WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > SCAR-H(MARSOC仕様)

Comment (0)  Trackback (0)

Element M3X Tactical Illiuminator Long Version 塗った


こんにちは。
FAT4ことCです。

前回の記事はこちら。
http://watchyoursix.blog.fc2.com/blog-entry-148.html

塗装に失敗したことをblogに書いたのが3月20日ですから、
あれからほぼ8ヶ月が経ってしまったことになるのですが・・・

KRYLONのカーキカラーが全く手に入らない。

厳密には、
ヤフオクで見つけるも人気殺到で高額になったため断念したり、
DISCOVERY58さんの入荷情報を見逃したり(これは痛かった・・・)と、
入手チャンスはあったのですが、
まぁ、なにごともタイミングですかね。

ということで、KRYLONカーキは諦めました。

別の用途でインディのコヨーテタンカラースプレーを購入しましたので、
ついでに塗ってしまいます。

IMG_3752.jpg

経験的に、
こうやって諦めて後戻りのできない作業をした途端に入荷したりするんですよね。
いやマジで。
ギャングスタグリップもそうだったし。
私、そういう星の下に生まれてますから。
年末年始にかけて、KRYLONカーキの入荷がありますよ。きっと。

IMG_3756.jpg

前回KRYLONサンドで塗装して明るすぎる色に変身したM3Xレプリカ。
マスキングもそのままに、8ヶ月間放置されておりました。
ごめんね。
LA5とSUREFIREのM600cレプリカSR-D-ITレプリカがあると、事足りてしまうのです。
でも、忘れてなんかいないよ。
キミのことはずっと気になっていたんだ。
いや、本当、マジマジ。

IMG_3760.jpg

塗った。
ちょっとだけ、こくなりました。
まだ少し明るいブラウンですが、もう気にしません。
気にしたら負け。

IMG_3761.jpg

コンビを組むことになるFMA製刻印入りLA5(新規参入)とダブルリモートスイッチと並べてみました。
LA5はもともと少しグレイが強いし、レプリカのリモートスイッチはブラウンが過ぎる気もしているし、
いいんじゃないですかね。そう悪くは無いと思う。

IMG_3764.jpg

塗装のために外していた、ヒモや金具を取り付けます。
らしくなって参りました。

IMG_3779.jpg

やっと使えるよ。WARRIORSさんのリアルスラベルステッカー。

IMG_3781.jpg

IMG_3780.jpg

黒が好きなので、黒を張りました。

IMG_3782.jpg

何かの拍子に購入したタミヤのウェザリングマスターを使ってみます。
しかし、なぜブラウン系でなくこんな微妙な色を買ったんだろう。
ちゃんと目的と理由があったはずなのですが、まったく思い出せない。

IMG_3783.jpg

なにこれ、アイシャドウじゃん。
ブラシなんかまんまですやん。

だが男だ。

詳しすぎるのもキモイっすよね。
いやアレっすよ。仕事でそういうのもやってるだけでね。
いや本当。マジマジ。

・・・塗って見たけれど、粒子がきめ細かすぎて、ぱっと見の差はぜんぜん解らん。
ニュアンスツールだね、これは。

IMG_3903.jpg

SCAR-Hに装着!
写真だと目立って見えますが、実際はそんなことないのよ。

IMG_3902.jpg

反対側はこうなってます。
ダブルリモートスイッチを無理矢理タンゴダウングリップに取り付ける暴挙。
でも案外いけるよこれ。

IMG_3784.jpg

LA5には、これまたWARRIORSさんのステッカーキットを貼っています。

IMG_3905.jpg

うん。
まぁ、充分ですね。
あとで汚し塗装の練習に使って使用感をだそう。

これで、MARSOCなM4&SCAR-Hの付属品はおおかた揃ったことになります。

ではでは。
またね。

Category: 銃器 > SCAR-H(MARSOC仕様)

Comment (4)  Trackback (0)

BLUE FORCE GEAR VICKERS COMBAT APPLICATION SLING


こんにちは。
FAT4ことCです。

9月です。
雨ばかりです。
でも、晴れるとまだまだ暑いです。

夏の終わりにノッツさんの「そんな夏休みを過ごしたいだけの人生だった」を読んでしまい、
半ば強制的にセンチ気分に浸らされてしまうのですが、
でも決して不愉快ではなく、
伝える力があるってすごいなー、
とぼんやりしてしまう曇天の午後。

夏が終わりますね。



先週に続いてMARSOC(マリーン・レイダース)な装備のお話。

我が家の委員長OF委員長。
飛距離、命中精度、速射性能、全てにおいてハイグレード。
SCAR-Hさんの登場です。

IMG_3242.jpg

●BLUE FORCE GEAR VICKERS COMBAT APPLICATION SLING

スリングです。
スリングじゃん。
そうです。スリングです。
SCAR-Hでなくても使えるじゃん。
知ってるよ!
でも、これはSCAR-Hさんのなの。
委員長専用なの!

marsoc0316_12.jpg

ほら!
ね!

・・・これ、TROYのスリングだったかもね。
まぁ、いいや。
BLUE FORCE GEARの使用例もあるようだし、
欲しかったし、そう、欲しかったし。

このスリングのなにがどう凄くて便利かというと・・・
FAT5がブログ「タクティカル原人」にとても解りやすく書いているので、是非そちらを読んで下さい。

BLUE FORCE GEAR VICTORY 2POINT SLING

いやぁ、さすがFAT5だなぁ。
面白い文章、広い知識、かなわないなぁ。
これじゃあ自分が書くことなんて、もう何もないなぁ・・・

えへへ。
ラクしちゃ、ダメかな?

IMG_3234.jpg

パッケージが変わってこんなのになりました。

IMG_3236.jpg

こんな風に入っています。
購入したのは、赤羽にあるトルーパーズさんです。
BLUE FORCE GEAR製品の取り扱い量はピカイチです。
そして価格も安い。
BFG製品をお求めなら、電車代を払って行く価値はあります。

IMG_3240.jpg

中身はこうです。
スリングスイベルなどは付属しませんので、使用する銃に合わせて別途購入する必要があります。
最大の特徴はパッドです。
パッド付き!
重い銃でも平気です。
え?
いや、大丈夫だよ!
委員長は重くないよ!
そういうことじゃないんだよ!

IMG_3246.jpg

長さ調整のベルト。
ここだけ色が違う。
違わなくても良いのに・・・
これを引っ張るだけで簡単に長さ調整ができます。
シンプルな構造ですが、とても便利なシステム。

IMG_3247.jpg

もともと持っている2点を使います。
ITW HKフック(左)
QD スリングスイベル(右)

IMG_3248.jpg

こういうところにもBLUE FORCE GEARのロゴが入っています。
細かいこだわり、大事です。

IMG_3253.jpg

ITW HKフックを取り付け。
ここでニューアイテム登場。

IMG_3255.jpg

じゃーん。
カバーです。

IMG_3256.jpg

こうなります。
フックを覆うことで、銃本体に傷が付くことを防ぎます。
これは良い物だ。

IMG_3260.jpg

こう付けてから・・・

IMG_3261.jpg

カバー!
ふははっ!
完璧ではないか!
SCAR委員長は傷つかない!

IMG_3257.jpg

QD スリングスイベルも取り付け。
付け方に、これといったひねりはないです。
生地が厚めだから、この止め方でもしっかり固定される様子。

IMG_3262.jpg

ワンタッチ装着。
便利。

IMG_3267.jpg

IMG_3271.jpg

ふつくしい。
やはりSCAR-Hさんや・・・
なんでもはできないけれど、できることはなんでもできる委員長や・・・

marsoc0316_12.jpg


IMG_3273.jpg

きましたわ!
これもういいんじゃないですかね?
こっそりハートロックに忍びこんでも怒られないんじゃないですかね(笑

あとはハンドガンホルスターかな。
この特徴的なブラウンカラーはどこのメーカーでしょう。
カイデックスはお高いしなぁ。
それにこの銃、ガバメント1911ではないかしら。
我が家にはGlockさん(しかも17)しかいないのですが・・・

とりあえず、これでゲームには行っちゃおう!
うふふ。
読書の秋はメガネ委員長の季節ですよ。

ではでは、またね。

Category: 銃器 > SCAR-H(MARSOC仕様)

Comment (0)  Trackback (0)

KRYLONサンドカラーとM3X&AFG2


失敗した。
失敗した。
失敗した。
失敗した。
私は、失敗した。

こんにちは。
FAT4ことCです。

元ネタのように、
手の打ちようが無く、
どうやっても取り返しの付かない失敗ではありません。
失敗も想定済みの、テストとも言える程度の失敗です。
とはいえ、兎に角、今回は失敗したお話です。
ですから、真似しないで下さいね。

IMG_2489.jpg

●KRYLON サンドカラー

沖縄のDISCOVERY58さんからやって参りました。
以前から別の店舗さんでKRYLONのカーキカラーを予約し、入荷待ちしているのですが、
今回サンドカラー入荷の報を聞きつけて購入してみました。

塗ってみるのはこの二品。

IMG_2492.jpg

●Element製 M3Xタイプレプリカ

IMG_2493.jpg

●Magpul PTS Angled Fore Grip 2(AFG2)レプリカ

以前に書いた「FMA PEQ LA5 Upgrade Version」のラストに、
新キャラがシルエット登場で次回に続く、、、!
的な紹介をした二品です。

LA5のクオリティが予想以上に高く釣り合いが取れないため、
KRYLONカーキで塗装でもしないと並べて使えない、、、
そう判断し、マスキングだけした道具箱にしまっていました。

予定していたカーキではありませんが、(ここがポイント!)
サンドで塗装してみましょう。

IMG_2501.jpg

いつものように一番時間を掛けて、慎重かつ丁寧にマスキングをし、
塗装用に竹串で立たせます。

どう見てもお盆の精霊馬ですね。
ご先祖さまもこんなのには乗りたく無いでしょうが。
いや、でもM3Xなら闇夜に明るくて便利かもしれない。
ないか。

IMG_2503.jpg

塗りました。
相変わらず、驚くほどに色ののりが良いスプレーです。
KRYLONは自分のような不器用さんに優しいので、大好きです。

そして、ナイスな素敵質感。独特のマット感にシビれます。

色は、色は、、、明るいですね。
想定よりもずいぶんと明るいです。

失敗、、、したね。

IMG_2508.jpg

以前、KRYLONカーキで塗装したCrye AirFrameレプリカと並べてみました。
やはり、カーキの方が似合う色ですね。

失敗、、、したな。

IMG_2511.jpg

MK18mod1に仮装着。
明るいねぇ。
失敗だねぇ。

IMG_2514.jpg

やはり、KRYLONカーキカラーが入荷するのを待つとしましょう。
WARRIORSさんで購入したリアルなラベルシートもお蔵入りです。

とはいえ、転んでもただで起きるわけにはいきません。
「転んだら、ネタと思え!」学生時代にそう習ったワタクシです。

KRYLONサンドカラー。
どんな色特性なのかは把握しました。
M4の全体塗装など、複数の色を重ね塗りする時のベースカラーに向いていると思います。

まぁ、カーキを重ね塗りしたら、思いかけずにいい感じになったりするよ。きっと。

というわけで、
たまにどころか、しょっちゅうある、失敗の話でした。

ではでは、
またね。


Category: 銃器 > SCAR-H(MARSOC仕様)

Comment (0)  Trackback (0)

ELCAN SPECTER DR / 色変換


こんにちは。
FAT4ことCです。

毎日更新。
うふふ。

いえ、決してヒマなわけではないのです。
今日も大掃除でバタバタですし。
風邪も引くし。
のども痛いし、熱も出るし。
明日(来年)倒れます。
そして、本当にヒマになって、またblogを書くのでしょう。

あれデジャヴ?
今年の正月と全く同じな気がするわ。

それはさておき、
今年の汚れは今年のうちにと言いまして、
気になることは今日のうちに解決しておきたいお年頃。

ELCAN SPECTER DRの色がね。
デーハーなのですよ。
金色ピカピカでね。

_DSF2854.jpg

実際こんな色なのかなぁ。
だって金ですよ。ゴールドですよ。
そんな色のトンデモ兵器は、百式かナイト・オブ・ゴールド(K.O.G.)くらいですよ。
どちらも永野護デザインじゃん。
あの方の天才っぷりもトンデモですもんね。規格外だもんなぁ。
やれやれ。

なんてことをウダウダ考えながら、iPhoneにため込んだミリフォトの整理をしていると、
見つけてしまったのです。
余計な写真(もの)を。

unnamed_20141231171446517.jpg

うわぁ・・・
ちょーまっ黒じゃん。
全部まっ黒じゃん。
支給のELCAN黒いんじゃん。

実際、濃いめのグレイだったり、焦げ茶っぽい色だったりと、いろいろなんですよね。
色だけに。
ただ金色はほとんどないのです。
やはり、ここは黒く塗ってしまうしかない!
金色→モザイク!
言いたかっただけ!

_DSF2857.jpg

_DSF2856.jpg

いつものようにレンズをマスキングします。
カッターを使って丁寧に仕上げます。
ここ、本当に重要です。

_DSF2858.jpg

使用するのは、インディのパーカーシール。
余ってたというのが正直なところですが、
金色っぽかったMK18のレイルをグレイ・ブラウンなトーンに仕上げた実績があります。
あの時より多めにスプレーして、よりしっかりしたダークグレイにしてしまいましょう。

_DSF2859.jpg

塗った!
素敵なダークグレイ!
大掃除の片手間に1時間に1回のペースで3回スプレーしています。
薄くまんべんなくのイメージ。

_DSF2860.jpg

光の角度によってはこんな色にも見える。
さすがインディ、良い色です。

_DSF2861.jpg

乾いたら裏も軽くスプレー。

1時間ほど放置して乾燥させ、仕上げ作業に入ります。

_DSF2862.jpg

用意したもの。
・小皿
・ネイルリムーバー
・綿棒(メイク用の先が尖ったヤツ)
・竹串
・安全ピン

_DSF2863.jpg

綿棒にネイルリムーバーを付け、クイックリリースバーなどもともと黒だった部分の塗装を落とします。
写真の左側のバーが塗装を落としたものです。
落ちきらない箇所もウェザリング(汚し塗装)みたいで味が出ます。
手抜きじゃないです。狙いです。

_DSF2865.jpg

ここで安全ピンの登場。
安全ピンで刻印を軽くこすって塗装を剥がします。
そのままだとひっかき傷みたいなので、
ネイルリムーバーを竹串に付け、刻印をなぞってケバケバをなじませます。
仕上げに乾いた布や指でゴシゴシしてならします。

_DSF2870.jpg

刻印でてきた!
ホワイトで塗ったほうがきれいなのでしょうが、腕に自信がないのでこれでOKとします。

_DSF2873.jpg

_DSF2874.jpg

完成!!
よいですねぇ。
アンバー系の光をあてると、下の写真のようにTANカラーっぽく見えます。
わずかに残った下地のGOLDに反射するのでしょうか。
だが、それが良い!

さぁ!取り付け!

_DSF2878.jpg

_DSF2882.jpg

_DSF2880.jpg

_DSF2877.jpg

SCAR-Hに合う!
似合うっ!!
ブラックではなく、ダークグレイにしたのが正解でした。
予想以上に素敵っ!
思い切って塗って良かった!

さて、続いて・・・

_DSF2886.jpg

_DSF2883.jpg

_DSF2884.jpg

_DSF2885.jpg

M4A1 RISⅡ

( ゚д゚)
・・・ヤベェ!
カッコイイ!
ちょーカッコイイ!
どうしよう、カッコイイ!

RISⅡのブラウンとAFGの黒と相性バツグンですね。
あと、なんかあれ、M600Cとか写ってますけどね。
まぁ、それはまた後日にでも。

とにかく、これは良い!
今年の最後に良い仕事をした!

これで今年はすっきり終われるわ~。
落ち着いて紅白見ながら寝落ちできるわ~。

興奮して熱でてきちゃったよ。
こっちもヤバイ。

いや、にしてもヤバイ。
ELCANヤバイ。

バイバイ。


-追記-
エリートさんで最新型の実物ELCAN SPECTER DRを発見し、
許可を頂き撮影させてもらいました。





蛍光灯の影響で色がグリーン気味に転んでいますが、
今回の塗装とそっくりのグレイです。
嬉しくてニヤニヤが止まりませぬ。
いやいや、良い仕事をした。

Category: 銃器 > SCAR-H(MARSOC仕様)

Comment (5)  Trackback (0)

SCAR-H その2


こんにちは。
FAT4ことCです。

仕事がアレ過ぎて間が開いてしまいました。

「東京マルイのSCAR-Hがそれなりになったのでまとめてみよう」
というのが今回のお話です。

_DSF2709.jpg


SCAR-Hは以前にも記事を書いているのですが、
話のメインが別なので扱いがおざなりです。
実はかなり「できる娘」ですので、ちゃんと紹介してあげたいのです。
優等生すぎてかまってもらえない、そういうポジションになりつつあるので、
それこそ大切にしてあげなければなりません。

_DSF2692.jpg

SCAR-H用の外装一式です。
M4と共有の物もありますが、なかなか壮観ですね。

左上から、

・ELCAN Specter DR 1x-4x
・NOVEL ARMS TAC ONE 12424IR & Trijicon RMR
・MAGPUL-PTS AAC サプレッサー 
・同上の付属ハイダー
・マルイ純正エクステンションバレル & PWS社ハイダー

ここから左下
・GG&G Extreme Tactical バイポッド
・Atlas BT10-LW17 バイポッド
・GPS02グリップバイポッド
・G&P QD レイダーグリップ GP921S
・PEQ-15 LED

ちなみに、ノーベルアームズ以外は全てレプリカです。
TAC ONEもAirSoftOnlyですからレプリカみたいなものですが。

ゲームフィールドの状況や作戦内容、その日の気分によって組み合わせを変えます。
今回はざっくりと3つのカテゴリーに分けて紹介しようと思います。

おっとその前に、
一つだけ新しい装備が追加されているのでご紹介しましょう。

_DSF2699.jpg

●Atlas BT10-LW17 バイポッド

_DSF2701.jpg

メタルパーツのくぼみに合わせて左右の脚が個別に角度調整できます。
長さの調整は段階式です。
少し渋いので慣れが必要そうです。

_DSF2703.jpg

一番の特徴は下部のこのダイヤルだと思います。
これを緩めると...

_DSF2704.jpg

このように、バイポッドを地面に固定したまま砲身を左右に振ることが可能になります。
左右に動く標的を射貫く際にはとても便利です。

GG&Gバイポッドに比べ多機能ですが、その分重く操作も複雑です。
Atlasを装備する時は、狙撃に徹するべきなのでしょう。
これも使い道ですね。

【Case01】民生仕様

_DSF2697.jpg

_DSF2696.jpg

・NOVEL ARMS TAC ONE 12424IR & Trijicon RMR
・マルイ純正エクステンションバレル & PWS社ハイダー
・GG&G Extreme Tactical バイポッド
・G&P QD レイダーグリップ GP921S
・PEQ-15 LED

以前から組んでいた形態です。
最大のこだわりポイントは「PWS社ハイダー」レプリカです。
これ、実はレアアイテムでなかなか手に入りません。

_DSF2698.jpg

一般的に、SCAR-L(ライト)ではなく、わざわざマガジン運用の面倒なSCAR-H(ヘビー)を購入する方々は、
たいてい米軍やUKSF装備を念頭に置いているはずなのです。
それを敢えて民生仕様標準装備のPWS社ハイダーに交換する物好きがいるでしょうか?
いや、いない。
そういう理由で売れなかったのだと思います。

まぁ、ここにその物好きがいたわけですが...

P1110344-1024x684.jpg

2012年のShotShowにFN社が出展したSCARと同型機の画像です。

P1110375-1024x684.jpg

F.T.C.R.Y.は和製PMC設定でしたので、使っている銃も民生品だろう。
そんな理由で入手してみたのですが、
今となっては買っておいて良かったと思う一品です。
素敵ですね。

specialforcesscar.jpg

GG&Gのバイポッドも米軍で使用している画像があります。
MARSOCでしょうか。
思えばウッドランドBDUに魅了され始めたのはSACRーHのミリフォトを探すようになってからでした。


【Case02】中距離型(例のヤツ)

_DSF2705.jpg

もうピンときている方も多いのではないでしょうか。
そう例の写真のSCARです。

5520175732_a34296f8f8_b.jpg

この写真のSCAR-Hは本当にカッコイイですね。
しびれて、あこがれました。
私がSCARーH購入を決めるきっかけになった写真です。

入手から1年、ようやくたどり着けました。

_DSF2706.jpg


_DSF2708.jpg


・NOVEL ARMS TAC ONE 12424IR & Trijicon RMR
・MAGPUL-PTS AAC サプレッサー 付属ハイダー
・Atlas BT10-LW17 バイポッド
・G&P QD レイダーグリップ GP921S
・PEQ-15 LED

サブのダットサイトがDrタイプではなくRMRなのは、
完璧再現が不可能な故の言い訳みたいなものです。

バレルが短いので、運用はしやすい形態ですね。

【Case03】近距離型

_DSF2711.jpg

思わずAACサプレッサーを装着していますが、
ミリフォトで最もよく見るSACR-Hの装備ではないでしょうか。

_DSF2713.jpg

・ELCAN Specter DR 1x-4x
・MAGPUL-PTS AAC サプレッサー 付属ハイダー
・GPS02グリップバイポッド
・PEQ-15 LED

ELCANさんの存在感は格別です。
軽量で小回りがききつつ、狙撃にも対応。
軍で好まれるのも解ります。

925490_1429381800656549_2138542456_n.jpg

かっちぶーですね。
この靴、DISCOVERY GTXじゃないかな。
希望的観測かしら。


ということでSCAR-Hのご紹介でした。
色々と組み合わせ次第な現代っ子です。
やはり民生仕様がラインナップに入っていることがポイントですね。

ちなみに、中身はオルガさんのロングレンジカスタムなので、
40mの狙撃が可能です。
M4も例の計画で性能アップしましたが、まだ少しだけSCAR-Hの方が高性能です。
元が良いので大幅なカスタムをせずとも数値が出ます。
その辺が「優等生」の所以です。

東京マルイSCAR-H。
我が家の末娘は万能です。



SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017