汎用型初号機のストック交換時にも使用していますが、マジックテープは緩衝材としても使える素材です。

IMG_2964.jpg

後で剥がせるように、パーマセルテープを貼った上にマジックテープを貼り付けます。
この方法なら、失敗してもやり直しができるのです。
不器用の知恵、素晴らしいリスク管理。
えっへん。

IMG_2963.jpg

前側の固定用パーツにも同様に貼り付けます。

IMG_2973.jpg

組み込み。
ガタガタしなくなりました。
うむ。素敵。

IMG_2995.jpg

マガジン2本がきれいに揃っています。
良いではないか!
IMG_2967.jpg

IMG_2990.jpg

・・・うつくしい・・・

delta002blogsize002_201506282113458f3.jpg

IMG_3010_20150628211346cdf.jpg

いかがでしょう?
グリップ違うとかSUREFIRE違うとかありますが、頑張ったんじゃないかな?
頑張ったよね?
もうゴールしてもいいよね?
それはダメか、死亡フラグだし。

ということで、
M4Δ計画完成です。
いやー長かったですね。
皆様も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

IMG_3014.jpg

IMG_3013.jpg

わーいデルタなM4だー!!
カッコイイ!!
カッコイイようぅ・・・

しかし、だがしかし、
銃ができただけで、デルタ装備ができたわけではありません。
デルタの頂はまだ厚い雲の向こう側で、その姿を見ることもできません。

いやー大変だー。
先長いなー。

ヘルメットかプレキャリか・・・
やれやれだぜ。

とはいえ、ここで一段落。
M4ができればデルタベースのUO(Unknown Operator)装備っぽいのはできますからね。
しばらく、それで誤魔化そうかな。

ではでは、またね。

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.007 ギャングスタグリップ試作初号機 改二


>>この前のお話

こんにちは。
FAT4ことCです。

梅雨ですね。
雨が降るとゲームは出来ないし、自転車にも乗れません。

家から出られずやる事がない、
ということには全くもってこれっぽっちもならないあたり、私の業は深いのです。

あれもしたい!これもしたい!
もっとしたい!もっともっとしたい!

昔の人は良いことを言いますね(笑

ブログを書くにしても、気分的なノリというのがありまして。
ノリの悪い時に書くと、どうしても規定演技をクリアしているだけの文章になってしまい、面白くありません。
書き手の自分が楽しくないと、読む方はもっと楽しくないはずなので、テンションはとても大切なのです。

設計図(構成)を考えながら撮影をしている時は楽しかったのに、実作業(書く段階)に入ったらどうにも気持ちが高まらない。
そういうことも、時にはあるのです。
はてさて、どうしたものかしら。
ウォーミングアップ的に長い前置きを書いたりして、頭と心の整理をしてみたりします。

・・・そうか。
これは、あれかな。
名残り惜しいのかもしれない。

M4Δは今回を含めてあと2回で完成終了します。
それがちょっと寂しいのかもしれません。
まぁ、内部を初号機と同じカスタムにしたり、フロントをナイツMREにした弍号機Δ用着せ替え計画の構想はありますが、とはいえそれはまた別のお話。
それらもまた、目的が達成されれば終わるのです。

メメント・モリ(羅: memento mori)
「いつか必ず死ぬことを忘れるな」

昔の人は良いことを言いますね(苦笑

このブログもいつかは終わります。
もちろんチームのブログですから、もし私が書けなくなってもメンバーが続けてくれるでしょう。
でも、それも永遠ではありません。

自分は、あと何回ゲームに行けるのでしょう。
自分は、あと何回ブログに記事を書けるのでしょう。
自分は、あと何回こうして夏を心待ちにするのでしょう。

やれやれ…

まぁそういうわけですから、雨が降った程度で「やることがない」なんて言えないのです。

あれもしたい!これもしたい!
もっとしたい!もっともっとしたい!

昔の人は、本当に良いことを言いますね(真面目



さて、

今回はギャングスタグリップが完成したお話です。

IMG_2989.jpg

レプリカのプレッシャースイッチが付きました。
これでボタンスイッチが存在意義を立証できます。

⚫︎G&P製 GP119 プレッシャースイッチ SUREFIRE

IMG_2975.jpg

独自の形状が残念ですが、実物surefire対応のレプリカスイッチはこれくらいしかないので仕方ありません。
むしろ、この形状が良い!
くらいの前向きな気持ちでいきましょう。
レトロな感じが6Pに似合う的なアレですよ、素敵ステキ。

IMG_2977.jpg

surefire6Pが旧型なせいか、スイッチカバーが干渉してスイッチ通電域までねじ込めませんでした。
写真のようにゴムパッキンを追加し、接触面を前に押し出すことで解決しました。

ゴムパッキンの材料にしたのはこれ。

IMG_2976.jpg

ロードバイク用のチューブです。
グリップにライトスイッチを固定するために使用したりもしています。
(以前にコチラに書いてます)

さっそくスイッチ部分を分解します。
安価なレプリカですから、それほど強くはありません。
デザインカッターで、えいやっとぶった切ります。

IMG_2981.jpg

ほえー、こんなふうになってんだ。
でも、いらんし。
斬り切り。

IMG_2979.jpg


グリップにボタンスイッチを組み込む時に使用した
コネクターを取り付けます。

IMG_2982.jpg

コネクターオス取り付け完了。

IMG_2983.jpg

グリップ内にケーブルを通して、コネクターメスとドッキング。
せっかくなので、以前作成したPEQ用のスイッチケーブルも通しました。

IMG_2984.jpg

テスト。
良好です。

IMG_2986.jpg

続いて6Pもテスト。
うむ。
良好です!

IMG_3006.jpg

IMG_2998.jpg

M4に装置しました。
配線もわりとスッキリです。
PEQ2型はダミーのバッテリーボックスなので、スイッチケーブルはなんとなくな処理でそこはかとなく馴染んでくれれば、分かんなくない?

IMG_3002.jpg

良し!
ギャングスタグリップ完成です!

いやいや、長かった。
やはり、これが一番の難関でした。
無事にできて良かった。

あとはゲームでもげないと良いなー
なー
なー・・・

はいっ!

そして次!

画像でネタバレしまくっている「レディマグ」です!

次回、いよいよM4Δ計画最終回!

つづく!

>>つづき

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 Δ計画 No.006 Aimpoint COMP M2 レプリカ


>>前回のお話


こんにちは。
FAT4ことCです。

梅雨前だというのに暑いですね。
ゲームに行かれる方々は熱中症にお気を付け下さい。
塩タブレットとなどオススメです。

私?
私は今月も難しそうですね。
7月にリベンジしたいのですが、はてさて、どうなることやら。

さて、今日の一品はドットサイトです。
ダットサイトと記載されていたりもしますが、あれはどっちが正しいのですかね。
英語発音をどう聞き取るか、という話なのでしょうが。
できれば統一して欲しいなぁ。
ここでは”ドットサイト”と表記させて頂きます。

IMG_2712.jpg

●Aimpoint COMP M2 レプリカ(ノーブランド)
定番中の定番ドットサイトですね。
エアガン市場さんで購入しました。

ナイツタイプのローマウントが付いているのは、そもそもM14用のサイトと考えていたからです。
(M14のサイトで悩んだ記事はコチラ
結局M14はノーベルアームズTAC-ONEを共有する方向で落ち着きましたが、やっぱりCOMP M2も持っておきたいという思いが強くてGETです。
M4にも似合いますしね。
コーディネイト的に押さえておきたい定番アイテムという感覚です。
例えるなら、コンバースのオールスターみたいな感じ。持って無いけど。

delta002blogsize002_20150520001457712.jpg

それでいつもの写真。
このマウントがナイツのローマウントではないかと思ったのですね。
バカですねぇ。
ほんとバカ。

IMG_2752.jpg

とても低い(当たり前)
全然前が見えない(当たり前)

なぜじゃー、としばらく悩みました。

blog_unnamed0056.jpg

この写真を見て・・・

IMG_2719.jpg

●LaRue M68レプリカ で妥協しようかな、と思ったり・・・

IMG_2706.jpg

IMG_2707.jpg

マルイ純正キャリングハンドルに、ノーベルアームズのマウントを付けて・・・

IMG_2724.jpg

クラシックスタイルもアリかな、と脱線してみたりしました。

しかし、しかし、
謎はついに解けた!!


IMG_2891.jpg

ぎゃー!!
写真がぶれてる!!
(本当、そろそろ撮影用の照明をちゃんと考えよう)

●Aimpointo QRP & QRP用スペーサー
のレプリカになる ●G&P L型マウント(GP115A)

つまりはAimpointの純正マウントだった、というオチですね。

IMG_2922.jpg

delta002blogsize002_20150520001457712.jpg

どうでしょう?
たぶんあってる。
きっとそう。

IMG_2918.jpg

高さもなんとかギリギリでいけます。
視界の下1/3くらいがPEQ2型に重なってしまいますが、ドットはしっかり標的に合います。
うむ。よし。

IMG_2919.jpg

う・・・うぅむ。おおかた良し。

IMG_2917.jpg

さてさて、
やっと全貌を公開できるところまでたどり着きました。
とりあえず、現状でもゲームに導入は可能です。
長かったなぁ。

ただ、あと一つ。
足りていないアイテムがあるのですよ。

そう、レディマグがね。

最近ではほとんど目にしない一品です。
ちゃんとレプリカを入手できるんかな。
ちょっと気合いを入れて探しますか。

加工しないと次世代M4には付かないとの情報もあります。
まだまだ、気は抜けないですね。

最後のM4Δ記事は少し先になってしまうかも・・・

ではでは、またね。

>>つづく → つづき

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017