WATCH YOUR SIX !

Category: 装備 > ナイロン系

Tags: FAT5  リアルガチ  TYR  

Comment (0)  Trackback (0)

ポーチ戦隊!マルチカム!


お久しブリーフ!!!
大爆笑間違いなしのギャグとともに帰ってきました、久しぶりのFAT5でございます。
いやあ別にサボっていたわけではないんですけれども、とある計画のためにお金を貯めておりまして…その計画はアメリカでゴニョゴニョなので進行を円安が阻んでおりまして…なんていうの?アベノミクス?っていうんです?それが悪い?みたいな?コノヤロー!政府コノヤロー!




とイライラをつのらせておりまして、バシーン!とお買い物してしまいましたらなんと届きました見てくださいこの揃いも揃ったポーチたちの海を!マルチカムたちの祭典を!潜りたい!包まれて眠りたい!すべてREALMENTさんで買いました!




TYR TACTICALのポーチが多いのですが、TYR製品にはひとつひとつ梱包した?人のサインが入っていました。たとえばこのポーチはヴァネッサロペスさんがインスペクトしてパッケージしたみたいです。サンキューヴァネッサ!




ぶるるああ!おらあっ!などと奇声を発しながらそのパッケージを剥いでいきます。露わになるマルチカムの肌!こすれあうポーチとポーチ!ご無沙汰なので激しいぞ!




一人ずつじっくり愛してやるからな!まずはこのTYRの3連オープントップ!戦隊で言ったら赤のポジション!主役でいつも真ん中!




タグはこんな感じ。これは5.56mm用マガジンポーチですが、7.62mm用のはNSNを取得しているようです。これは5.56mmのやつ。残念ですね。




ナイロンがすんごいしっかりしているせいか、抜き差しがすごくしやすいです。TYRのナイロンはPVナイロンと言って、なんかすごくすごいらしいです。なんか500デニールナイロンの7倍すごいらしい。




あとプルタブも驚異的なしっかり加減を誇っています。この日のためにWARRIORSさんでS&S PRECISIONのプルタブを購入していたんですが、なんだか必要なさそう。しばらくはこのプルタブのままいきたいと思います。




続きましてもTYRのフラッシュライトポーチ!戦隊でいうと青ポジション!シュッとしてるから!




タグ。ちなみにTYR TACTICALは「チュール」と読むとか「テュール」だとか諸説ありますが、海外の動画とか見る限り「ティアタクティカル」と発音しているような…




当たり前のようにフラッシュライトが入ります。まあフラッシュライトポーチだし…




続きましてはこのポーチ!MSS スナイパーポーチ!ユーティリティー的な使い方をしようかと思いますが、その包容力からじゃあピンクで!




タグ。名前からもわかるようにスナイパーのために作られたポーチのようです。間違いなく日本のサバゲーマーのためではないことがわかりますね!




思ったより大きかったこともあるんですが、容量は結構あります。財布タバコライター携帯サイリウム、ほかいろいろ、結構はいります。




小分けしていろいろ収納できるようになってます。サイリウムやらペンやらもエラスティックバンドで保持可能。本職のスナイパーは何を持ち運ぶんでしょうかね?




チャックはパラコード仕様。このTYRのパラコードはなんかこう手にひっかかりがよいようにコブコブしており、とても開け閉めがしやすいです。あとチャックも開け閉め感がすんごく良いです。ツィーとかしっかりしたいい音させながら、軽い力で閉まる感じ…わかります?あの良いチャックの感じ。




ハイ次これ!TYRのPRC148ポーチ!ラジオポーチは初めてなので嬉しいですねこれ!PRC148のラジオは黒なので、戦隊で言うとブラックですかね。




タグ。兄弟ポーチのPRC152用がNSNを取得しております!こっちは148用なので取得してない!残念!NSNってなんやねんさっきから!という人は後日また解説の記事を立てようかと思っておりますのでそっちを見ていただけたらいいのですが、簡単に言うと米軍の承認ナンバーみたいなものです。




148専用だけあってピッタリ!しかし何の意味もない黒い箱を身につけるためのポーチを何千円も出して買うなんてどうかしてますが、そんなことはミリオタの前では言ってはいけない!ミリオタは一瞬真顔になったあと笑顔で「なんてことを言うのだ~この~」とか言って突進してきますからね!危ないぞ!




ベリベリーとベルクロを剥がすと画面を確認しながら操作できるようになっています。ただこの黒い箱は何の意味も(略)なんてことを言うのだ~この~!(笑顔で突進)




最後のマルチカム戦士はなんとTYRではなくATS TACTICALのマガジンポーチ!色はわたくしの好きな緑で!




このバンジーコードのテンションだけでマガジンを保持します。片手でマガジンを抜くことはもちろん、差すことも片手で出来ますからスピーディなマガジンチェンジが可能。1本目のマグチェンジなどに最適です。




実はコヨーテブラウンのを持っていて、あまりに使いやすかったのでマルチカムを追加注文した次第。オススメのマグポーチです。




前画像でバンジーコードの取り回しが違うことに気づいた方は鋭い!500FATポイントを進呈!左が届いたままの状態。右のは使いやすいようにモディファイしたものです。




そんなわけで新顔も取り回しを改善。こっちの方がより空きマガジンを刺しやすくなります。




やまだかつてないほど長い記事ですが、最後のポーチはこちら!EAGLEのカイデックス入りピストルマガジンポーチ!マルチカム戦隊を影から見守る謎の重要人物だ!




タグ。初EAGLE、初NSNつきポーチです!やっぱりEAGLEのナイロンはなんだか風格が漂うような気さえします。オーラを感じる!これだけは中野ブロードウェイの奥の店で買いました。たぶん沖縄からの放出品かと…。




タグには9mm 15round pistol magazine pouchとあるのでたぶんM9ピストル用のマグポーチだと考えられます。だからなのか?装弾数17発のマルイM&Pマガジンを無理やり突っ込んでみるとガッチガチのキッツキツでした。突っ込んだままストーブで暖めたり、数日放置したりしたところいい感じのテンションに。カイデックスっていいですね。




なんかこんなふうにベルクロ閉じにもできます。




バーン!盛ってみました。かっこいい!




ラジオポーチはこの位置に。邪魔にならないんですが恐ろしくラジオ自体を使いにくそうな位置です。この位置ミリフォトではよく見ますが、一度ラジオの設定をしたらそのまま作戦終了まで、みたいなことを考えると短期作戦か、アクション多めな作戦な感じなんですかね?




そして着用!写真は鏡写しなので反転状態です。考えに考え抜いたポーチと位置なのですこぶる使いやすい!久しぶりのミリテムなので気分が上がる上がる!




テンションが上がりすぎて撮影後、自宅への突入訓練を滅茶苦茶やりました。

Category: 装備 > アパレル系

Tags: 家宝  リアルガチ  比較  CRYE  FAT5  

Comment (0)  Trackback (0)

CRYEとEMERSONを比較してみる ~G2 コンシャツ編~

どうもFAT5です。

CRYEのコンシャツを買いましたので、もともと持ってたエマーソンのレプリカコンシャツと比較してみようと思います。
まえにパンツでやりました。あれのシャツ篇です。





とりあえず並べてみますとこの違い。
左が実物、右がエマーソンです。
トルソー部分が違いすぎてもう…
っていうかエマーソンのは完全にG3のほうが近い色ですね。
本当にこれをG2として売っていいのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間ほど問い詰めたい。おまえG2言いたいだけちゃうんかと。
問い詰めたくはなりますが、
実物でも官給品の中にはG2のトルソー部分がG3っぽい色のもあるらしく、
まあそれを再現したと思えばまああるっちゃあある、ないっちゃあない。




この違いです。
完全に別色なので比較の意味がないですね。




シルエット
奥がCRYE、手前がエマーソン。
エマーソンがS、CRYEがM-Sです。
胴回りのシルエットはサイズなり…なんですかね?
ただトルソー部分の長さはかなり違います。




こっちは左エマーソン、右がCRYE。
腕周りはCRYEのほうが太いです。
エマーソンのは細く、「G3がベースだなこれ」感がやっぱり漂います。
ついでにマルチカムカラーの比較をすると、
エマーソンのほうがやはりちょっと彩度が高く、緑が強い印象です。
中古パンツと比較した時は気になったコントラストですが、
新品同士だとそんなに変わらなかったです。






着心地
着心地をレプリカに求めるのは酷ですが、
CRYEのはやっぱりすごく涼しいですし、速乾性があります。
かつ着心地が軽く柔らかく、動きやすさがかなり違います。
トルソー部分なんかまるで着ていないみたいで、コレを着て外に出ると
気分的には服を着ずに外に出ているような気分になり、
「なんだろうこの開放感は…」というふうに、なにかこう、
着ていない僕を見てほしい的な、こう、突き抜けるような衝動が、
あたらしい感覚が、向こうに光が、ああ、新世界が、……六根清浄六根清浄。




細部
胸元ジッパーにご注目。
エマーソンのにはジッパーの端にちいさいマルチカム地が当ててあります。
CRYEのACには無いものです。




で、こちらがCRYEの公式ページよりG3コンバットシャツ。
あるやんけ…やっぱり小さいマルチカム地があるやんけ!ゴゴゴゴ(怒りの音)


総評
実売価格で5~6倍の価格差があるので、
レプリカとしては基本的には良くできているんじゃないかとは思われます。
むしろこんなめんどくさい縫製のものをよくぞあんな価格で、
というレベルじゃないでしょうか。
しかしいろいろと細かく比べていくと、G3のレプリカがベースとしてあって、
そこからG2を作っている感じがかなり濃厚でして、G2バージョンはオススメしにくいです。
エマーソンを検討されている方にはG3をオススメしておきます。

Category: 装備 > アパレル系

Tags: CRYE  家宝  リアルガチ  

Comment (0)  Trackback (0)

CRYE PRECISION COMBAT SHIRT AC

ま、またーwwww
開封レビューなのにタイトルで即ばれまた~wwww
FAT5です。




USA!!!USA!!!
おんなじ梱包です。なぜなら今回もあのコロンバスのショップから買ったからです。




そんなわけでドン、
CRYE PRECISION COMBAT SHIRT ACです!




とうとう買ってしまいましたね…
まぁパンツを買った時点で上も買わざるを得ないわけで…




今回は新品です。ゴムタグがとっても綺麗…
新品ゆえにポッケには謎の紙が入る余地がありません…。残念です。




4%含まれているLYCRAってなんだろう?
ボディの紙タグも綺麗です。
サイズはMIDIUM-SHORT。
身長はサイズ表どおりSHORT、胸囲はMでもSでもいける微妙なところですが、ジャストなサイズでした。
基本的にシャツの方はサイズ表どおりでよさそうです。




画像はNO9の時の。
さっそく着てみたわけですが、
涼しっ!ていう感じです。トルソー部分の通気性は伊達じゃないですね。
着心地も柔らかいのでまるで着ていないかのようです。




気になったのが腕部分の太さ。
こんなバケモノみたいな腕の人間いるのかよ…
とか思ったのですが、M4を構えてみてその理由がわかりました。
構える動作にひとつも引っかかりというか、阻害される感じがありません。ほほーん!
この腕の太さは動きやすさのための計算された裁断のようです。




あと実際バケモノみたいのもいました。
驚異の胸囲ですね。




腕部分といえばベルクロつきのポッケ。
CRYE実物にもこのタグついてるんですね。




ベルクロがいい感じで、とても開けやす…
あれ?何かが…ある…?
え、まさかまた…地図…?




これは…地図というより…チーズ…ですね。




……。




(そっ)


Category: 雑談

Tags: 家宝  リアルガチ  

Comment (3)  Trackback (0)

コンバットパンツから謎の紙が出てきた件について

やべえよ…やべえよかあちゃん…

こんにちはFAT5です。
こないだ買ったCRYEコンバットパンツ
前ユーザーの体の形から自分の形にならす、っていう意味合いも兼ねて毎週末履いております。
今日ももちろん履いておりまして、なにげなく尻のポッケに手を入れて見たところ…




ん…
なにかがある…?




なんだこれ?前の持ち主が入れっぱなしにしたレシートかな?
まぁ中古品なんでこんなことも…




?!?!?!





!!!!!!
なにこれ!!!!
作戦地図やん!!!!





UNCLASSFIEDって機密って意味じゃ!!??
ヤバイぞ…
マジモンっぽいぞこれ!!!!






こいつぁただごとじゃねぇ…!
地図は無人偵察機からの画像のようです!すげぇかっこいい!!
なにやら邸宅が並んでますね…。写真の上部にある邸宅がメインの邸宅?




地図の上部には複数の文字列が。早速解析を試みます…!
OBJ:ANASTASIA?
OBJはOBJECT、目標ということでしょうか?




Google先生によるとANASTASIAはヨーロッパに見られる女性名らしいです。無線でやりとりする際のコードネームですかね?
つまり
作戦目標:コードネームアナスタシア
救出作戦?それとも…暗殺作戦?単に邸宅の内のひとつを「アナスタシア」としているのかもしれません。




この規模の邸宅群での作戦となると…通常の軍でなく特殊作戦のような気がする…!!!
やばいやばい!!!
そういやパンツには…




謎のサビ色のシミもあったし、持ち主は…まさか…!?




GRG#:XXX // 161555ZNOV10

これは日付?
11月10日の16:15:55ということ?
年号が知りたいですね…




DOI - FEB 2010// ELE(判読不能)46 FT

2010年の2月となると…?ア、アフ、アフガン戦争とかの…?
やべえよ…やべえよかあちゃん…
ぼく怖くなってきたよ…


残るはこの文字列、恐る恐る目を移すと…

MGRS 16S GA 05900 85800


んー、これはちょっと…わからんね…
この文字列が鍵を握っているような気もするんですが…





チームのLINEタイムラインも「担がれてるんだよきっと」という論調に。
パンツはeBayで買った中古品で、送り元を調べてみるとアメリカのコロンバスという街でした。
まぁ田舎の中古服屋のおっちゃんのジョーク?担がれたのかな?
頭に麦わら帽子の似合う、とうもろこしを抱えたオーバーオールのおっちゃんの笑顔が浮かびます。
手の込んだジョークとかアメリカ人の思いつきそうなことですし、
そんな重要な機密がズボンのポッケに入れっぱなしなんて…ねぇ?
なんとなくそんな気がして話題がそれつつあった…

その時でした。

ここまで解読してきた中に、
「地図にあるべきはずのものがない」
ことに気づきます。

そう、この地図の座標です。

文字列の「MGRS」であてずっぽうに検索をかけてみると…




ビンゴ!!!!!
The U.S. Military Grid Reference System(MGRS)
米軍発祥のグリッドシステム、いまではNATOや自衛隊に採用されているようです!!

MGRS 16S GA 05900 85800

この文字列はやはり地図の座標を示している!!




さっそくMGRSで地図を参照できるアプリをダウンロード!
あとは入力さえすれば…

と、急に背筋に悪寒が走り、あることを思い出します。
たしかインターネットって米国に監視されていたはずじゃ…




こないだニュースでやってましたよね…
ここまでいろいろ書いてある文字列を検索しちゃったんですけど…
やべえよ…やべえよかあちゃん…おうちに黒服の人が来るよ…
地図の座標を入力なんかして、そこがアフガニスタンのとある邸宅でした、とかだったらまだ歴史上まぁあるんだろうなという気はするんですが(それでも十分ヤバイですけど)、
もし…もしアメリカとのイザコザが一般に知られていない国だったら?
ちょっとゾッとします、
これ洒落にならないんじゃあ…




座標を入力するだけ…。
コードネームアナスタシア…2010年の特殊作戦…パンツについていた謎のサビ色のシミ…とうもろこし…
気になってしょうがない!!!
もう覚悟を決めるしか…!




!!!!
引っかかったぞおい!!!

ドキドキしながらSearchをタップすると…!!!








Uーー!Sーー!Aーー!
うわあああ!
担がれたかああああ!






コロンバスーー!!!!
やっぱりもろこし親父にかつがれたんやああああ!!!


ちっきしょおおおう!
じぶんとこの服屋の座標書きやがったんだなこんちくしょおおおう!

もうこうなったら服屋特定してネットに晒してやる!!!
晒し上げだ晒し上げ!!!ズームだズーーム!!!




…ん?Fort… Benning?
フォートベニングって聞き覚えが…
ちょっとまってちょっと、っていうことは…!!!!









完 全 に 一 致





詳しい方はもうお気づきでしょう、
75thRANGERの本部で有名なフォートベニング陸軍基地です!!!!



ってことは、ここは基地内の訓練施設!!!




この地図の謎が判明しました!
たぶんCQB訓練用のマップです!!!
コードネーム:アナスタシアを確保せよ!みたいな体裁の実地訓練みたいですね。

コロンバスの服屋も詳しく調べてみましたら、ラインナップが陸軍主体の放出品のようでした。
多分この基地で出た放出品を扱うショップなんでしょうね…。



ということで、真相!!

2010年に米レンジャーの隊員が訓練の時の地図を尻のポッケにつっこむ。鼻血が出るくらいの厳しい訓練で(このとき裾に血がつく)すっかり尻の地図のことは忘れる。パンツが訓練によってヤレてきたところで新品のパンツが支給され、レンジャー隊員は古いパンツをとうもろこし15kgと交換した。
時は流れ2014、CRYEのカタログからアーミーカスタムが型落ちしたことを受け、日本のミリオタが「アーミーカスタムのコンパンがなくなる!」と大騒ぎしていた。ミリオタはとうもろこしと交換されたパンツを偶然eBayで見つけ…


ということでした!!!!



しかしこんな訓練用のマップを機密にするかぁ?
っていうので改めて検索したところ…




ぜんぜん機密じゃ…なかった…(* 艸 *)

まぁ機密のやつだったらさすがにブログでは晒したりしないですよね~

でもまあ…楽しかったでしょ?(*´艸`*)チラッ

Category: 装備 > アパレル系

Tags: 家宝  リアルガチ  比較  CRYE  

Comment (0)  Trackback (0)

CRYEとEMERSONを比較してみる ~G2 コンパン編~

どうもFAT5です。

前回の続きと言いますか、CRYEのコンパンと
もともと持ってたエマーソンのレプリカコンパンを比較してみようと思います。




シルエット
左がCRYE、右がエマーソン。
ややエマーソンのほうがタイトなシルエットです。
エマーソンのはGen2というよりGen3に近いシルエットなんじゃないでしょうか。
エマーソンはSサイズ、CRYEのは30Rですが長さはあんまり変わらないです。
膝から上部分がエマーソンのほうがやや短い感じ?
あと、ニーパッドが収まる膝の部分。
ここはCRYEのほうは立体的な断裁になっています。
ただここはニーパッドつけるとわからなくなると思います。




素材感
左がエマーソン。右がCRYE。
エマーソンに比べCRYEのほうが柔らかい感じの素材感です。
そのせいかミリフォトに見られるあの「ふわっとした感じ」が出ます。
CRYEのほうが着心地も良く、着ていていい感じです。
伸縮部分の素材はぶっちゃけエマーソンの方がストレスなく伸びます
いや、伸びました。伸びたんですよ…。なぜ過去形なのか? 詳しくは後述
CRYEのは思ったよりは伸びないんですが、
耐久性はとても良さそうです。





左がエマーソン。右がCRYE。
色はエマーソンのほうが彩やかでコントラストがついている感じです。
CRYEのが中古なので単に退色しているだけかもですが、
ほかの「CRYEのマルチカム使用」のポーチと比べてもやや明るい色です。




そしてもうこれ。あからさまに違うのが伸縮素材の色。
これはエマーソン買いたての時の写真ですが、伸縮部分がこんな色だったんですよ奥さん!!
昔のロットでは実物に近いライトカーキっぽい色だったようですが、
現ロットではAOR-1のコンパンのような濃ゆい茶色です!
届いたのを開封した直後にに打たれたようなショックがあり、
その後は茫然自失、前後不覚になりその夜は枕を濡らしましたが、
数日後にに気をとり直すと、枕カバーを洗濯し、







こんなふうに調色したシルクスクリーン用の塗料でトントンして色を変えました。
今こうして比べると色的にはいい感じになっていたのですが、
なんかこうテラテラに。かつゴワゴワに。塗る前より伸びにくくなり、
伸びたら伸びたで地の茶色が見えてくる始末。
なんということでしょう、匠のはからいでしょうか、これはむしろやらなきゃよかったかもレベル
ガッデム…。ガッデム!
神はいないものか!!ガッド・デム!!!
そう叫び、わたしは泣きました。3日3晩泣きました。
あまりに泣いたのでその涙は千葉の地を流れとなりました。
そうしてできたのが現在の印旛沼だと言われています。




総評:G3ならおK
総合的に見ますと、エマーソンのはレプリカとして良くできています。
ただし伸縮素材、てめーはダメだ。
G2の場合は伸縮素材の色が決定的に違うため絶対に許せませんが、
G3のほうのレプリカはシルエットも近そうですし並べなければ色の差もわかりにくく、
コストを考えると十二分な価値があると言えます。
ただしG2の最新ロット伸縮素材てめーはダメだ(しつこい)

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017