WATCH YOUR SIX !

Category: 装備 > ギア/ツール

Comment (0)  Trackback (0)

NARP Combat Application Tourniquet (C-A-T)


こんにちは。
FAT4ことCです。

今日もまた小ネタなお話。
持っていると便利で素敵な止血帯(ターニケット)についてです。
プレートキャリアがちょっと寂しい時。
適当な私服装備を所属不明な何かに見せかけたい時。
ちゃんと生きて帰ることを忘れたくない時。
それぞれの心情、それぞれの事情を汲み取ってくれるアイテムです。

IMG_9118.jpg

●NARP Combat Application Tourniquet (C-A-T)

我が家にあるC-A-Tです。
左と中央の白ベルクロに「TIME」の文字がある2つは実物です。
左の先端が赤い物が最新版で、中央の白ベルクロでも先端が黒いのがやや古いモデルです。
中央のこれ、なんかレアらしいです。
右側は新たに購入したレプリカです。

●ELEMENT C-A-T レプリカ

みんな大好きなWARRIORSさんで購入しました。
こちらは入手困難な旧型モデルのレプリカになります。
DELTAっぽい装備はこの旧型モデルの時代になりますので、持っておきたいと思っていたのですが品切れ率が高いレプリカでしてね。
お値段の割に出来が良いので、隠れた人気商品だと思います。
見かけることがあったら、とりあえず1個買っておくと良いかもしれません。
実物2つは2~3年前のVショーで購入しました。
当時はレプリカと差ほど変わらないお値段で売っていましたので、レプリカを買う意味がないな~とか思っていました。
あの頃に旧型のオールブラックを真剣に探していたら、入手できたのでしょうか。
最近、タイミングというものを良く考えるようになりました。
たまたま欲しかったから買ったアイテムのことで、過去の自分を誉めたくなることがあります。

IMG_9120.jpg

裏側です。
実物には製造年月日が入っています。
どちらも同じ日のロットですね。あれ?そうすると先端黒版は古いという情報は間違い?
英国用とかいう噂も聞いた様な気がしますが・・・
Googleさんに聞いてみてもヒットしませんね。
もしかして、これ掘り出し物?
詳しい人、助けてー!!

IMG_9121.jpg

ロゴの比較。
上の2つは全く同じでした。
下のレプリカは旧型のロゴをかなり正確に再現しているそうです。

IMG_9122.jpg

ここから何か読み取れるのでしょうか・・・?

IMG_9123.jpg

さて、旧型レプリカを購入する前はどのようにしてDELTAっぽい装備のC-A-Tを誤魔化していたかというと、黒のベルクロ(雌)を使っていただけです。

IMG_9124.jpg

白ベルクロを剥がします。

IMG_9125.jpg

白ベルクロの端は固定されているので、ベルクロ(雌)面が表になるようにくるくると巻きます。
こうすると、丸めた後で地のベルクロ雄とくっついて固定されます。

IMG_9126.jpg

後は用意した黒ベルクロ(雌)を貼っていけばできあがりです。

IMG_9127.jpg

旧型C-A-Tの完成です。
レプリカと並べても違和感はないですね。
そりゃそうか、こっちが実物だもんね・・・

俺、なんでレプリカ買ったんだろう・・・

ということで、今日はここまで!

読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね!

Category: 装備 > Unknown Operator

Comment (0)  Trackback (0)

PELTOR Bull's Eye Ⅰ& Team Realtree Cap


こんにちは。
FAT4ことCです。

ボルトアクションライフル熱がおさまらない!
レミントンM700は良いなぁ!!

ということで、なんとなくヤフオクを眺めていたら格安品を見つけてしまい、さして悩みもせずにポチってしまいました。
勢いって大事よ。

IMG_9129.jpg

●PELTOR Bull's Eye Ⅰ

ミリタリーな無線機のヘッドセットで有名なPELTORのイヤーマフです。
Bull's Eyeシリーズは1.2.3とバージョンがあり数字が大きくなるほど遮音機能が上がるようです。
今回購入したのはⅠ型ですので、一番コンパクトで薄い代わりにそれほど遮音性は優れていないようです。
とはいえ、耳栓との併用前提で日本の銃砲店でも取り扱いのある品ですので、リアル仕様です。
楽天等で簡単に購入可能ですが、今回は新品で半額以下・・・!!ほっくほくでございます。

IMG_9134.jpg

カバーがビニールのような素材ですが、バンドのアーム構造がCOMTACそのまんまです。
あれ?もしかして実物バンドを格安でゲットしたことになるの?

IMG_9133.jpg

コンパクトにたためるところも同じですね。
配線やマイクがないので気にせず折り込めます。

IMG_9136.jpg

PELTORのロゴとBull's Eye Ⅰのネーム。
ターゲットマークがハンティング用品であることアピールしています。

IMG_9137.jpg

パッドと消音スポンジです。
付け心地はさすがはPELTORというところ、バンドはZ-tactikalのレプリカよりもきつめですが、パッドが柔らかいので長時間付けていても大丈夫な感じ。
高価なジェルパッドには遠く及ばないと思いますが、このパッドとアームがレプリカに移植可能なら・・・
あれ?通常新品価格でもお買い得?
ついつい、余計なことばかり考えてしまいます。

IMG_9140.jpg

●Team Realtree Cap

またまたヤフオクにあった格安キャップです。
黒ベースのリアルツリー迷彩がハンターぽくてお気に入りです。
個人的にはCATのリアルツリー迷彩キャップもザッツUSAな感じで購入するか迷いました。
ヤフオクで「リアルツリー」「キャップ」「CAT」等で検索をかけると楽しいです。安いし。

サングラスはロードバイクで使用しているOAKLEYのJAWBONE
廃盤になってしまいましたが、高かったのでまだまだ使います。ホントに高かったの!

IMG_9141.jpg

PELTORのロゴとTeam Realtreeのロゴがどちらもゴールドなのがお気に入りポイント。
マネキンの頭がとても小さいのでイヤマフが大きく見えます。

IMG_9142.jpg

バックショットもこれぞハンターという感じでよいですね。
M870ウッドストックが欲しくなってしまいます。

それでは、本邦初公開!!
カモ狩り装備!!


IMG_9144.jpg

ヤバイッ!!
定番のチェックシャツにマウンテンパーカー!!下はジーンズかチノパンか!
ちょー普通!!
でもカッコイイ!!
2017年はこのスタイルが流行ること間違いなし!!(※妄想です)


いいなぁー、いいなぁー。
カモ狩り装備合わせしたいなー。

そんな感じで、もはやUOですらなく、裏山のオッサンなカモ狩り装備でした!
みんな!ひと狩りいこうぜ!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね!

Category: 銃器 > VSR-10 G-SPEC

Comment (0)  Trackback (0)

FIREFLY うましか辛口&うましかの腕(VSR-10用チャンバーパッキン&ホップレバー)


こんにちは。
FAT4ことCです。

ついこの間、VSR-10はノーマルのままカスタムしない、などと言った気がしましすが・・・
気が変わりました(キリッ)。
僕はキメ顔でそういった。

先日、PEACE MAKER GAMEに行ったのです。
こっそりVSR-10 G-SPECも持ち込んだのですが、予想していたよりも0.25gBB弾での飛距離が伸びませんでした。
ホップの効きが弱いためか弾が自重で落ちているようです。
今思うとホップレバーに付ける円筒形のゴムを紛失していた(注:それにすら気づいていない)からのような気がしますが・・・
結局、0.2gBB弾でゼロインをして乗り切ったのですが、やはり弾が軽いと弾道が安定しません。
30mを越えると狙いを定めるのが困難な状況でした。

せっかくの高性能狙撃銃です。
漢の浪漫が溢れるエアコッキングです。

それが次世代M4に飛距離も命中精度も劣るなんて、そんなことがあって良いのか、いや良くない!!
PSG-1で沼にはまった時と同じ気持ちが胸の中でどんどんと膨らみ、頭をグツグツと煮え立たせます。
何せノーマルで高性能な銃ですからね。
やれば良くなると解っていながら、戸惑う理由があるものか!
熱に浮かされて舞い上がったハートでは、地に足が付いていないことに気がつきません。
いつものことですね。

そんなこんなで、「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画 第2弾」の発動です。

覚悟を決めて予算を確保してしっかりやろうと決めたので、それなりに続きます。

さて、今回は基準となる内部カスタムです。
インナーバレルもG-SPECサイズの303mmからプロスナイパーサイズの430mmに長くする予定なのですが、
パーツがないとか資金調達が間に合ってないとか諸々の理由で、今回は仮組と性能チェックです。
東京マルイのノーマル設定からなるべくバランスを崩したくないので、飛距離と命中精度のアップカスタムは今回だけで終わりにしたいところです。

IMG_9092.jpg

●FIREFLY うましか辛口(VSR-10用チャンバーパッキン)
●FIREFLY うましかの腕(VSR-10用ホップレバー)

購入したのはこの2点です。AIR BORNEさんで購入しました。
自分の次世代M4カスタムにも使用しているFIREFLYさんが今年の春に出した新商品で、とても評判の良い品です。
組み込みも前回と同じ手法で可能ですし、効果絶大と期待が高まります。
チャンバーパッキンは0.2~0.25g弾用の中辛と0,25g以上用の辛口のどちらにするか悩んだのですが、AIR BONE店長さんに相談すると、VSR-10になら辛口で組む方が多いです、とのことでしたので迷わず辛口をセレクトしました。
先人の助言は聞いておいて損はありません。むしろ良いことばかりです。

IMG_9088.jpg

一応交換前の最大初速値を計測しました。
初速が上がっている・・・?
本来のノーマル値に戻っていますね?謎だけど、まぁいいや。

IMG_9094.jpg

途中の作業はすっ飛ばしてチャンバーを開いたところです。
細かな分解手順が知りたい方は前回の記事を読んでね。

白いテープが気密保持用のシールテープです。
右側はチャンバー内でインナーバレルがぶれないように巻いたもので、
左側はチャンバーパッキンとインナーバレルの気密用です。

IMG_9096.jpg

インナーバレルを取り外し、ノーマルのチャンバーパッキン(黒)も外しました。
解りにくい写真で申し訳ありませんが、
赤(うましか辛口)はパッキン内部のBB弾保持部分がV字を逆さまにした形状で、
黒(マルイ純正)はBB弾保持部分が横棒です。
逆V字の形状で弾道を安定させつつホップがかけられる仕組みです。

インナーバレルには、チャンバーパッキンの内側にもシールテープを一周巻いています。
こうすることで、パッキン装着後に外側に巻くテープと内側のテープがくっつくので、気密より強固になります。

IMG_9099.jpg

うましか辛口をはめました。

IMG_9100.jpg

シールテープで補強。間違い探しのような写真ですね。

IMG_9101.jpg

続いて、うましかの腕(ホップレバー)を装着します。
専用の「なまず」がセットになっています。
この辺は次世代M4の「電気なまず」と同じなので、違和感はありません。

IMG_9102.jpg

うましかの腕になまずを装着しました。
はめただけですが、なまずのゴムの力で一応くっつきます。
説明書には、中央に接着剤でとめると良い、と書いてありますが、接着剤の影響でゴムが変質する可能性があるので使用していません。
AIRBONE店長もその方が良いと言っていましたしね。

IMG_9104.jpg

純正のホップレバーと交換しました。

IMG_9105.jpg

うましか辛口を付けたインナーバレルを置いてみます。
おおー!これは良いホップがかかりそうです。
良いホップってなんだ?ビールか?
むふふ。よく分からないテンションが上がります。

IMG_9106.jpg

チャンバーを閉じました。
VSR-10は構造がシンプルで良いですね。

組み込んでみると、うましか辛口が固いせいで、ホップレバーが10mmのところまでしか上がりません。
全体の三分の一しかホップ調整に使えないことになるので、ちょっと失敗したかもと思っています。

IMG_9108.jpg

最大初速の測定結果です。
初速を上げるカスタムをしたわけではないのですが、付属効果でも嬉しいですね。
ただこれ、インナーバレルを長くしたらどうなるのでしょう。
96くらいで収まってくれると良いのですが・・・

気になる弾道ですが、家の庭だとせいぜい12m前後しか距離がとれないので全くわかりません。
集弾性能は向上しているようですが、安定性と飛距離は・・・
真上の空に向けて撃ったらPSG-1と同じようにスゥーっと伸びていく弾道だったので性能アップは確信しています。
やはり「うましかセット」は凄いのかもしれない!
気になる気になる・・・!!

12/18にちょっとしたゲームがあるので、それまでにインナーバレルも交換した状態にしてゼロインしたいなぁ。
なんとかなるのかしら。
アウターバレルの出口部分をリーマーで広げないといけない気がするけど、交換前提のパーツを加工するのもね。
色々と検討余地がありますね。

そんな感じで「VSR-10 G-SPECを素敵にしちゃうよ計画 第2弾」でした。
じわじわと続くよ!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではでは、またね。

Category: 装備 > DELTA

Comment (0)  Trackback (0)

NYFD patch 9.11 mini U.S.SOCOM ver. & SPARTAN patch


こんにちは。
FAT4ことCです。

今回も小ネタなお話です。
先日ちょっとだけ紹介したパッチのお話。

IMG_9053.jpg

●RGタクティカル製 USSOCOM Ver. NYFD :ニューヨーク消防局 ミニパッチ

実物準拠でリアルな仕上がりです。
詳しい話はGamisさんのblogを見て頂くとして・・・・
私が気にしたポイントはサイズです。

IMG_9054.jpg

左:MIL-FREKSさんのレプリカパッチ 
H:115mm X W:95mm
右:ミニパッチ
H: 80mm X W:70mm

大きさが全然違います。
左側がNYFDの正規サイズです。
ただ、このサイズだとカスタムBDUの腕ポケットにあるベルクロには少々大きいということで、小型版をわざわざ隊員が別注して作成したものがあるそうな。
そのミニ版パッチのサイズを調べてオーダー作成しているそうです。
なんだか凄いですね。
この界隈の方々の情報収集力には脱帽します。

IMG_9062.jpg

実際に自前のカスタムBDUに貼ってみました。
はみ出るデカさも魅力ですが・・・

IMG_9058.jpg

このサイズの方がしっくりきますね。

IMG_9064.jpg

SEMAPO Cryeタイプ DCU Combat Shirtにも貼ってみました。
こちらはポケットのフタでパッチが隠れてしまいます。
ミニパッチはジャストサイズですね。

カスタムBDU→正規サイズ
Cryeタイプ→ミニパッチ

こんな組みあわせで運用しようかな。
縫製の仕上がり差が激しいので、正規サイズ版もGamisさんで購入したいところです。

IMG_9066.jpg

ΜΟΛΩΝ ΛΑΒΕ スパルタンパッチ

これまたGamisさんで購入しました。
貼る場所がNYFDパッチと被るので、使い方がむずかしいです。
AOR-1のBDUを入手しないことには出番がないのではないか・・・なんて。
そんな高級レアアイテムを簡単には手にできませんしね。

IMG_9071.jpg

ヘルメット後部に貼ってみましたが・・・なんか違うね。

IMG_9069.jpg

やっぱりこっちかな。
コールサインパッチは両肩にも貼りたいのですがねぇ。
パッチが増えるとコーディネイトに幅ができて楽しいですね。
その分悩みも増えますが、それがまた楽しいということで。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
ではでは、またね。

Category: 銃器 > M1911A1

Comment (0)  Trackback (0)

ReadyFighter Magazine Pads (Wilson Combat) for MARUI MEU


こんにちは。
FAT4ことCです。

なんか久しぶりに物撮影セット的なものを自宅で組んだ気がします。
鉄砲をバラしたり組んだりする時のセットも同じなのですが、心の余裕が違います。
電動ガンをいじくる時は、余裕が全くありません。
ガンスミスの才能ゼロですからね。精神的に良くない。

小物的な小ネタがそこそこありますので、
少しずつ紹介しようかと思います。

今日の一品はこちら。

IMG_9072.jpg

●ReadyFighter WILSONタイプ マガジンバンパーセット

パッケージの反射で解りづらいので開封しました(深く考えていない)

IMG_9085.jpg

こんな感じです。
Wilson Combatのロゴがしっかりと入っています。
陸、海を問わず、米軍のM1911A1のマガジンには良く使われているマグバンパーです。
いつもお世話になっているWARRIORSさんで購入しました。
私がM1911A1を購入した時には品切れな品でしたので入手できて幸いです。

IMG_9074.jpg

さて、こちらが我が家にある東京マルイM1911A1用のマガジンです。
それぞれ、3本ずつあります。

IMG_9079.jpg

・・・付きませんでした。
はい、終了~!!!

MEUマガジンを買えという神の思し召しでしょう。
MARSOCなM45A1も発表されましたし・・・

自転車界隈ではホイールからロードバイクが生える等と言いますが、
いずれマグバンパーからガバメントが生える日が来るのかもしれません。
沼って恐いわー。

というわけで、今日はここまで!

読んで頂きありがとうございます。
ではでは、またね!

SEARCH
PROFILE

FATFIVE

Author:FATFIVE
WATCH YOUR SIX !
2012年夏あたりから、
サバイバルゲームに参加しています。

ARCHIVE
TAG
COMMENT
QR
QR
COUNTER

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2016