WATCH YOUR SIX !

Category: 銃器 > MK18

Tags: 次世代電動  M4  カスタム  FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

Mk18 ① クレインストック

FAT5でございます。
いろいろあって悲しみにくれる持ち主の元に、宅急便のトラックに乗ってさっそうとやってきたCQB-R。
このCQB-RをMk18 mod1にぐりぐりこねくりまわしていくわけですが、その過程を残していこうかと思っております。




まずMk18がなんたるかですが、こうだぜドヤァと言えるほどの知識は持ち合わせてません。ない知識をありあまる妄想で補完してますからまさに話半分で捉えてください。
(以下妄想)
Mk18を話す前にまずはCQBRのことから。米海軍のクレイン研究所というマッドサイエンティスト集団(武器マニア)が「M4って長くねえか…ヒヒヒ」と思いました。そこでコルトコマンドーみたいな短いのを作ろうとバリバリバリーと10.3インチにバレルをぶったぎったやつをSEALSなんかに配りました。
「貴様らはSOPMODアクセサリーキット一式を支給されておるじゃろう…ヒヒ」
「じゃからアッパーレシーバーだけ支給してやろう…ヒヒヒヒ」
ということでこのアッパーレシーバはClose Quarters Battle Receiverと呼ばれました。略してCQBRです。転じてこのレシーバを装備したM4/M16はCQBRと呼ばれるようになりました。
SEALS「これってとってもいい感じだよねメーン」
ということで気を良くしたクレインのマッドサイエンティストたち(顔は緑、脳が透けている)は、
「ヒヒヒ…じゃあ倉庫に余ってるM16のロワーにくっつけてセットで支給してやろうかの…ストックはウチの新開発ストックじゃ…ヒヒ」
というわけで本体丸ごとを支給してあーげる(髭男爵)ことになったりしました。
これがMk18 Mod0です。
そして時は流れ、
街行く若者A「Mk18 Mod0って古くさくねw」
街行く若者B「今日びフリーフロートじゃないとかなくねw」
街行く若者C「フォアハンドに力入れたら400m先で4MOAくらいズレそうだよねw」
3人「wwwwwwwwww」
クレイン「ぐぬぬ…そんなことないゾイ!!ブクブク(興奮すると脳の周りに気泡が出る)」
ということでMk18 Mod1です、ナウいダニエルディフェンスのレールシステムを搭載して若者たちを唸らせました。今日びおにぎりアイアンサイトも古くさいのでガスルートはガスブロックで確保、前後サイトはナイツのフリップアップです。これには若者達も絶句、真っ赤にした顔を覆ったかと思うと布団に突っ伏し足をバタバタさせました。かくしてMk18は海軍はもとより陸軍緑帽子のおじさんたちや海兵マーサックのタフガイたちなんかに採用され、広まっていきましたとさ…
(妄想おわり)




前置きが超長かったですね、
そんなこんなでわたくしの脳内設定的にはMk18にクレインストックははずせません。(これが言いたかった)
ですのでクレインストックを本体と同時注文していました。
SOPMOD M4にもクレインストックはついていたのでそっちを使えばよかったんですが、塗装しちゃってるのともうひとつとある期待もあって改めて注文することにしました。




もともとついていたEMODストックは325g。




クレインはシンプルなだけあって261g。
64gの軽量化になりました。

ちなみにCQB-Rはバッテリー込みで3370gです。
対してSOPMODが3270g…なんとCQB-RのほうがSOPMODより重いんですよね…。
これはちょっとでも軽くしていきたいです。




クレインはそのまま取り付けるとガッタガタなので、ストックチューブとのクリアランスは詰めてあげます。今回はダイソーで買った「ふすまの下が滑るところの補修テープ」を貼ってみました。




片側だけで十分にガタはとれましたのでこっちは貼っていません。
CQB-RについていたVOLTORストックのガタのなさには目を丸くしましたが、テープを貼ったところVOLTOR以上にビッチビチのクレインに仕上がりました。
少し気合いを入れないと動かせないレベルです。これはいいですぞ…ヒヒヒ




この部分にとある期待をかけていました。(クリーニングロッドが指しているところ)
SOPMODの時も同じようにガタはとったのですが、このポジション穴に収まる棒状のパーツ自体にガタがあり、構えるたびに前後にぐらついて不快だったのですよ…




さっそく届いたものを確認するとガタツキは無いようです。よかった!




クレインをつけるとMk18 Mod0「風」になりました。
Mod0です!と言い切ると詳しい人に怒られてしまいますので、あくまで風です。
ほかにもいろいろ手持ちのブツをババッとつけて実戦的にしてみました。

・クレインストック(マルイ)
・KNIGHTS レイルパネル(VFCかKING ARMS)
・RVG(MAGPUL PTS)
・AN/PEQ15(VFC)
・VTAC スリングマウント(不明レプリカ)
・VTAC Mk1 スリング(実物)




ヒヒヒ…(ブクブク)
手持ちのをつけただけですが意外や意外かっこいい…
CQBっぽくウェポンライトをつけたいのではありますが、
フロントが結構ヘビーでこれ以上モノをつけるのがためらわれます。
アルミRASをつけたSOPMODで軽いフロントに慣れすぎてしまったようです…。
わたくしのひ弱筋肉を呪います。でもアレつけたらもっと軽くなるだろうし…あ、あとあのパーツも…おっとあのパーツも変えなきゃ…そうだあそこもアレにするゾイ…ヒヒヒ…(ブクブク)

Category: 銃器 > MK18

Tags: 次世代電動  M4  

Comment (0)  Trackback (0)

東京マルイ CQB-R

わちにんこ、FAT5です。

あれからどのくらい
経ったでしょうか
M4(あなた)が居ない夜を
いくつ越えたでしょうか
(ooh ooh)←コーラス
もうM4(あなた)無しにはいられないと
わたし思わずポチってしまった
またM4(あなた)ポチってしまった
(oh baby)←コーラス
※ でも届いたのちょっと違う
長さだけ 長さだけ ちょっと違う
(※ repeat)





そんなわけでして到着しました!
マルイ次世代CQB-Rでございます。
FAT4ことC氏とかぶってしまいましたけれども聞いて!
理由(わけ)を聞いて!
ホラM4次世代って種類限られてますしね!
14.5インチはもう有るですしね!
レシーはフロントバラせないですしね!
許してください 許してください
(※ repeat)




いやまあ、M4(あなた)が行ってしまってから小遣い10ヶ月天引き嫁ローンでポチってはみたものの、
到着を待っていてもドキワクしなかったんですよ。
しかしやっぱり着いてみると着いてみるでキャホー!となりますね。
(なりますね)←コーラス




箱開けての第一印象は「うっわ短けっ」という小学生的なリアクションでした。
しかし今まで慣れ親しんだ14.5インチに比べると10.3インチという数字は実に3分の2なわけですから、
これはなかなかに短いです、ほんとに。
フロント部分はSOPMODで見慣れたマルイのナイツRASですから、10.3インチの違和感が加速します。




ナウいマルイのVOLTORストック。
ゴツいストックはあんまり好みじゃなかったですが、
実際手にするとやっぱりこれはこれでかっこいいですねえ。
なんかガタとかも皆無です。ナウくてガチガチマッチョで…硬くて…太い…




後ろにはナニかを入れられます…




なんと穴もついているんですよ…
スリング通すいい感じの穴…です。
クレインストックとかですと2ポイントスリングでスイッチする時
スリングが滑ってくれないと首が「うっ」ってなったりしますが、
このストックだと全然大丈夫、快適です。




フムフムハンハン言いながらひととおりやりますと、
握れば握るほど、構えれば構えれほどに剛性が上がったことを感じます。
説明書にはこんな感じのペラ紙がついてました。




2014年から新規パーツと改良パーツが組まれているようです。
(やったね)←コーラス
416からついてると話題になったパーツですね。




アッパーをロワーに組む時に差し込むパーツ。
アッパーとロワーのクリアランスを改善するようです。
ただテイクダウンしたときにはこのパーツのせいで組みやすさが損なわれてしまいました。




チャンバーとアッパーフレームのガタを取るパーツ。
このパーツのためにアッパーフレームやチャンバーも改良が入っているようです。



上記のことみたいなのがありまして、構えた感じはガチガチです。
さすがに416みたいな「棒じゃんこれ感」とまでは行きませんが、
かなり近いところまで剛性が上がっています。
比較対象が初期ロットに近い5年前のSOPMOD(しかも素人カスタム)なのでなんとも言えませんが、
少し古い次世代M4の人なら違いは体感できそうです。




さてこのCQB-R、コツコツパーツを集めて最終的にはMk18 mod1にしていこうと思っております。
ここまで改良が入ると気合入れてカスタムしていこうという気になってきましたので、
長い目で進めていきます。




長い目とか言った矢先からクレインストックを同時ポチりしちゃうわたくし…将来が不安です。
(将来が不安です)←コーラス

Category: 雑談

Tags: FAT5  訃報  M4  

Comment (1)  Trackback (0)

SOPMOD M4の思い出

こんにちは、FAT5ことRでございます。
今回はすごく私的なことですし、暗い内容ですので飛ばしていただいても大丈夫です…




突然ですが…すごくショックなことがありました。

先日のNO9、定例会の仕切りも良く、
その日は調子も良かったこともあってすんごい楽しめました。
ゲームは全力で楽しめたのですが…その帰り道でした。

最近はいつもバイクでフィールドインしています。
M4をガンケースに入れ、バイクのサイドにタンデムバーを利用して設置。
それだけだとぐらつくので滑落防止用に肩掛けストラップを巻いて固定していました。
本日もいつものようにフィールドアウト。
家までのこりあと1km…
(300m先、右方向です)
iPhoneのナビから指示があった、その時でした。
「ガツッ」と尻に小さい衝撃が…。
と、同時にバイクが減速をはじめます。
ちょうどガス欠でエンジンが止まろうとしているような感じでした。
(ガス欠?でもガスメーターはまだ目盛りあるなぁ…)
そう思いながらハザードを炊いて、路肩に止めます。
バイクを降りて、リアに回って…
驚愕しました。
リアタイヤとフェンダーの間にガンケースが…!!
あたりに広がる焦げたような匂い…。
どうやらストラップの巻き方が悪かったようで、
ガンケースがリアタイヤに触れ、巻き込まれたようです。
ちょっとあんまり思い出したくないのでこれ以上詳細には書けません…。

注記
もう記事は削除しましたが、前記事にて書いたninjaへのガンケース搭載方法を見て
参考にされようとしていた方がおりましたら、絶対に、絶対に真似しないでください。
私自身とバイクはぴんぴんしておりますが、大きな事故につながった可能性があります。





家に帰ってケースを見ると、ご覧のありさまです。




裏面。バイクに設置するとリアタイヤと近くなる面(内側)です。
ここがまずタイヤと接触したのだと思われます。
ここが接触し、タイヤとリアフェンダーの間に吸い込まれ…。




今度は外側だった部分がリアタイヤと接触したと見られます。
止まるまでの数十メートル分、数十馬力で回るタイヤで削られた形です…。
盛大に溶けています。1000デニールのTMCのナイロンを溶かし、
さらに中に入っていたマグプルPMAGをも溶かし、削り取っています。




そして中に入っていたM4は…
これ以上はカメラ向けるほどの気力が無くなり…
言葉で説明します…
写っているグリップ(モーターと配線は無事でした)までだったら良かったのですが、
バッファチューブが盛大に曲がっていました…
上から見るとエジェクションポート側に10度くらいは曲がっています…
さらにバットパッド側から見るとストックが10度ほど回転していました…
この痛々しい姿で作動するのもためらわれ、
メカボックスまで逝っているのかは不明ですが…
とにかくリコイルユニットまわりはダメになっている可能性が高いかと…
グリップ、ロワフレーム、バッファチューブ、リコイルユニット、もしかするとメカボ…

もう修理は不可能だと判断しました。




この写真が最期の勇姿になってしまいました…
このSOPMOD M4、調べてみると2009年の5月に買ったようです。
買った当初は大興奮で、5年の間にマガジンを抜いたりさしたり、チャーハンを引っ張ってみたり、
グリップ変えてサイトも変え、刻印に白いポスカを流し込んでみたり、レイルを変えてみたり、色を塗ったり…
自分としては最も思い入れのあるトイガンです。
もう何回マグチェンジしたか想像もつきません。
ちょっと湿っぽすぎますね、辞めます。


LINEでもリアルでも、チームのみなさんに
「なにかの犠牲になってくれたんだよ」と励まされました。
きっとそうなんだと思います。事故にならなくて良かった、と思うようにします。
安らかに…




とまあ…こんなことがあって、かなりショックを受けました。
家内にも「そんな顔で落ち込むの初めて見た」と言われ…
自分でもここまで落ち込むとは思わなかったです…。

一晩いろいろと考えて、いろいろと考えた結果、
新たに2台目を購入することに決めました。
またM4です。
なぜならM4が好きだからです。
いつもなら届くまでドキワクなんですが、なんだかあんまり嬉しくないんですよね…
また届いたらご報告します。

Category: 銃器

Tags: FAT5  RAID  M4  

Comment (0)  Trackback (0)

M4 SOPMOD(インターネットに紹介されました)

こんども(こんにちはどうも)、FAT5でございます。

前置きはナシだ!




はいこれドン!ドドン!!
マルイのM4 SOPMODです。
なんかとんでもなくいい写真ですがそれもそのはず、SG fashion snapさんに撮ってもらった写真でございます!
実はRAIDで声をかけていただいた時に銃も撮っていただいていたんでございますよ!
メインのエアガンなので記事書かなきゃ書かなきゃと思っていたんですが、
長物って撮影するのが自分にとっては中々難しくて…




もはやM4については説明不要ですよね。
というより説明がおっつかないというか、言いたいことが山ほどあってまとめられる自信がありません。




東京マルイの次世代です。
次世代シリーズ一発目のやつですし、買ったのも結構昔のため、
今のSCARとか416とかを握るとさすがに隔世の感を受けます。




M4 SOPMOD AEG

HAND GUARD/MADBULL OMEGA X RAS 7in
OPTICAL SIGHT/ACOG TA31
PISTOL GRIP/TANGO DOWN
FORE GRIP/MAGPUL RVG
AIMING MODULE/VFC AN/PEQ15
FLASH LIGHT/ELEMENT M3X

写真に合わせてかっこよく英語で書いてみました。
いろいろつけた気がしてそこまででもないですね。
実物のものは一切ないので(あってはたまらない)メーカー名のない物はメーカー不明というやつです。
リアサイトはなんていうやつでしたかね…?





ロワフレームだけクライロンとタミヤの茶色で仕上げてあります。
ハーフアンドハーフ感がミリタリーっぽくていいかなと。
アッパーだけあとから支給された的な…



レイルはマッドブルのダニエルディフェンスOMEGA Xです。
取り付けにはいろいろと苦労しましたが、なんとかガッチリとついています。
もっとミリタリーっぽくするにはやっぱり12インチのMK18 RASなんですけどね…。
悩みどころです。



SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017