WATCH YOUR SIX !

Category: ゲーム > 写真

Tags: FAT5  

Comment (2)  Trackback (0)

2.7 HEAD-SHOT

ちょう久しぶりのサバゲー!FAT5でございます。



わたくしいつから行ってないんだろう…
10月のyaNexが最後なので…約4ヶ月ぶりでした。
ひっさしぶりなのでもうあらゆるところが筋肉痛で参ってしまい、翌日はダウン状態。
布団をかぶって時折うめいたり寝返りを打つくらいしかできないのですが、顔はニヤニヤとしている……
サバゲーはやっぱり楽しいですよね。
今回は千葉県ヘッドショットの定例会のもようです。写真をどうぞ。


















プレイングマンティス社の社員らしき人が参加されていました。「!」はヘッドセットに固定されているようです。かっこいい!お声かけしてきちんと写真撮らせてもらえばよかった…!




Oさんの新装備。
KARRIMOR SFのバックパック…いいですねぇ。
右胸にはRED BACK ONEのパッチが。




OUTDOOR RESEARCH のグローブ!




シャレオツですねぇ…はめさせてもらいましたがすさまじいグリップ力でした。






イカツくなってきたP90。




WさんのHK416ととりかえっこ。
P90のマガジンはこうセットしてから…




バチコーン!叩き込む!






O氏は最近AR系に興味があるご様子。
HK416お似合いですよ…お似合いですよ?




お店で「416ください」といえば済む話ですよ…済む話ですよ?




C氏は2時間しか寝てないのに強行出陣。FBI装備です。




FBIってフェデラル・ビューローオブ・インベスティゲーションの略なんですね。




睡眠時間がアレなので、非常に疲れているみたいです。
疲れているFBI…つまりはモルダー捜査官ですね。














O氏はSHERIFF、いわゆるひとつの保安官。
保安官といえばリック・グライムズですよね。
ウォーキングデッドの最新話はFOXチャンネルで!なんと今夜!シーズン5後半スタートです!
わたくしは録画機が壊れてしまったのでTさんにブルーレイ渡さないと……
よろしくねがいします(上目遣い)










































いや~楽しかったなあ…

Category: ゲーム > スケジュール

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

2.7 HEAD SHOT(BRIEFING)





ーーーーーーー3日前なのでageーーーーーーー

最高気温10℃、ガスブロは厳しいでしょう
降水確率20%、雨具の用意は要らないでしょう
晴れときどき曇りの予報です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お久しブリーフィング!FAT5です。
なんか見えざる組織の陰謀?時空を超えた運命干渉?上からのお導き?先祖にかけられた呪い?なんかそんなような決して計れぬ透明な力の働きによってサバゲーいくことが叶わない不遇の数ヶ月を過ごしていたのですが、やっと次のは行けそうなので久しぶりにブリーフィングをしております!
何度目かはわからないですけどここに行きますよ!


HEAD-SHOT
http://head-shot.jp/

ちなみに前回はこんなかんじでした。
言わずと知れた都市型フィールド、木っ端チップを敷き詰めた悪天候に強く膝に優しい地面と、新宿をイメージしたステキな建物群を擁するわたくしの大好きなフィールドでございます。いわゆる都市系フィールドではありながら、敷地がかなり広いために接近戦にはなりにくく、あんまり痛い思いをせずにすむところも高ポイント。CQB的にササーと動くもよし、ありまくる建物内に篭ってスナイプするもよし。ごちゃごちゃしつつも建物からは射線が案外開けているので、実はスナイパー的なプレイスタイルも通用したりします。
性的にも動的にもいろんなプレイが楽しめるのも魅力です。


2.7 HEAD-SHOT
http://head-shot.jp/teireikai

アクセス:http://head-shot.jp/accessmap
最寄駅:「京成」酒々井駅(無料送迎あり要予約)
集合:8:00受付開始、10:00ゲーム開始
費用:参加費¥3000 昼カレー¥500
フィールド:アウトドア/都市
交戦距離:中・遠距離

Category: 雑談

Tags: FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

NSN を検索してみよう

いわゆる「米軍放出品」と呼ばれるブツのタグに「NSN:」から始まる13桁のナンバーが記載されていることがあります。NSNというのはNational Stock Numberの略語でありまして、米国防省が取り扱っているミリタリーアイテムに割り当てた管理番号のこと……のようです。(ここが詳しい)さらにコントラクトナンバーと呼ばれる契約番号が同じくタグに記載されると「米国の予算で購入された米国防省管理品」という意味になります。NSNとコントラクトナンバー、その2つの記載が揃いしアイテムは正真正銘の官給品となり、マガジンがひとつ入るだけのナイロンの袋がこの値段とかありえない……と怖じ気づくミリオタの耳元で「ダンナ…このポーチ、NSNつきですぜ」と囁きミリオタの動きを止め、「今なら特別にコントラクトナンバーもつけちゃいます」と続けてへたりこませ、うっとりした表情で「これください、お、お、お願い、後生だから」と繰り返すミリオタの財布の中身をむしりとって風に溶かすと言われています!怖いですねえ!恐ろしいですねえ!ごきげんよう、FAT5でございます!




でですね、これがこのあいだ手に入れたイーグルのハンドガンマグポーチのタグです。邪魔なモールテープで記載が全然見えないですが……

PN: MP1-M9/FBI-MS-SCOY
9mm 15 RD Mag Pouch
Contract:M67854-07-C-3067
CAGE:001Z5
NSN:8465-01-558-5105
www.eagleindustries.com
DATE:12-07

とこうなっていました。タグの情報からはざっくりとEAGLEの製品でM9用っぽいマガジンポーチということが読み取れます。Contractは契約番号の意で、このコードでだいたいの年代とかがわかる?みたいです。例えばW911QYという有名なコードは例の9.11テロが起きた際に組まれた特別予算で契約……ということを意味するみたいですね。CAGEナンバーはメーカーに割り当てられる番号とのことらしいです。




主題のNSNですが、これはアメリカ国防兵站局のデータベースで詳細を検索することができます。今回はこのサイトでこのポーチの謎に迫って行きますよ!

Defense Logistics Agency webFLIS
http://www.dlis.dla.mil/webflis/pub/pub_search.aspx

黒バック……鷲マーク……スターズアンドストライプス!
ンナメーーリカ!(大声)




テレレレレレレレレーッ テン!(ミッションインポッシブルのテーマ)




デンッデンッデンデン!デンッデンッデンデン!




デンッデンッデンデン!デンッデンッデンデン!




テーーテーー!(フィナーレ)




出ました検索結果!すっごいいろいろ書いてあって納入価格?みたいなのも丸見えになっておりますが、どうやらこのポーチ、マリーンロードシステム(MLS)ピストルキットに含まれている?ポーチのうちの一つみたいですね。MLSって聞いたことないですけど、マリーンってんだから海兵隊のサムシングなんでしょうねきっと。




おもしろいのはこのへん。リンクをたどってみると納入先などが解ります。
このポーチは米海兵隊、米海軍、米国防兵站局にそれぞれ納入されたもようです。ポーチを買ったのは沖縄の放出品を扱うお店だったので、たぶん私←ショップ←沖縄駐留海兵隊←EAGLEという流れなんじゃないかなあと予想できます。




こんな小さなポーチですが、その旅路を思うとなんだか愛着が湧いてくる……ような気がしませんか?わたくしは(ふつうの海兵隊か……特殊部隊的な何かがよかったな)なんて1mmも思わずに、このポーチが遠い地で紡いできたであろうドラマに思いを馳せるべく、瞳を閉じました。(まぶたを閉じずに)

Category: タクティカル探訪

Tags: FAT5  

Comment (2)  Trackback (0)

@崖の上の廃ランド


明けましておめでとうございます。FAT5です。

年末特有の特別な雰囲気のなか、皆さんはいかが過ごされましたでしょうか。家族と過ごす、年末特番を無我で見る、ただただボヤーっとする、それぞれの過ごし方があるかと思いますが、わたくしは年末になるとあらゆるものがなんだかどうでもよくなりまして、責任感メーターがゼロを指すのを感じ、もうほうっておいて俺なんか、と思うようになり、どうにかして人が存在しない場所へ行きたくなってしまいます。

ただ、なんにもなしに「あーなんかもうどうでもいい、ほっといてください、山へ入ります」とかやるとそれこそ人気のない、立ち戻れないどこかのゾーンへ閉じ込められてしまうような気がしますので、なにかしらの理由をこじつけてから、ひとりの時間を作るようにしています。




そうだタクティカル探訪、行こう。
というわけで、今回も千葉県某所を探索します。
朝日が親のファンシーな軽自動車を照らし出しています。




30分後、入り口付近。
入ってすぐの場所に分岐点がありました。この分岐を便宜上Aとします。
この場所一帯は旧日本軍のヒミツキチだった場所で、旧日本軍がヒミツヘイキを製造・テストしていたらしいのですが、戦争は終わり、ヒミツヘイキのみがこの地に残りました。これはもったいないと終戦の復興ついでに遊園地のような場所にしたらしいのですが、すぐに閉館。だいぶ現実味のない話ですが、現在のこの場所がその歴史を静かに物語っています。




分岐Aを左に進むと、広場になっていました。




廃棄されたホンダのカブだか、ヤマハのメイトだかがありました。もはや原形を留めていません。




基礎が残っていることから、なにかしらの建物があったようです。建物の奥には…




古井戸。近づいたわけではなく、カメラをズームしただけです。したがって井戸の中がどんなんだかはわかりません。想像力レベルがいっきに20を指しました。




古井戸があるような場所にはもうこれ以上居たくないので、そそくさと分岐Aに退散、本筋の道へ戻ります。岩を切り開いて作ったような道で、足元が岩についた苔で滑ります。




崩落ポイントがありました。こんな大木が倒れてきたらまあ即死でしょうし、こんな誰も来ない場所では成仏すらできないと思います。想像力レベルが22を指します。




この道にはある特徴があることに気がつきます。均一の高さに揃えられた溝です。




延々と彫られています。これに何の意味があるのか? 道を造ったのは旧日本軍でしょうから、秘密兵器に関連するなにかでしょうか。想像力レベルが30を超えました。




分岐に当たりました。Bとします。右が登る道、左が降りる道です。右側になにか建造物があるのが見えるので、右手側に進みます。




ラピュタを思い出す根の張り方です。こんなところにも根が!




先ほど見えた建造物。これは…




「婦人専用」と読めます。手洗いですかね。わたくしは殿方なので中は遠慮します。




奥にはなにかしらの建造物。なんですかねこれは?物見台?




さらに登ると広場に出ました。ポイントCとします。この付近で一番高い場所のようです。
中央に盛り上がった部分があり、その盛り上がりを囲うようにぐるっと道になっており、歩いて回れるようでした。




盛り上がった部分は入れるように…




なっていたようですが、封鎖されています。奥にはなにがあるんだろう…なぜ色が黄色なんだろう…
ここまで登ってくるとなんだかどんなものでも怖く思えてきます。このファンシーな黄色さえ怖い。想像力レベルは34付近です。このあたりで一人で来たことを後悔しはじめました。




盛り上がりの左手には建造物が。




手前の建物は…




トイレのようです。当然用は足せません。わたくしにそんな度胸はありませんし、水も流せるとは思えません。




奥の建物は…




休憩所?ですかね?このあたりは遊園地時代のもののようです。




ベンチが寂しくありました。もうだれもここでは落ち着けないだろうと思います。想像力レベルが上がっていくのを感じます。建物の奥の方が怖い、いや待て、後ろが怖い。怖いと思うから怖いのですが、無意味に振り返ったりしてしまいます。ただ振り返ると今度は死角になる建物側が怖くなりますのでなかなか難しい。




だんだん自分の想像力との戦いに負けるようになってきたので、ここらが限界とそそくさと装備を出します。




今回はMP9を持ってきました。KSCのガスブロです。MP5やMP7に比べてなんだか悪役感のある、お気に入りのSMGです。




チェーンジタクティカル!画像処理で消している顔は恐怖に引きつっている!




引きつっている!しかしタクティカル探訪ももう4回目。今までの経験に助けられてまあまあそれっぽいのが撮れました。




トーテムポール発見。
撮影に没頭できたのと、場所に慣れてきたのでやや恐怖が薄らぎました。ということで探索を続けています。トーテムポールがなんでこんなところにあるんでしょうか?




その奥に見えてきたものは…




朽ちたゴンドラの残骸です。




遊園地時代はこのゴンドラで麓の港町から入退場していたようです。




こんな簡易的な乗り物で…これは愉快な気持ちでは乗れそうにないです。




機関部は緑に覆われていました。もう動くことはありません。なんだかジブリ感が漂います。




ぐるりと盛り上がりを一周すると、また分岐を見つけました。C分岐とします。わかりにくいですが奥へ道らしきものが延びており、進めそうです。

と、写真を撮った後。
今歩いてきた道を黒い影が横切るのを目撃しました。

心臓がバクンと鳴るのを感じてパニックになりかけますが、必死で心を落ち着けます。落ち着けたうえで今見たのはなんだったのかを落ち着いて想像します。逆光だったので本当に木々の間を黒い影が通り過ぎたようにしか見えなく、アレがなんなのか想像がつきませんでした。ただどう考えてもヒトくらいの大きさはあったような…。
とにかく元来た道に戻る勇気は出ないので、分岐を先に進むことにします。




だめだ…道が草に覆われてなくなってしまっていました。
Cポイントへ戻るしかない…?でもCポイントはあの人影が向かっていった方向です。
完全に追い詰められた気分ですが、さらに最悪な事に気づきます。

ヘッドライトが見つからない。




カメラを確認するとさきほど撮ったアイテムの中には入ってます。さっき撮影した休憩所に忘れたか…!




30代成人男性とは思えないほどに顔を引きつらせながら分岐Cにもどり、足早にポイントCの休憩所まで…。ヘッドライトあった!




急いでバッグにライトをしまいます。
途中に人影は見当たりませんでした。ただもう心は限界、想像力レベルは100を超えており、探索は諦めて帰路に…




つこうと思ったのですが、降り始めたところでまた新しい分岐Dを発見。降りていく道ですが、来た道と並行していそうなので、きっと分岐Bと繋がっているんじゃないかと予想できました。




分岐Dを進みます…。
実は今回の目的は今もまだ残るという遊園地時代のレプリカ砲台を探すことにあります。この場所のわかりにくい分岐の先にあるらしいのですが…
想像力メーターが100を振り切っており限界ではあるものの、もうすこし頑張ってみます。




分岐Eが現れますが、ケモノ道のようです。いくらなんでもケモノ道を進む余裕はない…。と少し入ってから振り返る…と、動物のフンを見つけました。まだ新しい…?




分岐は諦めて少し進むと…
また林の奥に通り過ぎる影が!
今度は逆光ではなく姿形がはっきりと確認でき、しかもカメラを向けて撮影もすることができました。中央付近にギリギリですが、ソレが写っています。




ズーム。これでもわかりにくいですが…




こんな感じでした。かわいらしいサイズ感だったので、たぶん子供のイノシシ、「うり坊」ではないかと…




うり坊が通り過ぎたところまで行くと分岐Bに出ました。下を見下ろすと…




なにやら廃墟らしきものが見えました。
あそこを巣にしてたりするんでしょうか?
さっきのフンもこのうり坊かな?

影の正体がわかり、満足したので帰路につきました。
レプリカ砲台が見つからなかったのは残念ですが、もう探索する気力ものこっていなかったので…。

車まで戻って一息ついてからエンジンをかけました。スマホでプレイリストを再生し、いつも聞いている音楽がかかると、一気に現実世界に帰ってきたようで気が楽になりました。ハンドルを街の方へと切ってアクセルを踏むと、なんだか2015年もちゃんと生きていけるような気がしてきます。




……でも、最初に見た影はどう見てもヒトくらいの大きさがあったような……
いやいやいや、そんなわけは……でももしかしたらアレは……

Category: 装備 > ナイロン系

Tags: FAT5  リアルガチ  TYR  

Comment (0)  Trackback (0)

ポーチ戦隊!マルチカム!


お久しブリーフ!!!
大爆笑間違いなしのギャグとともに帰ってきました、久しぶりのFAT5でございます。
いやあ別にサボっていたわけではないんですけれども、とある計画のためにお金を貯めておりまして…その計画はアメリカでゴニョゴニョなので進行を円安が阻んでおりまして…なんていうの?アベノミクス?っていうんです?それが悪い?みたいな?コノヤロー!政府コノヤロー!




とイライラをつのらせておりまして、バシーン!とお買い物してしまいましたらなんと届きました見てくださいこの揃いも揃ったポーチたちの海を!マルチカムたちの祭典を!潜りたい!包まれて眠りたい!すべてREALMENTさんで買いました!




TYR TACTICALのポーチが多いのですが、TYR製品にはひとつひとつ梱包した?人のサインが入っていました。たとえばこのポーチはヴァネッサロペスさんがインスペクトしてパッケージしたみたいです。サンキューヴァネッサ!




ぶるるああ!おらあっ!などと奇声を発しながらそのパッケージを剥いでいきます。露わになるマルチカムの肌!こすれあうポーチとポーチ!ご無沙汰なので激しいぞ!




一人ずつじっくり愛してやるからな!まずはこのTYRの3連オープントップ!戦隊で言ったら赤のポジション!主役でいつも真ん中!




タグはこんな感じ。これは5.56mm用マガジンポーチですが、7.62mm用のはNSNを取得しているようです。これは5.56mmのやつ。残念ですね。




ナイロンがすんごいしっかりしているせいか、抜き差しがすごくしやすいです。TYRのナイロンはPVナイロンと言って、なんかすごくすごいらしいです。なんか500デニールナイロンの7倍すごいらしい。




あとプルタブも驚異的なしっかり加減を誇っています。この日のためにWARRIORSさんでS&S PRECISIONのプルタブを購入していたんですが、なんだか必要なさそう。しばらくはこのプルタブのままいきたいと思います。




続きましてもTYRのフラッシュライトポーチ!戦隊でいうと青ポジション!シュッとしてるから!




タグ。ちなみにTYR TACTICALは「チュール」と読むとか「テュール」だとか諸説ありますが、海外の動画とか見る限り「ティアタクティカル」と発音しているような…




当たり前のようにフラッシュライトが入ります。まあフラッシュライトポーチだし…




続きましてはこのポーチ!MSS スナイパーポーチ!ユーティリティー的な使い方をしようかと思いますが、その包容力からじゃあピンクで!




タグ。名前からもわかるようにスナイパーのために作られたポーチのようです。間違いなく日本のサバゲーマーのためではないことがわかりますね!




思ったより大きかったこともあるんですが、容量は結構あります。財布タバコライター携帯サイリウム、ほかいろいろ、結構はいります。




小分けしていろいろ収納できるようになってます。サイリウムやらペンやらもエラスティックバンドで保持可能。本職のスナイパーは何を持ち運ぶんでしょうかね?




チャックはパラコード仕様。このTYRのパラコードはなんかこう手にひっかかりがよいようにコブコブしており、とても開け閉めがしやすいです。あとチャックも開け閉め感がすんごく良いです。ツィーとかしっかりしたいい音させながら、軽い力で閉まる感じ…わかります?あの良いチャックの感じ。




ハイ次これ!TYRのPRC148ポーチ!ラジオポーチは初めてなので嬉しいですねこれ!PRC148のラジオは黒なので、戦隊で言うとブラックですかね。




タグ。兄弟ポーチのPRC152用がNSNを取得しております!こっちは148用なので取得してない!残念!NSNってなんやねんさっきから!という人は後日また解説の記事を立てようかと思っておりますのでそっちを見ていただけたらいいのですが、簡単に言うと米軍の承認ナンバーみたいなものです。




148専用だけあってピッタリ!しかし何の意味もない黒い箱を身につけるためのポーチを何千円も出して買うなんてどうかしてますが、そんなことはミリオタの前では言ってはいけない!ミリオタは一瞬真顔になったあと笑顔で「なんてことを言うのだ~この~」とか言って突進してきますからね!危ないぞ!




ベリベリーとベルクロを剥がすと画面を確認しながら操作できるようになっています。ただこの黒い箱は何の意味も(略)なんてことを言うのだ~この~!(笑顔で突進)




最後のマルチカム戦士はなんとTYRではなくATS TACTICALのマガジンポーチ!色はわたくしの好きな緑で!




このバンジーコードのテンションだけでマガジンを保持します。片手でマガジンを抜くことはもちろん、差すことも片手で出来ますからスピーディなマガジンチェンジが可能。1本目のマグチェンジなどに最適です。




実はコヨーテブラウンのを持っていて、あまりに使いやすかったのでマルチカムを追加注文した次第。オススメのマグポーチです。




前画像でバンジーコードの取り回しが違うことに気づいた方は鋭い!500FATポイントを進呈!左が届いたままの状態。右のは使いやすいようにモディファイしたものです。




そんなわけで新顔も取り回しを改善。こっちの方がより空きマガジンを刺しやすくなります。




やまだかつてないほど長い記事ですが、最後のポーチはこちら!EAGLEのカイデックス入りピストルマガジンポーチ!マルチカム戦隊を影から見守る謎の重要人物だ!




タグ。初EAGLE、初NSNつきポーチです!やっぱりEAGLEのナイロンはなんだか風格が漂うような気さえします。オーラを感じる!これだけは中野ブロードウェイの奥の店で買いました。たぶん沖縄からの放出品かと…。




タグには9mm 15round pistol magazine pouchとあるのでたぶんM9ピストル用のマグポーチだと考えられます。だからなのか?装弾数17発のマルイM&Pマガジンを無理やり突っ込んでみるとガッチガチのキッツキツでした。突っ込んだままストーブで暖めたり、数日放置したりしたところいい感じのテンションに。カイデックスっていいですね。




なんかこんなふうにベルクロ閉じにもできます。




バーン!盛ってみました。かっこいい!




ラジオポーチはこの位置に。邪魔にならないんですが恐ろしくラジオ自体を使いにくそうな位置です。この位置ミリフォトではよく見ますが、一度ラジオの設定をしたらそのまま作戦終了まで、みたいなことを考えると短期作戦か、アクション多めな作戦な感じなんですかね?




そして着用!写真は鏡写しなので反転状態です。考えに考え抜いたポーチと位置なのですこぶる使いやすい!久しぶりのミリテムなので気分が上がる上がる!




テンションが上がりすぎて撮影後、自宅への突入訓練を滅茶苦茶やりました。

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017