WATCH YOUR SIX !

Category: M4 FAT4専用機 > HK416D

Comment (0)  Trackback (0)

TokyoMarui HK416D DEVGRU Custom → Delta Custom

こんにちは。
FAT4ことCです。

そんなこんなで年末に勢いで買ってしまった鉄砲のお話です。
うへへ。

IMG_3030.jpg

IMG_3034.jpg

●東京マルイ次世代HK416D DEVGRUカスタム (ノーブランドレプリカGeissele SMR 10.5 BK 装着アッパー付き)

都合よくワタクシのためにカスタムされたような次世代HK416Dがヤフオクにありましたので飛びついてしまいました。
マルイの次世代HK416Dといえば、箱出しで私のカスタムCQBRと同等の飛距離で集弾性が良いという苦い思い出のある品です。
あれ以来「マルイはとんでもないモノを作った!」「既存の次世代を遺物にする気か!」「次世代HK416は悪い文明!」と心の中でヘイトスピーチを続けていたのですが、欲しくなったのであっさりと趣向替えです。
人は変わるものさ・・・

さてこのHK416D、
中身はノーマルですが、Lipoバッテリーでの運用を前提にSBDが組み込んであるのが高ポイントでした。
ノーマルでかなりの高性能ですから、あとはモーターをサマリウムコバルトモーターに変えればカスタム完了な気がしています。

うちのM14も数奇な運命でノーマルにサマコバモーター積むことになったけど、それだけですこぶる調子が良いしね。

IMG_3033_20180108183205acc.jpg

IMG_3036.jpg

Geissele付きのアッパーがセットな割にお買い得価格だったと思います。
マルチカムな近代Deltaをやる予定はないのですが、ついでくらいでゲットできる時は購入しています。
将来への投資、といったところでしょうか。

IMG_3032.jpg

早速余っていた次世代M4ハイダーをワッシャー等々をかませて取り付け、
LaylaxのM4 QDサプレッサーが装着できるようにしてあります。
このサプレッサーは本当にワンタッチで脱着ができるのでとても便利です。
4年くらい前に買った自分をほめてあげたい一品です。

IMG_3031_201801081832043e1.jpg

純正のDEVGRU仕様なサプレッサーとハイダー。
どうしようかね・・・一応保管しておこうかな。

IMG_3038.jpg

唯一の残念ポイント。
マルイのMADE IN JAPAN刻印があってHkの刻印が無い・・・
仕方がないので後で何とかします。
対策はバッチリさ!

IMG_2499_2018010819180639e.jpg

IMG_2500_2018010819180590b.jpg

DeltaっぽいHK416Dを組む際に先日の2017.11.12 ZeroOperatorで撮影させていただいた写真を参考にしました。
圧倒的信頼感。これなら間違えない!

家にあるものでなんとかなりそうなので、新たに購入したものは少しだけです。

IMG_3039_201801081922440f3.jpg

●VFC ナイツタイプ フリップアップフロント&リアサイト
これも都合よく前後セットヤフオクにありました。やったね!

IMG_3042.jpg

●FMA CQD フォワード スリング マウント レプリカ
Amazonさんにありました。
これはDeltaな416に使用されているのか不安な品ですが・・・許して。

IMG_3047_201801081922483c8.jpg

●WARRIORS HK416 カスタムステッカー
みんな大好きWARRIORSさんの一品です。
痒いところに手が届いている品揃え!
いつも本当にありがとうございます!
店頭に行ったらParacleteの凄い(お値段も)CVCが出てきてテンション上がりました!
あれは店頭にしかないので、もし行く機会があったら見せて頂いてください!
DELTAの夢が詰まっています!

IMG_3049.jpg

早速ステッカーチューンしてしまいます。
まずは消毒用エタノールできれいにします。

IMG_3052.jpg

まずはMADE IN JAPAN刻印を隠すためにペタリ。
うわー目立たない。すっごいコレ。

IMG_3053.jpg

WARRIORSさんサイトを見ながらHk刻印ステッカーをペタリ。

IMG_3054.jpg

うおぉー!!リアルです!
素晴らしい!
これで君も立派なHK416Dだっ!!

IMG_3056_20180108194229ee6.jpg

フロントサイトを付けました。
逆さ向きがトレンド!

IMG_3057.jpg

リアサイトもね。

IMG_3062.jpg

スリングマウントも。
レイル幅とあっていなくて取り付けに苦労しました・・・
付けるとレイルが削れてしまってネジ山の跡がくっきり。
レプリカの難点ですね。仕方あるまい。

あとは我が家にいる方々をモリモリするだけです。
うふふ。

IMG_3070.jpg

ギャングスタグリップとLA5

IMG_3082_2018010819462413e.jpg

EoTech551 ノーブランドレプリカ


さーて全容です!!

IMG_3078.jpg

IMG_3063.jpg

IMG_3080.jpg

IMG_3069_20180108194937e7f.jpg

うははっ!
ちょーかっこいい!!
ちょーかっこいい!!


できちゃいましたねー!!
これはDeltaっぽい装備がはかどりますぞっ!!
次回のゲームGEN1.5コンパンとHK416ですな!!
わーい!たーのしー!!!

こんな感じで、東京マルイ 次世代HK416D DEVGRUカスタム改めDeltaカスタムのご紹介でした。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ではでは、またね!!

Category: M4 FAT4専用機 > DELTA仕様

Comment (0)  Trackback (0)

ギャングスタグリップ初号機 改三 後期型


こんにちは。
FAT4ことCです。

昨年11月からお仕事がバッタバッタの仮面ライダーみたいになってblogの更新が滞っておりましたです。
ストレス性のノリとかストレス性の勢いとか深夜作業のハイテンションとかでいろいろとポチっているのでネタはあるのです。
今年も来週から本格的にお仕事が始まるので、どこまで行けるか分かりませんが、できうる限りは更新していきます。
ネタはあるのですからして、撮影時間と書く時間がありさえすればね。
ホント休日出勤とか3週間連勤とか絶滅すればいいのに。
twitterが瀕死の社畜で、その節はご心配をおかけしました。
「お布団で寝たい」とつぶやいた時のフォロワー皆様の優しさ、忘れません。
人は優しさで救われます。ありがとう。


さて、本題。


ギアフェスでコケた時に固定が緩んでしまったギャングスタグリップの改修について。

ギャングスタグリップ初号機 改三 後期型
こんなタイトルになってしまうほど試行錯誤(失敗)の歴史があるアイテムです。
そんな遍歴を知りたいという奇特な方はこちらを読んでみてくださいな。

M4 Δ計画 No.004 ギャングスタグリップ試作初号機

M4 Δ計画 No.005 ギャングスタグリップ試作初号機 改

M4 Δ計画 No.007 ギャングスタグリップ試作初号機 改二

M4 Δ計画 No.009 ギャングスタグリップ初号機 改三
(ゼロから弐号機を作り直すのが面倒になって「試作」を外しました)

DeltaっぽいM4作成計画の大半がギャングスタグリップに振り回されています。
やれやれ。
「私もギャングスタグリップ作りたい!」という方がもしいらしたら、
最後まで読んでから成功した部分だけを真似してください。
お兄さんとの約束だよ!

ということで、後半ネタバレを含みますが、今回は改三の後期型のお話です。

IMG_2993_201801081710339aa.jpg

グリップパーツから唯一の実物のSUREFIRE6Pを取り外した状態です。
こうしないと補修ができない。

IMG_2995_201801081710296ab.jpg

IMG_2996.jpg

ライトマウントとグリップの接続部分が緩いというのが初号機の欠点です。
ネジ固定が甘いため、ガッチリ固めるためには接着剤の補強が不可欠な欠陥品です。

IMG_2998_2018010817170424d.jpg

使用しているのは「アロンアルファ プロ用」。
耐衝撃!という文字がマニア心をくすぐる逸品です。

これを隙間からそっと染み込ませては乾燥を待ち、染み込ませては乾燥を待つというのを3回繰り返して、
ライトマウントとグリップ部分の隙間すべてが固着できたところで修繕は完了です。

実はちょっとしたショックでガタが出てしまうこともあるので、この作業は手慣れてきています。

続いて、後期型への切り替え作業。

IMG_3002_201801081717084e4.jpg

レプリカLA5(PEQ15)への接続ケーブルを仕込みます。
このケーブルは初期設計の段階から想定して制作していたパーツです。
ホントだよ。無くして作り直してなんかいないよ。

IMG_3004.jpg

スイッチとの接続には「BECコネクター」というのを使用しています。
ラジコンショップとかで買えます。
いやホントホント、無くして作り直してなんかないって。

IMG_3005.jpg

とりあえず接続チェック。

IMG_3009.jpg

FMAのLA5レプリカでテスト。
ちゃんと点くね!

IMG_3010_20180108173309222.jpg

ボタンを同時押しすれば6Pとの2灯が可能です。
「煌めけ!ギャングスタグリップ!!」
ぺっかぺかー!!

レプリカLA5のほうが明るいというアレには目をつぶろう!
6Pの電球をLEDに交換すれば明るくなるらしいのですが、高いので・・・ね。

IMG_3011.jpg

割と大変だった配線。
レプリカLA5用のコードをグリップの中を通します。

IMG_3012.jpg

こんな感じにしてから、6Pをドッキングします。

IMG_3013_20180108173315342.jpg

ギャングスタグリップ初号機 改三 後期型
むははっ!これであと3年は戦える!!


さっそく鉄砲にドッキング!!

IMG_3017.jpg

いやっふー!!

IMG_3024.jpg

カッコいいなぁー!!
やっぱりこの鉄砲にはコレだよね!!

PEQ2でも良いのだけれど、せっかくなのでLA5(PEQ15)バージョンにも対応したい。

えー?その鉄砲はなんだ?だってー??
何かなー?なんだろうなー??
良いこのみんなにはバレバレなんじゃないかなー?(うざい)

ちなみにトレポンではないっ!!
ここ大事!!

ということで、次回に続きます!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!
ではでは、またね!

Category: M4 FAT4専用機 > 共有部分・内部カスタム等

Comment (0)  Trackback (0)

VFC M4 AEG Grip


こんにちは。
FAT4ことCです。

今回は次世代M4のグリップ交換です。
握りやすさの面ではマルイのノーマルグリップにそれほど大きな不満はなかったのですが、
なんといっても整備性が悪い。
交換の理由はこれにつきます。
だってネジ受けがプラスチックだから簡単にダメになるんだもの。

IMG_5040.jpg

●VFC M4 AEG Grip (VF9-GRP-M4E-BK01)
安く入手しようとすると、ネットでは在庫切ればかりがヒットする曲者でした。
PRAVDAさんで購入。
プラウダ高校しか思いつかなくてすみません。
海外メーカーに強い店舗さんのようです
ロシア銃買うならここですね。だってプラウダだもん。

IMG_5043.jpg

まずは弐号機(フロント配線機)に組み込みます。
弐号機は新型のM4A1SOCOMがベースです。
グリップも昔ほどテカテカしていません。
しかし、マットな質感はVFCの圧勝ですね。
ダイヤチェッカーもVFCの方が細かくて素敵です。

IMG_5041.jpg

実は初号機にサマリウムコバルトモーターを移植した時に、モーター軸受けの金属円盤を紛失してしまったのです。
グリップ買い換えた本当の理由ね。
とにかくマルイのM4グリップは整備性が悪い!
あと、こっそりサマリウムコバルトモーターを新調しています。
これでM4は初号機も弐号機もサマコバ搭載機になりました。

IMG_5044.jpg

グリップの取り付け方法はマルイと全く同じです。
ただ、若干ロアレシーバーとの間に隙間ができてメカボックスが見えてしまいます。
グリップを削ったりしてアタリを出せば良いのでしょうが、
それほど気にもならないので、メカボックスの金属が目立たないようにマッキーで黒く塗っておきました。

IMG_5045.jpg

サマリウムコバルトモーターを入れて配線したところ。
ポイントはグリップエンドカバーのネジ受けです。
金属ナットですよ!金属ナット!
これでネジなめちゃってフタがパカパカ、モータースカスカ、オイラもイライラ問題から解放されます。

たったこれだけのことがなぜできないのか。
東京マルイは基本的にカスタム厳禁がメーカーの姿勢ですので、
開け閉めすることを想定していないのです。
これは、メーカーが利益を出すための施策・方針ですので文句は言えません。
もし東京マルイが倒産してしまったら、困るのは我々ですからね。

IMG_5046.jpg

グリップのフタを閉じました。
モーター位置の調整もマイナスドライバーで簡単です。
このパーツ自体が金属製なので、マルイのように金属円盤をなくして泣きをみる心配は不要です。
素敵です。不器用の味方です。

IMG_5047.jpg

弐号機に組み付け完了。
シュッとしてキレイです。
グリップのマット感が高品質すぎて、レシーバーの塗装がテカテカに見えてきました。
本末転倒だな、おい。

ついでにメカボックスのスプリングも調整しています。
初速は93~94で安定させました。
これくらいなら、天候や気候の影響を受けても98をオーバーすることはないでしょう。



続いて初号機(ストックバッテリー機)のグリップも交換します。

初号機は結構古い機体なので、マルイグリップも旧型です。
試しに新型マルイグリップとVFCグリップと並べてみました。

IMG_5048.jpg

テカテカを隠すために自転車のチューブ巻いてたんだった。
これはこれでナイスな握り心地でしたよ。
素手で持った時の感触がなかなかです。
あと滑り止め効果は抜群。

IMG_5049.jpg

はい、タイヤチューブを剥がしました。
うーむ。VFCの素晴らしさが協調される結果に。
マルイ最新型はマットになっているとはいえ、微妙な差でしかないかな。
肉眼で見るともう少し違うのですがね。

IMG_5050.jpg

初号機のグリップフタ。
手前側のネジ受けが馬鹿になっていて、ネジ止め剤で誤魔化しています。
ネジ止め剤を使うとフタそのものが接着されてしまい、
取り外せなくて非常にイライラします。
そんな苦労も今日でおしまいです。

IMG_5051.jpg

今更ながらに、グリップフタの比較写真。
右の素敵な方がVFC。

IMG_5052.jpg

グリップのねじ受けと太さ比較。
微妙な差ですがVFCの方が幅がスリムです。
ただ握ってみると、このわずかな差が大きな違いに感じます。
ずばり、握りやすい。
これは良い。

IMG_5058.jpg

どや!

IMG_5054.jpg

レシーバーとの隙間も気になりません。

IMG_5053_20160320233609d25.jpg

はい、完成形です。
上が初号機(ストックバッテリー機)
下が弐号機(フロント配線機)

LEだったり初期アフだったりで、どちらもスタンダードなスタイルになっています。
シンプルなM4も良いですよね。
次世代M4は本当にすることがなくなってきました。

そんな感じで、VFC M4 AEG Gripでした。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
ではでは、またね。

Category: M4 FAT4専用機 > 共有部分・内部カスタム等

Comment (0)  Trackback (0)

サマリウム コバルト モーター


IMG_4388.jpg

こんにちは。
FAT4ことCです。

新たな沼アイテムを入手してしまいました。
新品未開封で店頭価格の3割引きという品に飛びついてしまったのです。
だがしかし、これはいつかは踏み込まねばならぬ沼。
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし・・・
うん、そうだね。
行けばわかるさ。

●東京マルイ サマリウム コバルト モーター

IMG_4391.jpg

東京マルイがHK417に搭載したハイトルクモーターです。
同社EG1000モーターの2倍のトルクということですから、たいしたものです。
セミオートのキレが劇的に向上すると評判のモーターです。
フルオート時のサイクルが落ちるとのことですが、セミオート主体のゲームスタイルな私には無問題です。

IMG_4389.jpg

かなり磁力が強いので、組み込んだ銃の保管場所には気を付けねばなりません。
磁力は電子器機の敵です。
ベッドの下にしまっておけば、腰や肩のこりが解消しないかしら・・・
そういえば、サマリウムコバルトモーターとDTMを併用した場合はどうなのでしょうね。
DTMは壊れないのかな?

さて、
最初の問題というか悩みどころは、どの銃に組み込むかです。

PSG-1
M14
SCAR-H
次世代M4初号機(リア配線ストック内バッテリー)
次世代M4弐号機(フロント配線)

PSG-1の燃費の悪い専用ハイトルクモーターをサマリウムコバルトモーターに変えるとか・・・
次世代と並ぶ性能の傑作機であるM14の大幅改装の足掛かりにするとか・・・
純正ORGAカスタムの優等生、最も安定した飛距離と精度を誇るSCAR-Hさんを完成型にするとか・・・
次世代M4の初号機と弐号機にとっても、このモーターはSCAR-H同様にラストピースです。


ほらね。
だから沼だと言ったんだ。
結局、全ての銃に組み込むに決まってる。

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ

うん、そうだね。
のんびり行こうか。

とはいえ、PSG-1とM14はショートモーターですから、ロング規格のサマリウムコバルトモーターは無加工では組み込めません。
長いものを短くする加工なので、なんとかなるとは思いますが。
サマリウムコバルトモーターを積んだPSG-1やM14なんて、わくわくしますね。
羊の革をかぶった狼・・・むふふ。

今回は次世代M4の弐号機に組み込んでみようと思います。
初号機とSCAR-Hのアタリにもなるでしょう。

IMG_4394.jpg

現在の弐号機。
MARSOC(マリーン・レイダース)仕様ですが、ついでに初期アフガン装備用に着せ替えしてしまいます。

IMG_4395.jpg

ストックとアッパーを交換してSOPMODです。

IMG_4396.jpg

グリップ下部を開けてEG1000モーターを取り外します。

IMG_4397.jpg

配線して動作確認。
セレクターをセミにしてトリガーを引くとモーターが回ります。
回転パワーでモーターが暴れるので、しっかり押さえておきましょう。

IMG_4398.jpg

FAT5のblog「タクティカル原人」に、試運転が大事と書いてありましたので、モーターをテープで固定してひたすら回しました。
20~30分回し続けたところでLiPoバッテリーが尽き、回転数が落ちたので試運転は終了。
モーターが火傷する程加熱していましたので、やりすぎでした。
貼り付けたカッターマットが熱に強くて良かった。
危うく大惨事。皆さまも気を付けて下さい。

IMG_4436.jpg

ギアにグリスを塗って組み込みます。

IMG_4438.jpg

配線もOK。

試射した感覚は、若干キレがましたかな?という感じ。
確かにトリガーレスポンスは良くなっているのですが、そこまで劇的ではないというか・・・期待値が高すぎたかな。
弐号機はバッテリーからの配線にコネクターが3カ所入るので、電流の問題があるのかもしれません。
着せ替えの構造上、避けられない箇所なので改善のしようがないのが残念です。
しかし、セミオートでを連射した時の安定性は増したよう感じます。
トリガーを引き始めてから弾の発射までが速くなっているので、指の動きよりも銃の反応の方が速い感覚。
一発ずつ撃つよりも、セミオートで連続5発撃った時の方が効果が実感できる。
上手く伝わっているでしょうか・・・
トリガーロックの不安が減少するというのは、こういうことなのかな。

一応、初速も計測してみました。
万が一があったら困るし。

IMG_4440.jpg

HOPなし。

IMG_4441.jpg

HOPあり。
10発撃って、97を越えたのが2回でした。
規定範囲内ですが、気温などの環境変化によっては98を越えてしまうかも。
暖かくなったら、もう一度初速測定をすべきですね。

IMG_4446.jpg

初号機とセミオートのレスポンス比較もしてみました。

上:弐号機(ORGAカスタムパーツを自分で組み込み)サマリウムコバルトモーター
下:初号機(メカボックス内はFIRSTさんのNEXT-Fカスタム)EG1000モーター

軍配は弐号機です。
やはり、セミオートのキレは良くなっていますね。
しかし、そこまで劇的な差ではない・・・
FIRSTさんのNEXT-Fカスタムはギアの歯を削ってトリガーレスポンスを上げる加工をしていると聞いたので、その効果が出ているのでしょうか。
配線も初号機の方がシンプルですのから、複合的な要因かも。
ただ、セミオートを連射した時の安定感はサマリウムコバルトモーターの効果絶大です。
とすると、初号機にサマリウムコバルトモーターを搭載すれば、その効果は・・・
いかん・・・これはやはり沼だ。

IMG_4442.jpg

なんやかんやありましたが、
次世代M4の弐号機はこれ以上いじれるところもなく、内部カスタムは終了です。
この台詞、もう何度も書いている気がしますが・・・

次はショートに加工したサマリウムコバルトモーターで、PSG-1とM14のテストをしたいですね。
特にPSG-1は私にもよく分からない娘なので、モーターが適合しない可能性もあります。

余裕がある時に、じわじわやろう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。


Category: M4 FAT4専用機 > MARSOC仕様

Comment (0)  Trackback (0)

M4 QRコードラベル MK18mod1 ver2.0.1


こんにちは。
FAT4ことCです。

風邪は一日家でウダウダしていたら良くなって参りました。
せっかく良い天気なので、自転車に乗ったりしたいのですけどもね。
運動不足が進行します。
冬期の外気温耐性も付けておかないと、年末のゲームが不安です。



さて、今日のはちょっとした小道具の話。

IMG_4128.jpg

●WARRIORS コードラベルシート
みんな大好きWARRIORSさんのオリジナル製品です。
http://www.warriors.jp/products/detail86.html
改めてサイトを見たら製品の撮影アングルがほぼ同じ。影響受けすぎですね。
米軍の装備管理に使用されているコードラベルのレプリカです。

実はこれ、すでに初号機には貼ってあります。

IMG_3912.jpg

IMG_3912no2.jpg


弐号機もMK18mod1 ver.2.0への換装に対応すべく導入しようと購入。

MK18-MOD1-MARSOC-1_20151206123745ac2.jpg

MK18-MOD1-MARSOC-1no2.jpg

うむ。
やはり欲しい。

IMG_4129.jpg

問題はどこに貼るかです。
弐号機はDELTA仕様のM4にも対応するロアレシーバーですから、齟齬が出ないようにしなければなりません。

IMG_3691.jpg

弐号機DELTA仕様。
同じM4とは思えない姿。
30分程度でこのDELTA仕様からMK18mod1へ換装できるシステム作り、それが「M4汎用型計画」です。
我ながら良くやったものです。
馬鹿ですね。

IMG_4130.jpg

一度レディマグを装着してアタリをとります。
MK18mod1にレディマグ・・・陸海無視した魔改造への誘い(ゴクリ)
いやいや、やりませんよ。
収拾が付かなくなりますもん。

IMG_4131.jpg

シャープペンシルでラインを引きました。
このラインより下に貼れば、レディマグを付けた時にコードラベルがうまく隠れてくれるはず。

IMG_4134.jpg

ラベルのサイズも問題なさそうです。

IMG_4136.jpg

エタノール消毒液で接着面の汚れと油分を拭き取ります。
擦りすぎると塗装まで落ちるので注意。
ティッシュに少量を浸し、接着面を軽くぬぐって、残ったエタノールは気化するのを待ちます。
剥離防止のおまじないみたいなものですね。

IMG_4137.jpg

貼れました。
少し下になりましたが、あまり違和感はないはず。たぶん。

IMG_4138.jpg

鉛筆を消しゴムで消しました。
良いのではないでしょうか。

IMG_4140.jpg

ふむふむ。

MK18-MOD1-MARSOC-1_20151206123745ac2.jpg

IMG_4141.jpg

良い出来です!
x3マグニファイヤー付け忘れてますが・・・

これでようやく心残りもなくなりました。
はやくゲームに投入したいですね。

私のMARSOCはSCAR-H装備ですけどね・・・
まぁいいや、きっとMK18mod1も持ってるよ。
状況によって使い分けてるよ。きっと。

そんな感じで、MK18mod1 ver2.0.1でした。

ではでは。
またね。

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018