WATCH YOUR SIX !

Category: タクティカル探訪

Tags: @  廃墟  勝浦  FAT5  FAT4  

Comment (0)  Trackback (0)

@海沿いの廃遊園地②

前回に引き続き…
廃遊園地を探索します。




13:52
園内を回ります。ところどころ動物がいたであろう水槽の跡が確認できます。




13:54
プール跡に到達。
水生生物のショーか何かをやっていたのでしょうか?




13:56
廃プール施設は海を臨む絶好の立地です。




13:56
施設内はこの通りのよい雰囲気。




13:57
ということでバックパックをおろして…。




13:58
今回もMP7です。パックパックに収まるのでタクティカル探訪には持ってこいです。
廃墟に置いただけですごく絵になります。


















14:04
バシバシと撮影。素晴らしいシチュエーションです。




14:16
園内はいたるところに隧道が通っています。




14:17
中はもちろんのこと真っ暗。
何度も言いますがフラッシュライトが役立ちました。
というよりライトが無いと探索できないですね。




14:18
フラミンゴ園…だったようです。




14:19
これはこの場所のものではないような。




14:20
この隧道、ところどころに旧日本軍の遺構の名残りと思われる横道が走っています。
…なんとも形容し難い雰囲気です。






14:25
海を臨む施設跡に出ました。




14:26
わかりにくいですが断崖絶壁になっています。
タイルが貼ってあるのが見えます。




14:29
見晴らしも良いのでここで休憩。
いったん装備解除します。




14:29
こちらはC氏の装備品。




14:32
これは一体なんの施設だったのでしょうか…
地下へと続く階段らしき跡が見えます。




14:34
伝わりにくいですが…
やっている方も見ている方も「ヤメテ」というほどの高さです。




14:36
いくら格好つけてもこれ以上は踏み込めませんでした。




14:38
海が好きなら一日居れそうなほどのいい眺めです…。
そうは言っても日が暮れると危険なので、そろそろ離脱。
RZに向かいます。




15:01
離脱中。
FAT4もFAT5もSUREFIREのライトでしたが、
ハロゲンよりやっぱりLEDのほうが明るいです。




15:16
入り口に到達、離脱完了。
迎えのヘリ……は居なかったので、HMMWV……親の軽で帰ります。
CQに連絡を入れねば……

私 「CQ、こちらFAT5。これより帰還する」
家内「え何?」
私 「え?」
家内「ん?」
私 「あ、今ちょっと任務で…旧日本軍施設に…」
家内「あー廃墟遊びね、楽しかった?」
私 「うん…楽しかった…今から帰ります」
家内「気をつけてね」

また次回の大型連休にお会いしましょう……

Category: タクティカル探訪

Tags: @  廃墟  勝浦  FAT5  FAT4  

Comment (0)  Trackback (0)

@海沿いの廃遊園地①

FAT5です。
みなさまお忘れかもな連休限定特別企画、タクティカル探訪のお時間がやってまいりました。




ミリタリー的な趣味と冒険衝動、さらにはオカルト的探究心をも同時に満足させるFAT5的ハイエンド・アクティビティ。




12:55
親の軽自動車のファンシーな内装時計が13:00前を知らせています。




12:58
駐車場を移動中。
今回はFAT4ことCさんが同行してくれました。




13:00
駐車場近くに正面入り口があります。
チケット売り場跡。




13:03
もちろんチケットは買わずに正面入り口へ。
入り口はトンネル…隧道になっています。




13:04
10年以上前に閉園になっていますので、当然正面の入り口は封鎖されています。




13:04
立入禁止の表示とともに、巡回強化の表示もあります。




13:10
正面入り口とは別にもう一つ、裏口があります。
こちらも封鎖されています。




13:10
その奥は…
不法投棄のポイントになってしまっています。




13:11
こんなオブジェも投棄されていました。
園内に設置されていた遊具かもしれません。




13:17
奥へと進むと緑の影に…




13:17
鉄格子で封鎖された隧道です。




13:22
チェーンジ・タクティカル!
脳内ではこんなイメージです。




13:25
探索を開始しています。
隧道内は真っ暗……ウエポンライトが役に立ちます。




13:27
隧道をぬけた先には…カバ?




13:30
使われなくなった遊具でしょうか。




13:31
もうひとつ、奥へ通じる隧道がありました。




13:32
遊園地になる前は旧日本軍の施設だった…との情報があります。
その名残?なんでしょうか。古めかしい電灯ポイントが随所にあります。




13:32
隧道を抜けると…




13:33
海です。眼下に太平洋が広がります。




13:33
園内の植物は南国をイメージしたものが植えられていたようです。
今は人の手を離れ好き好きに成長をはじめています。




13:36
すこし開けた場所に出ました。
左手にすこし見切れていますが、ステキな壁があったので…










13:38
フォトセッション開始。
複数人いると撮影がいい感じにはかどります。

もうすでにかなり長い記事になっていますね…
その②へと続きます。

Category: 雑談

Tags: FAT4  FAT5  RAID  

Comment (2)  Trackback (0)

インターネットに紹介されました!

どもこん(どうもこんちには)、FAT5です。
なんかぁ、先日ぅ、RAIDにぃ、行ったらぁ、なんかぁ、声かけられちゃってぇ、話聞いたらぁ、写真をぉ、撮っているみたいなぁ、それでぇ、

ちょっと時間かかりそうなので通常の文体にもどしますと、
先日のRAIDに行ったときにガチっぽい一眼で写真を撮っているお洒落な方々がおりまして、
午後くらいにFAT4ことC氏が「なんか取材うけちゃった(*´艸`*)」と言い出しまして、
取材?え?あのおしゃれな人たちに?取材ヒュー!ヒューヒュー!!とかなんとかみんなで冷やかしていましたところ、なんかついでっぽくわたくしも声かけられちゃった(*´艸`*)
なんかぁ、急にぃ、声かけられちゃってぇ、話聞いたらぁ、写真をぉ、撮っているみたいなぁ、それでぇ、

通常の文体にもどしますと、
取材していた方たちは
SURVIVAL GAME FASHION SNAPというHPを立ち上げて運営されているそうで、
各地のフィールドに取材に行ってはサバゲのスナップ写真を撮っているそうです。
↓↓行ってみれば一目瞭然↓↓

http://sg-fashion-snap.com/

どうです? サバゲ女子だけを表示させて眺めているだけで心に火が灯るような…忘れかけていたあの青春の青い昂(たかぶ)りが…おじさんなんだかハッスルしてきたぞってそんなサイトじゃないですよね。超便利サイトですよね。

こういうスナップのページは今までに見たことが無かったので、
取材を受けている時に興味が出ていろいろと伺ってみました。
わたくしも経験があることですが、サバゲを始めたてに「こんなときどんな格好をしたらいいのかわからない」っていう壁にまずぶち当たりますよね。(ミリテムを買えばいいと思うよ)
そんなときの参考になるようなサイトを作ろう!ということで運営されているようです。
最終的にはタグ付けによるデータベース化を目標とされているようで、
たとえば「マルチカム」ですとか「プレートキャリア」のタグをポッチすると
ダダダダア!と写真がグググワア!と出てくるような超便利サイトを目指しているとのことです!超便利ですごいですよねそれ!(うる覚えなので間違えていたらすみません)
このサイトが1年半前にあったらどんなに便利だったことか!

そいでFAT4ことC氏とわたくしも声をかけていただきまして(*´艸`*)僭越ながらスナップを掲載していただきました。
わたくしなんかはおおよそファッションという単語と無縁の生活をおくっていたのでとても恐縮です。
こんなときどういう顔をしたらいいのかがわからなく、どんな写りになっているか気が気じゃなかったんですが、
結果的になんだかスカしたふうな顔に写っていて、公開された時は体験したことのない変な気持ちになりました…。
この気持ちはなんだろう…。

「写真はないのか」と思っている方すみません。
なんだか我々の写真をここに貼るのも気恥ずかしくなってきたので、
おヒマならSGさんのところに行って見つけてみてください。
キャッチミーイフユーキャンです。ブログにリンクを追加しておきました。


代わりと言ってはなんですが、
お茶濁しにはじめたての時の装備を貼っておきますよ。
いわゆる「ほぼ無課金ユーザー」時代です。




初プレキャリで大はしゃぎの図。
PTTを送っているつもりのようです。
PTTは大抵そこにはないことを知るのはもっと後の話です。
ス、スネークはこの辺をこうしてオタコンと話していたんだ!!




ヘヘヘヘ、ヘッドホン!!(顔から火)

Category: 装備 > ギア/ツール

Tags: FAT5  FAT4  

Comment (0)  Trackback (0)

SPARTAN AN/PRC148改

開けましておめでとうございます。
新年最初の記事で少々緊張気味なFAT4ことCでございます。

私は例年通り大晦日に体調を崩し、予定調和な寝正月です。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
元気な方はのFRONTIER初売りセール行くと幸せになれると思います。


前置きはほどほどに本題です。

年末に二冠王ことFAT5のR軍曹がブログにアップしたSPARTAN AN/PRC148のカスタムについてです。

-・注意・-
あくまで見た目をそれっぽくするための素人カスタムです。
特小無線機とレプリカPTT、レプリカヘッドセットの使用を前提としています。
実物を使用したり、特小無線を内部に組み込んだりといった本格的なカスタムをお望みの方は、TRi.Sさんにご相談することをお勧めします。


_DSF1271 (600x800)

仕上がり画像です。
アンテナ接続パーツと実物PTT用の6ピンジャックを組み込んでいます。

組み込んだパーツ。
_DSF1288 (600x800)
実物6ピンジャック。

_DSF1310 (800x600)
エマーソン製レプリカのアンテナケーブル。
ヤフオクで購入しました。
グイッと差し込むだけで装着可能な素敵アイテムです。

_DSF1277 (600x800)

上から見るとこのような感じです。
しびれます。

使用した工具。
_DSF1290 (600x800)

ヒートカッターーーーッ!!
はんだごてに取り付けるタイプです。
はんだごては紳士の嗜みですから、もちろんみなさん所有されていると思いますが、
ヒートカッターはオプションパーツとして便利ですので、購入をお勧めしております。

ここから組み込みの手順です。
切ってはめるだけなので、よく切れる工具さえあれば簡単です。
_DSF1285 (600x800)

裏ぶたを両方外すと、無線機の上側がスライド式に外れます。
上部を外したら、6ピンのサイズに合わせてヒートカッターで切ります。
無線機に付けたままの方が切りやすいかもしれませんが、
ヒートカッターの熱で予期せ箇所が溶けたり切れたりするのでお勧めしません。

また、裏ぶたを固定しているプラスチック製のピンが簡単に折れるので注意してください。
私の148はすでに半分のピンが折れています。
とても悲しい。

_DSF1291 (600x800)
6ピンジャックには平らになっている部分があるので、そこがはまるように切っていくとよいです。

_DSF1286 (600x800)
大きな6ピンジャックをはめるために、本体側も切る必要があります。

ちなみに、本体の両サイドに5つずつある穴が裏ぶた固定用のピン穴です。
この時点で左側の3つに折れたピンが刺さっています。
この後で、さらに2本折れます。
、、折れます。

_DSF1292 (600x800)
組み込み図。

6ピンジャックが大きいため、若干ですがはみ出ます。
どうしようもないので、気にしないことにします。
しかし、TRi.Sさんなどのプロショップはどのように処理しているのでしょう。
気になります。

_DSF1293 (600x800)
蓋も少しだけ開いてしまいます。
ただ、写真の下側が閉じないのはピンが折れているせいです。
とても悲しい。




続いて、6ピンソケットの加工に移ります。

_DSF1303 (800x600)
写真は加工後のものです。

今回の6ピン関連品はDress&Gunさんで購入しているのですが、発送時にはケーブルが切断された状態です。
せっかくソケットがあるのにケーブルが無いのは格好悪いので、自分でダミーケーブルを取り付けます。

_DSF1294 (800x600)
2箇所あるナットを緩めると、分解可能です。
中のケーブル類を取り出します。

_DSF1296 (800x600)
使用するのはこれだけです。

_DSF1301 (800x600)
あとはダミーケーブルを通して、ソケット内にケーブルを固定して終了です。

<ケーブル>
ダミーケーブルには、故障したレプリカPTTのケーブルを使用しています。

<ケーブルの固定>
ソケット内にケーブルを固定する際は、ネジ山から少しだけテープのかたまりがはみ出すようにしてください。
丸まったテープのかたまりがつぶれる時の弾力が6ピンジャックとソケットの接続に必要です。
グイッと押し込んで固定するようにしないと、スカスカで簡単にソケットが外れてしまいます。
テープの素材はビニールテープが良いようです。

何を言っているのか解らないと思いますが、実際に加工してみると解っていただけると思います。
さぁ、みんな!Let's Try!!

_DSF1309 (800x600)
最後にソケットのゴムリングを外してください。
原因は不明ですがゴムリングが付いていると、きつくてジャックにささりません。
6ピンジャックにいくつか形状バリエーションがあるのでしょうか?
ゴムリングが付いていても問題ないようでしたら、無理に外す必要はありません。


※厄介な場合

冒頭でナット2つを緩めて外すと書きましたが、これが外れない場合があります。
使用条件で固着したのか、ネジ止め材が強力すぎるのかはわかりませんが、とにかく外れません。
何をやっても外れません。
「これが軍用の堅牢さかっ!」と身を以て思い知っても、まだ外れません。

そんな時は、こう!
_DSF1305 (800x600)
電動ドリルで天元突破です。
俺のドリルは天を衝くドリルですよ!
ざまぁみろ、ふぅーはっはっはっーーーーっ!!
、、、、ふぅ。

見た目は変わらないので無問題ですよ。



「SPARTAN AN/PRC148改」完成図

_DSF1306 (600x800)

あらやだ素敵。
渋いわ。しびれるわ。
重厚感が全然違うじゃないの。
やはり、実物6ピンソケットの存在感は格別!!


さっそく装備してみますよ。
ほらほら!早く!!

_DSF1318 (600x800)
ラジオポーチにIN。
チョイ見せのオシャレ。大事。

_DSF1319 (600x800)
アンテナケーブルは背面のブレードアンテナへ。
こちらもレプリカです。

_DSF1320 (600x800)
6ピンソケットからのPTTケーブルの処理。

特小無線はALINCO社DJ-P20です。
Paracleteのフラッシュバンポーチにぴったり収まります。
icom用端子に加工した実物NEXUSのPTTを使用しています。

_DSF1324 (600x800)

ポーチを閉じれば、あら不思議!
ケーブルが繋がっているように見え、、、るっ!
ブラボー!!
素晴らしい!!


ここでさらにもう一品!

_DSF1316 (800x600)

エマーソン製のTHALESレプリカとカールコード付き6ピンソケットをビニールテープ補強で合体した品。

_DSF1325 (600x800)

先ほどと同様に接続。

_DSF1328 (600x800)

いやん!素敵!!
これは惚れる。
間違いない。

_DSF1329 (600x800)

全体図。

実際の軍装備に忠実たろうと思っておりません。
かといってunknownに徹し切れてもおりません。

だが、しかし、
なんかかっこいい!
半端者のPMCにも意地がある、と推して参る。

さぁ、みんなで叫ぼう!
ファッッット!クライッ!!

2/1が楽しみですなぁ。

Category: 装備 > LE

Tags: FAT4  アーマー  paca  

Comment (2)  Trackback (0)

paca Low Vis Armor Carrier


通りすがりの親切な方にご指摘して頂きました!
イーグルLVACのレプリカだそうです。
ひ~っ!
ずっと間違えていたっ!
恥ずかしい!
他にも間違えてる箇所はないですか?
気がついている方がいらしたら、じゃんじゃんご指導して下さい!
これからも恥かいて、汗かいて、頑張ります!

image.jpeg

こんにちは。
FAT4ことCです。

今日はボディーアーマーの紹介です。

ボディーアーマー
防弾チョッキと言えば一般の方々にも伝わる品ですね。

えぇ、もちろんAirSoftには無用な代物です。
、、、それが、なにか?

paca-real.jpeg

今回の品は、P.A.C.A.社のLOW VIS ARMOR CARRIERレプリカです。
ミリフォトでもよく見かけますね。

旧型の3枚ゴムバンドバージョンが有名ですが、
このミリフォトは特殊部隊オーダー品の2枚ゴムバンドのようですね。

正直なところ、私も詳しくは知らないのです。
奥が深いです。

image (2)


AGGRESSOR GROUP Co,.さんのオリジナルレプリカです。
あえて新型の1枚ゴムバンドタイプを購入しました。

ミリフォトでも全く見ない品です。
リアル部隊装備志向の方からすると「ワケガワカラナイヨ」かもしれませんが、
F.A.T.C.R.Y.はPMC設定の寄せ集めチームですしね。
そもそもレプリカですし、組み合わせるチェストリグもFIRST SPEARですから、
あべこべ感がむしろ良いかも、と開きなおったセレクトです。

image (3)

背面内側のロゴマーク。
実物そっくりですが、p.a.c.a.ロゴがp.e.c.a.になっているあたりが素敵です。
こういう遊び心は大好きです。

image (5)

表面内側にはAGGRESSOR GROUPのロゴ。
安心品質の日本製です。

image (4)

背面。
新型は背面にもベルクロがあります。
これが購入理由の一つでもあります。
大きめのPOLICEパッチなどを貼り付けて遊びたいですね。

nzsas131116007.jpg

ミリフォトを参考にフムフム言いながらチェストリグと組み合わせてみます。

image (6)

FIRST SPEARの「SCAR Heavy Operator Carrying Kit」に
Paracleteのポーチを中心に組んでみました。

元某部隊所属のPMCという雰囲気が出ていたら成功です。
いかがでしょうか?

-追記-
装着してみて解りました。
温かいですよ、これ。
冬場の防寒着には良いかもしれません。

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017