WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > MK18

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

Mk18 ⑩ Mk18 mod1

全11回にわたってお送りした次世代Mk18mod1を作ろう記事、
今夜で最終回です。いったん。
今までの記事を下にまとめてみました。

東京マルイ CQB-R
Mk18 ① クレインストック
Mk18 ② TAN AND TAN
Mk18 ③ レプリカEXPS3-2
Mk18 ④ レール探しはラビリンス
Mk18 ⑤ 塵灰の霧息吹
Mk18 ⑥ MADBULL Mk18 RISⅡ
Mk18 ⑦ インディクリアパーカー
Mk18 ⑧ VFC&VFC
Mk18 ⑨ 黒くぬれ!c/w 男の世界


いやー長いことやってましたね。
我ながらよく飽きないもんですね。
今夜は総まとめとして、最後の最後の仕上げをします。
写真は多めでお送りいたします。Mk18ちゃんブロマイド集です。




最後の仕上げといってもこれをただはるだけ。
WARRIORSさんのコードラベルシートです。




このミリフォトを見本にして……




ペタリ。……終了!




できた……できたゾイ!(ブクブク)




うわぁありのままのレリゴーすぎてこれ……超セクシー……
もうエロ画像のレベルじゃないですかこれ?




EXPSもちょっとタミヤダークアースで汚しました。
さっそく そうび していくかい? ☞はい いいえ




RIS2もとてもいい感じの色に落ち着いてくれました。
ラ・ヨダソウ・スティアーナ……




うわぁこれはアウト。このポーズは誘ってますね。
かわいい……ぺろぺろ……。




黒くぬったフレームもいい感じに超マット。
細かい引っ掻き傷もまた味です。




男の世界を感じる画像ですね。
セレクターやボルトリリース、マグキャッチなど、
細かい亜鉛パーツもメタルプライマーかましてから
ブラックパーカーで塗装しました。
同じようにネジの頭も塗装しています。






このノーマル状態から…






こう。
変わりすぎなのと写真の撮り方が違うのとで全くの別物ですね。ノーマルから比べると首回りやストック周りの剛性は高まりました。持った感じはなかなかの剛性感です。MK18 RISⅡにしたことでバレルもフリーフロートとなり、精度にも良い影響が出ているんでないかと思います。軽量化になるかなぁともちょっと思ってましたが、あんまりなってない気がします。むしろ重くなっている気が……しかし剛性が上がっているせいか気にならないのと、なによりかっこいいので問題ありません。


Mk18 mod1 AEG

BODY/TOKYO MARUI CQB-R
RAIL/MADBULL MK18 RISⅡ 9.5"
BARREL/PDI 10.3" REAL OUTER BARREL
BARREL BASE/ECHIGOYA EXTREME BARREL BASEⅡ
SHIM/ECHIGOYA STAINLESS 0.3mm
GAS BLOCK/LOW PROFILE(N)
OPTICAL SIGHT/EXPS 3(N)
OPTICAL SIGHT/VFC KNIGHT'S FLIP UP SIGHT 300m
PISTOL GRIP/VFC A2 GRIP
AIMING MODULE/VFC AN/PEQ15
SRING MOUNT F/DD TYPE(N)
SRING MOUNT R/FREEDOM ART SWIVEL PLATE
BUFFER RING/ECHIGOYA STEEL BUFFER RING
STOCK/TOKYO MARUI CRANE STOCK
※(N)はメーカー不明レプリカ

今は亡きSOPMODの時そうしたように、かっこ良く英語で書いてみました。
……こんなに大量にパーツをつけましたっけ?
これだけつけたにもかかわらず……WMX2000やらLA-5/PEQのレプリカとか、いろいろ足りないものはあります。ありますが、いったんここでおしまいです。
あ、エンディング曲とか歌ったほうがいいですか?いらないですかいりますよね?エンッ!(咳払い)おっ!いでっ!ファンタジー!すっ!きさっ!ミステリー!きみのお!……え?いらないですか?ロマンティックいらないんですか?
……じゃあほんとに終わりです。長いことのおつきあいありがとうございました。

Category: 銃器 > MK18

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

Mk18 ⑨ 黒くぬれ!c/w 男の世界



バラーン!バラバラ写真グロ注意!
FAT5です。

前回の予告通り全バラ敢行中。
最後の仕上げをするべくフレーム単位までバラバラです。
ごめんねごめんねと泣き叫びながら愛するMk18ちゃんを……
バラバラに……ウッ……




前回レールをパーカーシールで塗装した際、フレームがあまりにマルイマルイしていて浮いた感じになってしまいました。
そんなわけで今回は同じインディのブラックパーカーで……




Paint it Black!
わたしが赤い扉を見たとき、
それを黒く塗りたくなった!




早速塗装といきたいところですが……
忘れちゃいけないクレオスメタルプライマー!
メタルパーツへの塗料の食いつきを高めてくれるスプレーです。
私はさっそくロワフレームに塗り忘れましたよ!
忘れちゃいけないクレオスメタルプライマー!




おう……ロックな仕上がりな感じ!
黒いぜ黒いぜ黒くて死ぬぜ!




勢い余ってダミーピンまで塗っちまったけど気にしねぇ!
ワイルドだろう!?




今日はまだまだ塗ります!
タミヤのダークアース!




つや消しの茶色です。
これで青っぽかったRIS2の仕上げをしてみたいと思います。
うまくいったらお慰み。
ブラウンということで…




James BrownのIT'S A MAN'S MAN'S MAN'S WORLD!
これは男の世界だ!
男の世界なんだ!




これは……意外と良い色に仕上がりました。
カモンナッ!ハッ!




ちょっと塗り過ぎな部分もあったりしますが、
案外良い色に仕上がったので気にしないことにします。
ギビトゥミハッ!




全バラなのでこんなのもつけてみました。
エチゴヤのスチールバッファリング!
実銃同様のブラックオキサイド処理とのこと。
強そうな名前です。俺のバックにはブラックオキサイドがついてんだぞ!みたいな。




左エチゴヤ、右純正。エチゴヤのはきちんと端までネジが切られています。




ピントがアレですが……仕上げも強そうです。
さすがブラックオキサイドだなぁ(何かはわかってない)




前愛銃のSOPMODから取り外したASAPタイプのスリングアダプター。
芋ネジでバッファチューブのガタを防止します。




バッファまわりがガッシリした感じになりました。
またシングルポイントスリングにも対応できるように。




そしてVFCのA2グリップも装着。
ガスブロとまではいかないまでも
細くていい感じの握り心地になりました。
チェッカリングもLPIが細かく食いつきがいい感じです。
あとはマルイのみたいに使い込んでもテカらなそうな気がします。




そんなこんなで、完成!
い~い感じの仕上がりになりました!!
これが男の世界だ!!




アッパーとロワーフレームの仕上がりに仕上がりの差が出ています。
ロワーはメタルプライマーなしのブラックパーカー。
超マットで粉っぽい仕上がりです。
アッパーはメタルプライマーを下地に吹いてからのブラックパーカー。
マットでありつつもなめらかな仕上がりです。
アッパーとロワーの仕上がり感は逆でも良かったかもとは思いますが、
これはこれでかっこいい!気に入りました!




くぅ~疲れました!これにてMk18完結で……




ああ忘れてた!
そんなわけで……もうちっとだけ続きます!

Category: 銃器 > MK18

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

Mk18 ⑧ VFC&VFC

パーカーシールで写真には写らない美しさを手に入れたMk18ちゃん。
私は毎日決まった時間に、Mk18ちゃんかわいいよ……と話しかけています。
たったの水もポジティブな言葉をかけるとおいしくなると言います。
また植物もベートーヴェンなどを聞かせるとよく成長すると耳にします。
それと一緒です。毎日決まった時間に話しかけています。
かわいいかわいいよ…Mk18ちゃん……ぺろぺろ……ぺろぺろ……
……あっ!今ぼくに笑いかけた……フフフ……かわいい……
FAT5に30回目の夏が来ます。




ズバン!ああ男とは哀れな生き物!
あまりにかわいいのでまたVFCを奢ってしまいます!
レプリカKACフロントサイトです!




リアサイトに引き続きフロントサイトもVFC。
いつも通りのさすがな造形、サイトピクチャがシャッキリポン!です。
ミリフォトだとフロントサイトのかわりにPEQのパターンもありますから、
省略しようと思えば省略できたパーツですが……。
かわいいは正義ですからね。しょうがないね。




なんとナショナルストックナンバーつき。
じつはこちらエアボーンさんによる刻印カスタム品です。
FAT4ことC氏に「こんなの出てるやで」とそそのかされリンクをタップ……。
したのが運の尽き。出会ってしまったわたしとパーツ、★運命★
もともとの値段もお高いパーツなのに刻印のおかげでさらにドン!
出た!ワアオ!な値段です。




これをさっそくMk18ちゃんに……ズン!
ああ……!フロントがもうこんな……
ごてごてじゃないか……かわいいかわいいよ……




操作感はずいぶんガッチリとしています。
ハーフポジションも再現してありましてさっすがVFC。
ただハーフポジションって何に使うんでしょう?




そしてズババン!
VFCのA2ピストルグリップも買いました。
もう宇宙の法則によりVFCだらけです。VFCのMk18買えば良かったんじゃないかってくらい
あえてのノーマル同形状のA2グリップです。
マルイ純正と並べてみると……




ホラ!こんなに!違わない!ぜんぜん!一緒!




なんだか握りが細くなって具合がいいとの評判があるらしい?
というぼんやりとしたアレだけで買ったのですが、
単品で握ってもなんだかよくわかりません。
ただモノはマット感に高級感があっていい感じです。
ちょっとだけチェッカリングも繊細な雰囲気。




これをさっそくMk18ちゃんに……




ズン!しない!のっけた!だけ!

このあとに全バラの予定がありますので、
とりあえず取り付けは保留。
他のパーツといっしょにバラしたときに
つけようかと思います。




そんなわけでフロントサイトついただけですが素敵!
素敵だよMk18ちゃん………笑ってる……




これでほぼパーツは出そろいました。
次回の全バラが最終回になりそうな予感がします。
なんか長いことカスタムしてますが、いよいよです。

Category: 銃器 > MK18

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

Mk18 ⑦ インディクリアパーカー

FAT5でございますごきげんよう。

完成形に近づくにつれ、
ちょこちょこと色に不満が出てきたMk18…。

それは例えるなら、
「美女なのに顔が緑」
っていうことです。
それは例えるなら、
「真っ赤の中を走り抜けていく緑のポルシェ」
っていうことです。

「あーここちょっと色がちがうかも」
最初はちょっとした違和感です。
思った当初はすぐ忘れるにしても、
不満というのは日を追うにつれてじわり、
心の端のほうを侵していきます。
あの色ほんとはこうじゃないか。
テカり方が実物とちがうんじゃないか。
ふかい色じゃないか。いやあさくも見える。
不満は不安となり、やがて焦燥となり、いつしか別の感情へ…
前も後ろもわからない心の迷宮の中でもがいていると、
目の前がパッとオレンジ色に光り輝いて、私は眩しくて目を閉じました。
次の瞬間にはこのスプレーを握りしめ新宿の交差点で立ち尽くしていました。




ドンこれ!
はい!
インディのクリアパーカーでございます。
クリアでパーカーとはこれいかに?と完全スルーしていた商品ですが、
調べるといわゆるひとつのつや消しクリアみたいですね。

・インディパーカーシール ←パーカー色ね、わかる
・インディダークパーカー ←暗いのね、まあわかる
・インディメタルパーカー ←ん、あー金属調ね、まあわかる
・インディブラックパーカー ←え?ん?なに?
・インディクリアパーカー ←まってちょっとだれか説明して

こんな感じでインディさんの塗料は名前がわっかりにくいんですよね。
パッケージにも「◎隠ぺい力抜群!」とか書いてあるだけです。
これがつや消しクリアコートのスプレーだと誰が気づくというのか。
いったい誰が買うというのか。




わ た し で す
  / ̄\  /
  |^o^|/
  \_/ 
このギラッギラのレプリカEXPSをどうにかしてやろう、
そう思ってネットの海を漂っていたら、
クリアパーカーがつや消し仕上げ剤と気づきました。
次の瞬間にはスプレーを握りしめ新宿の交差点で……
不思議なことに財布からはスプレー代金が消えていました。
わたしは疲れているのかな?スカリー。




このギラギラが無かったら見た目ほぼ実物と遜色ないのに…
「実物と差別化☆つやめきUP」
ってことなの?なんなの?政府の陰謀?




かがやきとかきらめきとかグロッシーとか……
そんなものは早朝の山頂から投げ捨ててしまえ!
鏡面仕上げに正義のサンドブラストを!
キラキラネイルに怒りの除光液を!
光沢反対!
マット万歳!
噴霧開始だ!
ク・リ・ア・パ・ー・カ・ー!
(プシュー)




吹いてみました。
スッキリ★




ハイ!ハイそこ!変わってないとか言わない!
心の声が聞こえていますよ!
心の声は耳を澄ませば聞こえるんですよ!
写真だとわからないですが、
ツヤ感が鈍くなっています。鈍くなっているんです!
目で見るからダメなんです心で見てください心で!




写真ではよくわかりません……けれども
触り心地もザラザラしていていい感じなんです。
心の指で触ってみてください、ざらざらしてますでしょう?ね?




うーん、こうするとわかりやすい?
反射しそうな角度で撮ってみたんですが……




いやまあでも、今回はなかなか満足度が高いです。
どうやっても写真には写らないですけど、
不思議なマットの世界は確実に存在します。
ちょっとした光沢感の調整にクリアパーカー、オススメです。

Category: 銃器 > MK18

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

Mk18 ⑥ MADBULL Mk18 RISⅡ


前回までのFAT5

「これが世界の選択じゃね……?」
「パーカーシールブシャー」
「トゥルルガチャ俺だ」
「洗濯物おねがいね」
「ラ・ヨダソウ・スティアーナ……!」
(別れの合い言葉、意味はない)

そんなわけでオペレーション・マークエイティーン・モッドワンと
洗濯物の取り込みを掛け持ちすることになったFAT5。
急いで組み込んだので途中の写真はありませんが、
組み込んだのがこちらです。




うーん、狙っていたよりかは微妙な色合い……?
許容内ではありますがちょっと青い感じ。
もうすこしフラットな灰色方向になれば説得力増すんですけれども…。




自然光に出してみるといい感じの色に映りました。
この感じなら全然OK。




これがイチバン肉眼に近い色が出ているかも?
刻印はギリギリ消えずに塗装できました。
塗装の質自体はさすがのインディ塗料、いいフンイキが出ています。
むしろフレーム側が「マルイです」って感じでちょっと浮いています。




<銀光瓦斯の先導者> ガスブロックはパーカーシールで塗装しました。
ガスチューブがついてないですが、
ピンが穴に合わないなあ→プライマーでつぶそう→バキッ→あっ
という流れです。べべべべつにガガガガスチューブなんてかかかかざりだし
それよりフレームの「マルイです」が気になります。
まあどうせアレするのにアレしないとなのでついでにアレしようかと思っています。




危惧していたとおりあんまり軽くはなりませんでしたが、
ゴツかっこいいので完全に許しました。
OMEGA Xより見た目マッシヴで、握り心地も剛性感があります。
なんだか精度もそのマッシヴさによって上がっていそうな……あ、すみませんマッシヴを使いたいだけです。






うーんこの……!完成間近さよ……!
これでだいたいのアウトラインが見えてきました。
なんだか色についてちょいちょい不満が出てきましたので、
次はアレをアレするときにアレついでにアレしようと思います。アレ石アレ鳥ですしね。
オー・マッシヴ……!(別れの合い言葉、意味はない)

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017